第65回コンピュータセキュリティ・第25回インターネットと運用技術合同研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

■日 程: 平成26年5月22日(木),23日(金)
■会 場: ホルトホール大分(〒870-0839 大分県大分市金池南一丁目5番1号)
http://www.horutohall-oita.jp/

■連 催: 電子情報通信学会情報通信マネジメント研究会 (ICM)

■トピック: インターネット,システム運用技術,情報セキュリティ,管理システム,情報倫理教育,一般

<プログラム> ■ 5月22日(木) 午前

10:25 - 10:30 開会

セッション1 (CSEC) (10:30~12:10) [会場302](パラレルセッション)
秘密分散・暗号・セキュリティ分析   座長:大東俊博(広島大学)

(1) 10:30 - 10:55
秘密分散システムにおける分散データの更新手法
○古田英之(東京理科大), 須賀祐治(インターネットイニシアティブ), 岩村恵市(東京理科大)

(2) 10:55 - 11:20
XORを用いる秘密分散法の多値化とそれを用いた秘匿計算法
○高橋加寿子(東京理科大), 須賀祐治(インターネットイニシアティブ), 岩村惠市(東京理科大)

(3) 11:20 - 11:45
RSA暗号の公開鍵への所有者情報埋め込み手法とその著作権管理システムへの応用
北原基貴(九州大), ○穴田啓晃(九州先端科学技術研究所), 川本淳平・櫻井幸一(九州大)

(4) 11:45 - 12:10
Webアプリケーション更改時のセキュリティ要求/要件獲得手法の検討
○野口睦夫・大久保隆夫・田中英彦(情報セキュリティ大)

--

10:25 - 10:30 開会

セッション2 (IOT) (10:30~12:10) [会場303](パラレルセッション)
ネットワーク管理分析・計算機応用   座長:柏崎礼生(大阪大学)

(5) 10:30 - 10:55
権威DNSサーバのクエリログの可視化による攻撃の発見と分析
○渡辺 拳竜・松井 一乃・池部 実・吉田 和幸(大分大)

(6) 10:55 - 11:20
利用者認証ネットワークにおけるNATの検出および通信の遮断
○末永 光弘・田中 久治・大谷 誠・堀 良彰・岡崎 泰久(佐賀大), 渡辺 健次(広島大)

(7) 11:20 - 11:45
GPUを用いた行列演算ソフトウェアの開発
○土居 主尚(放射線医学総合研究所), 坂部 啓

(8) 11:45 - 12:10
Raspberry Piを用いた無線ネットワーク状態評価手法の提案
○北口 善明(金沢大), 石原 知洋(東京大), 高嶋 健人, 田川 真樹(九州工業大), 田中 晋太朗(東京大)

--- 休憩 ( 80分 ) ---

■ 5月22日(木) 午後

セッション3 (ICM) (13:30~14:45) [会場302,303]
座長:阿多信吾(大阪市立大)

(9) 13:30 - 14:10
[招待講演]クラウドサービス動向と運用管理
○林 雅之(NTTコミュニケーションズ)

(10) 14:10 - 14:45
[特別講演]TM Forum Action Week Madrid 2014会合報告
○堀内 信吾(NTT)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

セッション4 (CSEC) (14:55~16:10) [会場302,303]
プライバシ・マルウェア   座長:猪俣敦夫(奈良先端大)

(11) 14:55 - 15:20
Androidアプリの内部構造の区画化による個人情報保護の提案
○小林真也・鈴木富明・可児潤也(静岡大), 川端秀明・竹森敬祐(KDDI研), 西垣正勝(静岡大)

(12) 15:20 - 15:45
デジタルフォレンジクスの為のWeb閲覧履歴可視化方式の提案
○松本晋一(九州先端科学技術研究所), 鬼塚雄也・川本淳平・櫻井幸一(九州大)

(13) 15:45 - 16:10
電子文書型マルウェアからシェルコードを抽出する方法の提案
○岩本一樹(セキュアブレイン), 神薗雅紀・津田侑・遠峰隆史・井上大介・中尾康二(情報通信研究機構)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

セッション5 (IOT) (16:20~17:20) [会場302,303]
   座長:大谷誠(佐賀大学)
(14) 16:20 - 16:55
[招待講演]ネットあんしんセンターの取組と情報モラル普及啓発について
○渡辺 律子・七條 麻衣子・原田 美織(ハイパーネットワーク社会研究所)

(15) 16:55 - 17:20
[特別講演]国際ワークショップADMNETの舞台裏
○山井 成良(東京農工大学)

--

■ 5月23日(金) 午前

セッション6 (CSEC) (10:00~11:40) [会場302](パラレルセッション)
サイバー攻撃   座長:毛利公一(立命館)

(16) 10:00 - 10:25
複数種類のハニーポットによるDRDoS攻撃の観測
○筒見拓也・野々垣嘉晃・田辺瑠偉・牧田大佑・吉岡克成・松本勉(横浜国立大)

(17) 10:25 - 10:50
筑波大学におけるハニーポットを用いた不適切なSSHアクセスの収集とその解析
○佐藤聡・小川智也・新城靖・吉田健一(筑波大)

(18) 10:50 - 11:15
標的型攻撃のシナリオ再現環境の構築
○津田侑(情報通信研究機構), 神薗雅紀(情報通信研究機構/セキュアブレイン), 遠峰隆史・安田真悟・三浦良介・宮地利幸・衛藤将史・井上大介・中尾康二(情報通信研究機構)

(19) 11:15 - 11:40
ナイーブベイズを用いたDrive-by-Download攻撃予測の評価
○安達貴志・面和成(北陸先端大)

--

セッション7 (ICM) (10:00~11:40) [会場303](パラレルセッション)
座長:吉武浩(富士通九州ネットワークテクノロジーズ)

(20) 10:00 - 10:25
[奨励講演]デバイス機能仮想化フレームワークの提案
○小池 幸生・河田 博昭・伊藤 可久・松本 猛・村山 卓弥・中西 徹(NTT)

(21) 10:25 - 10:50
デバイス機能仮想化におけるマルチプロトコル制御方式の検討
○松本 猛・伊藤 可久・村山 卓弥・小池 幸生・河田 博昭・中西 徹(NTT)

(22) 10:50 - 11:15
デバイス機能仮想化におけるAPI提供方式と認証方式の検討
○伊藤 可久・松本 猛・村山 卓弥・小池 幸生・河田 博昭・中西 徹(NTT)

(23) 11:15 - 11:40
デバイス機能仮想化におけるデバイス識別子管理方法の検討
○村山 卓弥・伊藤 可久・松本 猛・小池 幸生・河田 博昭・中西 徹(NTT)

--- 休憩 ( 80分 ) ---

■ 5月23日(金) 午後

セッション8 (IOT) (13:00~14:15) [会場302,303]
ネットワーク運用管理・システム基盤   座長:宮下健輔(京都女子大学)

(24) 13:00 - 13:25
ホームネットワークのマルチホーミングに関する検討
○藤崎 智宏(日本電信電話株式会社)

(25) 13:25 - 13:50
災害コミュニケーションとリアルタイム情報収集
○松本 直人(さくらインターネット株式会社)

(26) 13:50 - 14:15
大阪大学の仮想化基盤の増強と設計
○柏崎 礼生・宮永 勢次・森原 一郎(大阪大)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

セッション9 (ICM) (14:25~15:15) [会場302,303]
座長:中川学(NTTコミュニケーションズ)

(27) 14:25 - 14:50
ユーザーロケーションを考慮したハイブリッドクラウド環境の性能評価
○池田 泰明・岩瀬 達彦・山本 恭弘・岡野 真一(NTT西日本)

(28) 14:50 - 15:15
オペレーションシステム開発におけるモデル駆動アーキテクチャ適用に関する一検討
○西尾 学・武 直樹(NTT)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

セッション10 (CSEC) (15:25~16:40) [会場302,303]
ネットワークセキュリティ   座長:齋藤孝道(明治大学)

(29) 15:25 - 15:50
国際会議NDSS2014参加報告
○穴田啓晃(九州先端科学技術研究所)・毛利公一(立命館大)・山田明(KDDI)

(30) 15:50 - 16:15
Winnyネットワークにおけるクラスタリングを用いたインデックスポイゾニングの検討
○油田健太郎(大分工業高専)・山場久昭(宮崎大)・朴美娘(神奈川工科大)・岡崎直宣(宮崎大)

(31) 16:15 - 16:40
SSL/TLSサーバにおけるForward Secrecyへの対応状況について(+速報版Heartbleed Bug 発覚後の状況変化)
○須賀祐治(インターネットイニシアティブ)

16:40 - 16:55 表彰ならびに閉会 (15分)
 

調査研究担当への問い合わせフォーム