第83回デジタルドキュメント研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

開催日:平成23年11月18日(金) 
会 場:東洋大学 白山第2キャンパス2F大講義室 
    アクセス http://www.toyo.ac.jp/access/hakusan2_j.html(注:白山第2キャンパスです) 
協 賛:一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会 
    DITAコンソーシアムジャパン 

テーマ:「ドキュメント記述の標準化と電子書籍・多言語化への展開」

■開会の挨拶 10:20〜10:30

○セッション1
10:30〜11:00
  (1)「日本語連用形表現の書き換え規則とその評価」
   ○佐野 洋(東京外国語大学 大学院総合国際学研究院 )、桑野裕康(パナソニック)
11:00〜11:30
  (2)「電子文書中に埋め込まれたフォントの描画プログラムによる特定手法の考察」
   ○鈴木俊哉(広島大学 情報メディア教育研究センタ)
11:30〜12:00
  (3)「ERPシステムに基づく小規模事業向け文書管理モデルの検討」
   ○蘇我貴俊(職業大)、大野邦夫(安土)

休憩
○セッション2
13:00〜13:30
   (4)「使用説明におけるトピックライティングの現状と今後の展望」
   ○雨宮拓(テクニカルコミュニケーター協会 常任理事)
13:30〜14:00
   (5)「DITAを用いた計装制御システム向けインストラクションマニュアル制作改革事例」
   ○針ヶ谷佳史、福山真一(横河電機)、
14:00〜14:30
   (6)「教材活用・共有のためのDITAとCMS利用の一考察」
   ○高橋慈子(ハーティネス)、関根哲也(インフォパース)、中野賢(ネクストソリューション)、大

場みち子、山口琢(はこだて未来大学)
14:30〜15:00
   (7)「DITA2EPUBによる電子テクニカルドキュメント制作の意義と可能性」
    ○加藤哲義(アートダーウィン)、○依田俊明(イデア・インスティチュート)
休憩
○セッション3
15:15〜16:05
   (8)基調講演 「電子書籍 フォーマットEPUB: 日本語化ではなく国際化、提案ではなく主導」
   村田真(国際大学GLOCOMフェロー)
16:05〜16:30
   (9)「要求する言葉と実現する方法についての一考察」
    小林龍生(スコレックス)
16:30〜17:30
   パネル「電子書籍とWebでの日本語処理(仮題)」
   モデレータ 小林龍生(スコレックス)
   パネリスト 石井宏治(グルーソフトウェア)
         小林敏(フリーランス編集者 )
         村田真(国際大学GLOCOMフェロー)

■閉会の挨拶

発表募集(募集は終了しました)

主査:今村誠(三菱電機)
幹事:高橋慈子(ハーティネス), 秋元良仁(凸版印刷), 天笠俊之(筑波大学)、細見格(NEC)

開催日:平成23年11月18日(金)
会 場:東洋大学 白山第2キャンパス2F大講義室
    アクセス http://www.toyo.ac.jp/access/hakusan2_j.html(注:白山第2キャンパスです)
協賛(予定):一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会
       DITAコンソーシアムジャパン

テーマ:ドキュメント記述の標準化と電子書籍・多言語化への展開、および一般
内容:
 電子書籍、電子マニュアルなどのドキュメントの新しい形のデジタル化、国際化が進んでいます。EPUB、CSSなど電子書籍やWebのためのドキュメントの記述、DITAなどのグローバル展開を前提としたドキュメントの動向が注目されています。

 第83回研究会では、基調講演として、XMLやRELAX NGなどの構造化文書標準化で活躍されている国際大学GLOCOMフェロー村田真氏より、電子書籍フォーマットEPUBへの日本語組版仕様の提案活動などの国際標準活動の現状、課題、実践について講演いただきます(調整中)。また、ユニコードの標準化に関わってきたスコレックス小林龍生氏にモデレートいただき、パネル「電子書籍とWebでの日本語処理(仮題)」を開催いたします。

 以下のような内容を中心に広く論文を募集いたします。

・電子書籍やWebドキュメントの記述・表現・活用
・製品ドキュメント、電子マニュアルの記述・表現・活用
・ドキュメントの国際化・多言語化

 なお、本テーマに関わらず広くデジタルドキュメント一般に関する研究発表も同時に募集します。

■発表申込締切:平成23年9月21日(水) 9月28日(水) 延長しました!
■原稿送付締切:平成23年10月18日(月)(予定)

■申込方法:Subjectを 第83回デジタルドキュメント研究会発表申込として、以下の事項を記入し、申込先宛にメールをお送りください。
 ◎タイトル:
 ◎英文タイトル:
 ◎キーワード:
 ◎著者リスト(氏名と略称所属を明記し,発表予定者に○):
 ◎概要:
 ◎上記「概要」の事前公開を許可(する/しない):
 ◎連絡先および原稿依頼送付先: (連絡先と原稿依頼送付先が異なる場合は両方ともお知らせ下さい。)

■申込先:高橋 慈子(株式会社ハーティネス)
         shigeko<AT>heartiness.co.jp 

調査研究担当への問い合わせフォーム