第197回コンピュータビジョンとイメージメディア研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

開催案内

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
CVIM2015年5月研究会プログラム(第197回)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2015年5月コンピュータビジョンとイメージメディア研究会プログラム
(主査: 杉本晃宏,幹事: 大石岳史,岡谷貴之,斎藤英雄,中澤篤志,
 延原章平,橋本学,槇原靖,横矢直和)

日時: 2015年5月18日(月) 10:00 - 19:00 
      2015年5月19日(火) 10:30 - 18:25 

会場:日本科学未来館 7F
   D論セッション,MVA 2015 IAPR招待講演: 未来館ホール
    ポスターセッション: 会議室1
    それ以外: 会議室2
  ※ 未来館が開館している時間(10:00-17:00)は正面エントランスから入館できます(入場料は不要です).
      閉館時間帯は,通用口からの入館になります(朝の時間帯は,正面エントランスからの誘導がある予定です).

住所: 〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6

交通案内:以下のサイトをご覧下さい.
 http://www.miraikan.jst.go.jp/guide/route/

会場連絡先:米谷 竜 (東京大学)
   阪野 貴彦 (産業技術総合研究所)

テーマ: 第一次産業

講演時間:
 卒論スポットライト: 発表1分 + 質疑0分
 D論セッション: 発表10分 + 質疑0分
 特別講演: 発表50分 + 質疑10分
 上記以外: 発表20分 + 質疑10分

全体構成:

5月18日(月)
 10:00 - 12:00 一般セッション
 13:30 - 14:30 特別講演1
 14:45 - 15:45 特別講演2
 16:00 - 16:19 卒論スポットライトセッション
 16:40 - 17:10 拡大運営委員会
 17:30 - 19:00 懇親会(予定)

5月19日(火)
 10:30 - 12:00 テーマセッション
 13:40 - 14:40 MVA 2015,IAPR招待講演
 14:50 - 16:10 MVA/CVIM D論セッション
 16:20 - 16:40 MVAポスタースポットライト
 16:40 - 18:10 MVA/CVIM卒論・D論ポスターセッション
 18:15 - 18:25 卒論セッション表彰式

※尚,5月19日(火)の午後からのセッションについては,
CVIM研究会,MVA 2015の参加者が相互に聴講可能となっています.

--------------------------------------------------------------------------
■■  5月18日(月)  一般セッション  (10:00 - 12:00)

(1) 10:00 - 10:30
[CVIM] 画素単位の大域的な木に基づくステレオマッチング
高瀬 竜一,西 卓郎,吉見 隆,河井 良浩 (産総研)

(2) 10:30 - 11:00
[CVIM] RGBD画像を用いた人物姿勢追跡の高速化と人体モデルパラメータ推定への適用
長谷 康平,溝部 諒,右田 剛史,尺長 健 (岡山大)

(3) 11:00 - 11:30
[CVIM] 相互部分空間法による歩容認証
岩下 友美 (九大),坂野 鋭 (NTTデータ)

(4) 11:30 - 12:00
[CVIM] 指差し動作における利き手および利き目の影響に関する調査
間下 以大 (阪大),新谷 晃一 (富士通),清川 清,竹村 治雄 (阪大)


------  昼食  (  90分  )  ------

■■  5月18日(月)  特別講演1  (13:30 - 14:30)

(5) 13:30 - 14:30
[CVIM] クロロフィル蛍光画像計測ロボットによる高精度植物生体情報計測 
 -太陽光植物工場の知能化にむけて-
高山 弘太郎 (愛媛大)


------  休憩  (  15分  )  ------

■■  5月18日(月)  特別講演2  (14:45 - 15:45)

(6) 14:45 - 15:45
[CVIM] 画像処理技術を用いた水産業支援の試み
戸田 真志 (熊本大)


------  休憩  (  15分  )  ------

■■  5月18日(月)  卒論スポットライトセッション  (16:00 - 16:19)

(7) 16:00 - 16:01
[CVIM] パターン光の多重照射を考慮した仮想多視点アクティブステレオ
田原 都夢,川原 僚,延原 章平,松山 隆司 (京大)

(8) 16:01 - 16:02
[CVIM] SfMによる三次元復元結果と地図データの位置合わせに関する研究
新井 大地,鳥居 秋彦,奥富 正敏 (東工大)

(9) 16:02 - 16:03
[CVIM] エネルギー最小化による1枚の球面画像からの部屋形状推定
深野 昂祐,望月 義彦,小山田 雄仁,石川 博 (早大)

(10) 16:03 - 16:04
[CVIM] 一人称視点映像による実環境の記憶可能性推定
大泉 建人,中澤 篤志,西田 豊明 (京大)

(11) 16:04 - 16:05
[CVIM] Bucket Distance HashingとMetric Learningを組み合わせた表情変化に頑健かつ高速な顔認識
水野 智也,内海 ゆづ子,岩村 雅一,黄瀬 浩一 (阪府大)

(12) 16:05 - 16:06
[CVIM] 辞書学習を用いた圧縮センシングによる多波長・多方向光源下画像の効率的な獲得
小林 直人,岡部 孝弘 (九工大)

(13) 16:06 - 16:07
[CVIM] 文書領域検出のための人工生成サンプルを用いた教師あり学習
瀬川 雄太,岡本 一志,川本 一彦 (千葉大)

(14) 16:07 - 16:08
[CVIM] 顔認識における特定物体認識と一般物体認識の比較
宮川 拓也,内海 ゆづ子,岩村 雅一,黄瀬 浩一 (阪府大)

(15) 16:08 - 16:09
[CVIM] 生体トラッキングのための多波長計測システムの実装と評価
田村 祐樹,間下 以大,黒田 嘉宏,清川 清,竹村 治雄 (阪大)

(16) 16:09 - 16:10
[CVIM] 画像特徴を用いたオノマトペ表現による紙の材質感分析
上村 純一,田川 聖一,松下 康之,八木 康史 (阪大)

(17) 16:10 - 16:11
[CVIM] 3次元位置取得のための3D較正板によるデプスカメラキャリブレーション手法
合原 航輝,酒井 道,宮城 茂幸 (滋賀県立大)

(18) 16:11 - 16:12
[CVIM] クリギングを用いた人物移動予測
戸村 恵之,岡本 一志,川本 一彦 (千葉大)

(19) 16:12 - 16:13
[CVIM] 実画像列を利用したカメラ位置姿勢推定のための安定特徴点データベースの作成
小畑 圭,斎藤 英雄 (慶大)

(20) 16:13 - 16:14
[CVIM] 距離画像の勾配に基づいたリサンプリングによる3次元点群の位置合わせの高速化
中川 陽介,内山 英昭,長原 一,谷口 倫一郎 (九大)

(21) 16:14 - 16:15
[CVIM] アルベドと法線ベクトルの緊密度に着目した影と鏡面反射除去のための組み合わせ照度差ステレオ法
家永 直人,斎藤 英雄 (慶大),清水 雅芳,手塚 耕一,岩村 康正 (富士通研)

(22) 16:15 - 16:16
[CVIM] 多原色DLPプロジェクタを用いたマルチスペクトルライトトランスポートの獲得
前田 茅乃,岡部 孝弘 (九工大)

(23) 16:16 - 16:17
[CVIM] 乳牛の映像データベースの構築と歩様映像解析による個体識別
生熊 沙絢,槇原 靖,大倉 史生,村松 大吾,八木 康史 (阪大)

(24) 16:17 - 16:18
[CVIM] 実環境下での個人認証に向けた歩行映像データベースの構築
鈴木 温之,槇原 靖,村松 大吾,八木 康史 (阪大)

(25) 16:18 - 16:19
[CVIM] DPMのスコア回帰を用いたオクルージョン対応による人検出性能の高精度化
宇佐見 剛司,山内 悠嗣,山下 隆義,藤吉 弘亘 (中部大)


------  休憩  (  21分  )  ------

■■  5月18日(月)  拡大運営委員会  (16:40 - 17:10)

■■  5月18日(月)  懇親会(予定)  (17:30 - 19:00)

--------------------------------------------------------------------------
■■  5月19日(火)  テーマセッション  (10:30 - 12:00)

(26) 10:30 - 11:00
[CVIM] 魚画像認識に有効な特徴量の検討
柴田 利樹,齊藤 剛史 (九工大)

(27) 11:00 - 11:30
[CVIM] 2色素モデルを用いた果実の良否判定
大山 航,若林 哲史,木村 文隆 (三重大)

(28) 11:30 - 12:00
[CVIM] 2波長から計算される特徴量の逆投影による果実内糖度分布推定
岩口 尭史,久保 尋之,向川 康博 (奈良先端大)


------  昼食  (  100分  )  ------

■■  5月19日(火)  MVA 2015,IAPR招待講演  (13:40 - 14:40)

13:40 - 14:40
[MVA 2015] 3D Reconstruction from Photographs - Principles and Applications
Tomas Pajdla (Czech Technical Univ. in Prague)


------  休憩  (  10分  )  ------

■■  5月19日(火)  MVA/CVIM D論セッション  (14:50 - 16:10)

(29) 14:50 - 15:00
[CVIM] Action History Volume for Spatiotemporal Editing of 3D Video in Multi-party Interaction Scenes
Qun Shi (NAIST),Shohei Nobuhara,Takashi Matsuyama (Kyoto Univ.)

(30) 15:00 - 15:10
[CVIM] Viewpoint-independent Action Recognition Method using Depth Image
Ryo Yumiba (Hitachi),Hironobu Fujiyoshi (Chubu Univ.)

(31) 15:10 - 15:20
[CVIM] Cell Tracking Under Dense Cell Culture Conditions for Cell Behavior Analysis
Bise Ryoma (Univ. of Tokyo / Dai Nippon Printing),Sato Yoichi (Univ. of Tokyo)

(32) 15:20 - 15:30
[CVIM] Semi-Transparent Visualization for Occlusion Handling Based on Human Vision
Taiki Fukiage, Takeshi Oishi, Katsushi Ikeuchi (Univ. of Tokyo)

(33) 15:30 - 15:40
[CVIM] Quad-Tree based Image Encoding Methods for Data-Adaptive Visual Feature Learning
Cuicui Zhang,Xuefeng Liang ,Takashi Matsuyama (Kyoto Univ.)

(34) 15:40 - 15:50
[CVIM] Shape from Scattering: Shape Estimation for Translucent Objects based on Light Transport Analysis
Chika Inoshita (Osaka Univ.),Yasuhiro Mukaigawa (NAIST),]
Yasuyuki Matsushita (Microsoft Research Asia),Yasushi Yagi (Osaka Univ.)

(35) 15:50 - 16:00
[CVIM] Four-dimensional City Modeling using Vehicular Imagery
Ken Sakurada,Takayuki Okatani (Tohoku Univ.)

(36) 16:00 - 16:10
[CVIM] Spatio-Temporal Optimization-Based Motion Inpainting for Video Completion
Menandro Roxas,Katsushi Ikeuchi (The Univ. of Tokyo)


------  休憩  (  10分  )  ------

■■  5月19日(火)  MVAポスタースポットライト  (16:20 - 16:40)

■■  5月19日(火)  MVA/CVIM卒論・D論ポスターセッション  (16:40 - 18:10)
卒論セッション発表者のコアタイムは,以下の通りです.
発表番号奇数: 16:40-17:10と17:40-18:10
発表番号偶数: 17:10-18:10
D論セッション発表者のコアタイムは,16:40-17:40です.
コアタイム外は他のポスターを聴講頂いても結構です.

------  休憩  (  5分  )  ------

■■  5月19日(火)  卒論セッション表彰式  (18:15 - 18:25)
 

発表募集

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
               CVIM2015年5月研究会 募集要項(第197回)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
【5月の論文募集】 次の4種類の論文を募集します.
(1) 『卒論セッション』
(2) 『D論セッション』
(3) 『テーマセッション:第一次産業』
(4) 『一般セッション』
 
日時: 2015年5月18日(月),19日(火)
会場: 日本科学未来館
 
発表申込締切: 2015年3月20日
原稿締切: 未定
 
申込方法: 情報処理学会のWebページ(URLは以下)の「発表申込」より申込み.
 
※ 研究会への連絡事項に,以下を記載下さい.
・論文種別 (いずれか一つを残して下さい.)
「卒論」
「D論」
「テーマ」
「一般」
・コメント制度希望の有無 (いずれか一つを残して下さい.また,詳細は以下URLをご参照下さい.)
「有」
「無」
 
申込・照会先:
槇原 靖(大阪大学) E-mail:makihara"at"am.sanken.osaka-u.ac.jp
CVIM研究会事務局 E-mail:sig-cvim-office"at"am.sanken.osaka-u.ac.jp
                        ※"at"は@に直してください。
 
--------------------------------------------------------------------------
■『卒論セッション』発表募集
 
 情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM研究会)では,2015年5月開催の研究会において,2014年度に学部を卒業した方を対象にした特別セッションを企画します.このセッションでは,学部課程で研究してきた内容(卒業論文の内容)をポスター形式で発表していただき,今後のコンピュータビジョン研究に深みを与えることを目的としております.発表内容の多少の不備を問うものではなく,主に若手の研究者として自分の研究のねらい,モティベーション,着眼点を発表していただきます.
 各大学の画像関連研究室からの多数のご応募を期待しております.また,指導教員の方々におかれましても,若手研究者の育成として前向きに検討していただき,ご応募くださるようお願いいたします.なお,優秀な発表に対しては,情報処理学会CVIM研究会より特別賞の表彰があります.
 また,本年度は,同会場にて開催されている国際会議MVA 2015との共同企画としまして,CVIM研究会の卒論ポスターセッションと,MVA 2015のポスターセッションの一部を同時間帯に開催し,参加者が相互に聴講可能なように設定する予定です.そのため,ポスター作成につきましては,英語での作成を推奨します.
 
・応募資格:
  2014年度の学部卒業生(年齢不問).ただし,当日の研究発表を本人が行
  えることを条件とする.
 
・発表形式:
  ポスター(英語での作成を推奨) + ダイジェスト口頭発表
 
・予稿:
  最小1ページ最大8ページ(タイトル・概要ページ含む).
 
--------------------------------------------------------------------------
■『D論(博士論文)セッション』発表募集
 
 情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM研究会) では,2015年5月開催の研究会において、2014年度における博士号取得者を対象にした特別セッション『D論セッション』を企画します.このセッションは,
将来が期待される日本の若手研究者を激励し,かつ彼らのアクティビティをこの分野の研究者に紹介することを目的とします.各大学の画像関連研究室から優秀な論文のご応募を期待しております.なお,発表論文のうち,特に優秀な論文に対しては,英文論文誌IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications(CVA)に推薦します(採否は通常の投稿論文と同じ査読プロセスを経て決定されます).
 また,本年度は,同会場にて開催されている国際会議MVA 2015との共同企画としまして,CVIM研究会のD論セッションをMVA 2015との共同セッションとして開催し,参加者が相互に聴講可能なように設定する予定です.そのため,プレゼン資料作成と口頭発表の言語は共に英語となります.
 
・応募資格:
  CVIM研究会が扱う分野における2014年度の博士号取得者(申込時に年度内
  取得見込みの者を含む)で,発表に際し指導教員の同意が得られる者(年
  齢不問).
 
・発表形式:
  プレゼン資料 + 口頭発表(共に英語)
  (発表+質疑で最大30分程度を予定). 
 
・予稿:
  最大16ページ(タイトル・概要ページ含む).英語での執筆を強く推奨します.
 
--------------------------------------------------------------------------
■ 『テーマセッション』『一般セッション』発表募集
 
 2015年5月のCVIM研究会では,コンピュータビジョン技術の第一次産業への応用をテーマとして企画します.
 農業・畜産・林業・漁業等の第一次産業は我々の生活ひいては生命に直結する産業であり,その重要性は将来に向けて日に日に増しています.近年,こうした分野をITにより高効率化する試みが非常に活発化し,例えば農業分野ではセンサとフィールドサーバによる圃場状況管理の研究が非常に活発化しています.
 こうした中でコンピュータビジョンの技術は,圃場,海中,牧場などの状況の観察,資源の管理,技能の継承,成分の遠隔分析など広く応用が期待される技術であります. また,一方で,医療画像,生物画像一般への応用と同様に,複雑な個体差や非剛体的な変形の問題を含むのみならず,屋外や海中など,環境制御の困難な領域で動作することを求められる応用も想定され,コンピュータビジョン技術の新たな挑戦となる可能性も秘めています.
 こうした観点からCVIM研究会では2014年3月に第一次産業への応用をテーマとして企画し多数の論文発表と活発な議論が展開されました.このたびCVIM5月研究会ではこの動きを受けコンピュータビジョンの第一次産業への応用を集約し,今後の展望を望むことを企画しました.最新の成果に限らず周辺の技術に関する論文も広く募集いたします.
 オーガナイズドセッションでは代表的な第一次産業である農業・漁業におけるIT・センシングの利用について特別講演を企画しております.広範な分野の多様な研究をご発表いただき活発な議論の場となるべく、奮ってご投稿・ご参加下さいますようお願い申し上げます.
 また,上記テーマセッションに加え,一般セッションについても論文を募集いたします.
 
テーマ担当委員:坂野 鋭 (NTTデータ),有田 大作 (ISIT),増田 健 (産総研)
 
 
--------------------------------------------------------------------------
■ 注意事項・コメント制度
 
・発表申込後,「発表申込完了のお知らせ」に関するメールが自動発信されます.
 
 
・発表申込締切後の数日以内に,「講演申込受理のお知らせ」に関するメールが発信されます.講演原稿の締め切り・要項・提出方法等に関する情報が記載されておりますので,記載された方法に従って原稿を提出下さい.
 
・万が一,「講演申込受理のお知らせ」のメールが届かない場合には,申込・照会先にご連絡下さい.なお,原稿締め切り,要領についてのお問い合わせは,学会研究会係にお願いします.(担当:研究会係 sig"at"ipsj.or.jp)
 
・コメント制度を御希望の場合には,原稿提出の締切後に,コメント制度用のウェブページのURLを含めた申込確認メールが送付されます.研究会までに運営委員より質問・コメントが記入される予定ですので,随時,コメント制度用のウェブページを御確認下さい.
 

調査研究担当への問い合わせフォーム