第92回デジタルドキュメント研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

日程: 平成25年11月29日(金)
会場: セコム本社 セコムホール
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-1 セコム本社ビル

■開会の挨拶 10:00~10:15
○セッション1
10:15~10:45
(1)「チーム活動を支援するテクニカルコミュニケーション—社会ニーズと研究構造

の一考察—」
○野々山秀文(セコム),高橋慈子(ハーティネス),中挾知延子(東洋大学)
10:45~11:15
(2)「視点を可視化したデジタルドキュメントが促進するチーム活動」
◎山口琢(公立はこだて未来大学大学院),大場みち子,高橋修(公立はこだて未来大学)
11:15~11:45
(3)「A study on cognitive role for visualization of technical document

through human knowledge model by Bertrand Russell」
○Ohno Kunio (Polytechnic University)

休憩 11:45~13:30

○セッション2
13:30~14:30 招待講演1
(4)「映像コンテンツ制作技術クリエイティブテクノロジーミザンセーヌを中心に」
○金子満(CG-ARTS協会)
14:30~15:30 招待講演2
(5)「物語構造に基づくストーリー生成を目指して」
○赤石美奈 (法政大学)

休憩 15:30~15:50

○セッション3
15:50~16:20
(6)「チームによる効果的、効率的なドキュメント作成、更新方法に関する調査手法の検討」
○高橋慈子(ハーティネス),野々山 秀文(セコム),中挾知延子(東洋大学)
16:20~16:50
(7)「電子書籍ファイルのフォーマットEPUB3を利用した業務マニュアルの作成・配布の効用」
○木村修三(片貝システム研究所)

■閉会の挨拶
 

発表募集のお知らせ(終了しました)

平成25年11月29日(金)にセコム本社 セコムホールにおいて、下記の通り研究発表会を開催いたします。皆様のご発表をお待ちしております。
テーマは、「デジタルドキュメントとテクニカルコミュニケーションが促進するチーム活動」です。発表内容は、テーマにそった研究成果の発表のみならず、最新技術動向の紹介、国際会議報告、デモシステムの紹介など、幅広い種類を対象としています。
なお、法政大学 赤石美奈教授による物語論の講演、映像分野でクリエイティブテクノロジー論の電子書籍を出版した金子満氏の招待講演を予定しています。

日程: 平成25年11月29日(金)13:00~18:00
会場: セコム本社 セコムホール
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-1 セコム本社ビル
申込締切: 2013年9月30日(月)10月7日(月)23:59締切 延長しました!

申込先: https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/dd よりお申込みください。
原稿締切: 2013年11月6日(水)23:59締切を予定
※締切厳守。締切時間以降の提出、差替、取下げはできませんのでご注意ください。
正式な締切日と執筆要領等は、申込後に学会事務局から届く原稿執筆依頼をご参照ください。
原稿ページ数: 原則として6~8ページ程度
発表時間: 一般講演30分(発表20分、質疑10分)/ 招待講演60分(発表50分、質疑10分)
※多少前後することがあります。
参加費用:
デジタルドキュメント研究会登録会員(個人会員/賛助会員/準登録(個人)):無料
情報処理学会学生会員を除く個人、賛助会員:1,500円
情報処理学会学生会員:500円
非会員:2,500円
   (発表件数が20件以上の場合は,情報処理学会学生会員を除く個人、賛助会員、非会員は500円upになります。)
注意事項:
研究報告の完全オンライン化に伴い、研究発表当日の資料は、 開催の1週間前に情報処理学会電子図書館に掲載されます。そのため、研究報告に掲載される論文の
公知日は、 研究発表会の開催日初日の1週間前となります。特許申請の扱い等の際にはご注意ください。

 最新情報につきましてはDD研究会のページをご覧ください。

調査研究担当への問い合わせフォーム