第20回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ


日程:平成24年10月17日(水)- 19日(金)

会場:ホテル奥道後 (愛媛県松山市末町 267)
   http://www.okudogo.co.jp

主催:情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理研究会
      http://www.dpsws.org/

情報処理学会マルチメディア通信と分散処理(DPS)研究会では,高速通信,分散コンピューティング,マルチメディア情報通信,知的通信,プロトコル,分散協調などの研究分野について,活発な研究発表が行なわれております.これらの研究について,通常の研究会では出来ない深い議論を行なうため,1993年より合宿形式のマルチメディア通信と分散処理ワークショップを開催してまいりました.これまで皆様の御協力により,湯布院(1993年)を皮切りとして,最近では,層雲峡(2009年),日南海岸(2010年)十和田(2011年)でワークショップを開催してきました.毎 回,多くの方の参加をいただき,充実した議論を通じて多くの成果を得ています.2012年度は,愛媛県松山市の奥道後にて開催することといたしました.つきましては,研究活動の活性化および新しい研究の方向を探る場として,皆様のワークショップへのご参加と活発で有意義な議論をお願いいたします.

 

論文募集


   【テーマ】
マルチメディア通信/処理/システム,分散コンピューティング/処理/アルゴリズム/オブジェクト,オーバレイネットワーク,P2P,センサネットワーク,クラウドコンピューティング,モバイルコンピューティグ,アドホックネットワーク,グリッドコンピューティング,FMC,ネットワークアーキテクチャ,ユビキタスシステム,コンテクストアウェアネス,高度道路交通システム(ITS),感性情報システム,創発的ネットワーク利用,ユーザ参加型ネットワーク,ソーシャルネットワーキング,マッシュアップ,ネットワークサービスプラットフォーム,Webサービス,SOA,SaaS、IMS,災害時通信,省電力システム,応用・社会システム,セキュリティ,システム仮想化,通信プロトコル,経路制御/品質制御,ネットワーク管理(必ずしもこれらに限りません)
 
【論文カテゴリ】
一般セッション発表(一般論文)
・ 学術的な研究論文に限らず,事例報告,問題提起などの論文も是非ご投稿ください.
・ 英文論文,英語による発表も歓迎します.
・ 本研究会様式(シングルスペース,2カラム)で原則として8ページ以内とします.
・ 投稿は電子投稿とします.次のURLに投稿のためのリンクを設けます.
      http://www.dpsws.org/
・ 査読により,40-50件程度の論文を採択します.査読結果により優秀な論文を優秀論文賞,学生優秀論文賞などとして表彰します.また,情報処理学 会論文誌へ研究会推薦論文として推薦も行ないます.
・ 査読の結果,ショートプレゼンテーションやポスター発表として採録する場合もあります.あらかじめご了承ください.
特別セッション発表(デモ・ポスター)
・ 試作ツールやシステムの紹介,会場での実験,製品紹介等のデモンストレーションを募集します.
・ 研究途上にあるテーマの中間報告,問題提起や討論,新分野への取り組みなど,テーマ別のセッションの中では発表しにくい内容や,時間に制限されない発表を希望される方のためにポスター発表を募集します.
発表の申し込み方法は,次の URL に提示します.
      http://www.dpsws.org/
・ 発表者には,本研究会様式(シングルスペース,2カラム)の1から6ページ以内の原稿(本研究会形式)を作成いただき,ワークショップ予稿集に収録いたします.
・ 優秀なデモ,ポスターを選定し,表彰を行う予定です.

【その他】
アウトドアセッション等の企画を検討しております.

【スケジュール】
・論文提出: 6月29日(金)
・デモ,ポスター発表申込締切:7月27日(金)

・論文審査結果通知(デモ,ポスターを含む): 8月 6日(月)
・カメラレディ(デモ,ポスターを含む)原稿締切: 8月31日(金)

【実行委員会】
ワークショップ委員長:  原 隆浩 (阪大)
ワークショップ副委員長:  勝本 道哲 (NICT)
組織委員長: 斉藤 裕樹 (電機大)
組織副委員長:  金井 敦 (法政大)
組織委員(財務担当):  杉田 薫 (福岡工業大)
組織委員(ローカルアレンジ担当):  植田 和憲 (高知工科大)
組織委員(ローカルアレンジ担当):  重安 哲也(県立広島大)
組織委員(ITシステム担当) :  廣森 聡仁 (阪大)
組織委員(特別セッション担当):  横山 和俊 (NTTデータ)
組織委員(電子化担当):  山際 基 (東洋大)
プログラム委員長 :  乃村 能成 (岡山大)
プログラム副委員長 :  吉廣 卓哉 (和歌山大)

【これまでの開催地】
湯布院(1993年3月),蔵王(1993年11月),飯坂(1994年),伊勢志摩(1995年),八幡平(1996年),会津(1998年),別府(1999年),南信州(2000年),安比高原 (2001年),函館(2002年),阿蘇(2003年),和倉(2004年),那覇(2005年),霧島(2006年),加賀(2007年),萩(2008年),層雲峡(2009年),日南海岸(2010年),十和田(2011年)

【注意事項】
ワークショップ予稿集の電子化に伴い、掲載される論文の公知日は、ワークショップの開催日初日の1週間前となります。特許申請の扱い等の際にはご注意ください。
詳細については以下のURLをご参照ください。
http://www.ipsj.or.jp/03somu/kinen_jigyo/50anv/d-library/dl-sig.html 
 

調査研究担当への問い合わせフォーム