第61回CSEC・第21回IOT合同研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

 第61回CSEC・第21回IOT合同研究発表会
【連 催】: 電子情報通信学会情報通信マネジメント研究会 (ICM)

【日時】: 2013 (平成 25) 年 5 月 9 日 (木) 10:30-16:40
                                                       10 日 (金) 9:00-16:50

【会場】:弘前大学 コラボ弘大
〒036-8561 青森県弘前市文京町3
http://www.rprc.hirosaki-u.ac.jp/korabo/index.html

【最新情報のご案内】: http://www.eit.hirosaki-u.ac.jp/cseciot/
会場案内、宿泊施設、観光案内などもご案内しています。

【トピック】:インターネット、システム運用技術、情報セキュリティ管理シス テム、情報倫理教育、一般

【問合先】 連絡先:会場担当 長瀬 智行(理工学研究科)
E-mail: nagase {AT}eit.hirosaki-u.ac.jp


講演時間
一般講演:発表 20分 + 質疑応答 5分
招待講演:発表 30分 + 質疑応答 5分


【5月9日】10:30-16:40

「10:30-12:10」 セッション IOT-1「環境・災害と情報通信」会場 A 
1. イベント会場における消費電力データの計測実験方法における一考察
〇松井加奈絵(慶大)・石原知洋(東大)・池上洋行(東大)・落合秀也 (東大)・砂原秀樹(慶大)
2.都市のレジリエンス向上を目指したすれ違い通信基盤(SABA)の試作・動作実験
〇妙中雄三(東大) ・松井加奈絵(慶大)・ 山形与志樹(国立環境研究所)
3.都市のレジリエンス向上のためのすれ違い通信型情報伝搬の分析手法の一考察
〇松井加奈絵(慶大)・妙中雄三(東大) ・山形与志樹(国立環境研究 所)・砂原秀樹(慶大)
4. 水害発生時における災害情報の到達率向上を目的とした情報共通インタ フェースの提案
○廣井慧 (慶應義塾大)・妙中雄三 (東京大)・砂原秀樹 (慶應義塾大)


「10:30-12:10」 セッション CSEC-1 「マルウェア対策」会場 B

5.制御フロー解析により生成されたグラフ比較によるAndroid マルウェア検出 方法の提案
〇岩本 一樹(信州大)・和崎 克己(信州大)
6.ユーザの承認によるアプリケーション実行時のAndroid マルウェア対策
〇加藤 真(芝浦工業大)・松浦 佐江子(芝浦工業大)
7.マルウェア感染ホストの特定を目的としたDNS通信の可視化
〇牧田 大佑 ・吉岡 克成 ・松本 勉  (横浜国立大学)
8.Man-in-the-Browser攻撃を行うマルウェアの安全な動的解析手法
〇瀬川 達也(横浜国立大)・神薗 雅紀 ・星澤 裕二 ((株)セキュアブ レイン)・ 吉岡 克成・松本 勉  (横浜国立大

「12:10 - 13:30」 昼食

「13:30 - 15:15」 セッション ICM-1 招待講演? 会場A&B

9.ISP網向け通信経路・品質監視システム
〇立花篤男・渡里雅史・長谷川輝之・阿野茂浩(KDDI研)
10.IPネットワークに置ける情報分析・可視化技術
〇水口孝則(NTTコミュニケーションズ)
11.シスコSDNソリューションの運用管理アーキテクチャー(仮)
〇中奥洋志彦(シスコシステムズ)

「15:15 - 15:30」休憩 (15分)


「15:30 - 16:40」 セッション ICM-2 招待講演? 会場A&B

12.ITシステムにおける障害対処迅速化を実現する障害原因解析技術
〇永井崇之(日立)
13.Big Data時代のログ管理ソリューション
○山口正徳(伊藤忠テクノソリューションズ)



【5月10日】9:00-16:50

「9:00 - 10:40」 セッション CSEC-2 「センサネットワーク対するセキュリ ティとトフィック削減」会場 B

14.センサネットワークの鍵共有に関するシミュレーション評価
〇金子 良・ 岩村 惠市 (東京理科大学)
15.トラフィック削減用ネットワークノードの多段構成と評価
〇古田 駿介 ・ 大高 友樹・成田 明子 (弘前大学)
16.低消費電力と高安全性を両立する新しいLEACH プロトコル
〇齊藤 壮馬 ・岩村 惠市 (東京理科大学)
17.証明書管理ノード方式における証明書収集処理の改良と評価
〇綱渕 隼介 ・與坂 宜士 ・長瀬 智行(弘前大学)


「9:25 - 10:40」 セッション IOT-2「学内LAN運用管理」 会場 A

18.トラフィック情報表示システムによるscan攻撃の可視化
〇小刀稱知哉 ・ 松井一乃・池部実・吉田和幸 (大分大)
19.大分大学宛のメール送信サーバの分布
〇松井一乃 ・小刀祢知哉・金高一・池部実・吉田和幸 (大分大)
20.可用性向上を目指した佐賀大学のネットワーク構成変更
江藤博文・大谷誠・廣友雅徳・松原義継 ・〇只木進一 (佐賀大)
「10:40 - 10:55」休憩 (15分)

「10:55 - 12:10」 セッション IOT-3 「システム開発と試用」会場 A

21.WebSocketによる終了検知を行うOpengateの開発
〇大谷誠 ・江藤博文(佐賀大学)・渡辺健次 (広島大学)・只木進一 ・ 渡 辺義明 (佐賀大学)
22.XMPPの効率的なEXI符号化を実現する動的文法合成方式
〇土井裕介・佐藤弓子 (株式会社東芝 研究開発センター)
23.ポイントカードシステムのデータベース開発と評価
〇岡崎 功 (弘前大)

「10:55 - 12:10」 セッション ICM-3 一般講演 会場B

24.系の揺らぎを考慮した新しいICT資源管理モデルの一考察
〇須田愼一郎(NEC)
25.クラウド基盤における統合監視手法の評価
〇河嶋健吾・石田 淳・猪川裕子・下反貴裕・山本恭弘・岡野真一・浦賀雅 博 (NTT西日本)
26.Hadoopを用いたOSSの実装法に関する一考察
〇西尾 学・武 直樹(NTT)


「12:10 - 13:40」 昼食

「13:40 - 14:55」 セッション IOT-4  「認証とプライバシー」 会場 A

27.岡山大学における大規模認証ネットワークの運用と課題 (2)
〇山井成良・岡山聖彦・大隅淑弘・藤原崇起・河野圭太・稗田隆 (岡山大)
28.学割サービス実現のためのSAML-OpenIDゲートウェイの試作
〇中村素典・西村健 ・山地一禎 (国立情報学研究所) ・佐藤周行 (東大)・ 岡部寿男 (京大)
29.国家による個人識別番号とその利用システムのあり方 ~ プライバシーの観 点から
〇高木浩光・山口利恵 ・渡辺創 (産業技術総合研究所)


「14:55 - 15:10」休憩 (15分)

「15:10 - 16:50」 セッション CSEC-3 「ヒューマンインタフェース・セキュ リティ対策」会場 A

30. 人間ロボット判別テストのバリアフリー化のための言語的作問技法
〇山口 通智 ・中田 亨 (筑波技術大)
31. DDoS攻撃におけるspace-time encoding の効率化
〇双紙 正和 (広島市立大)
32. Mutable S-boxの評価と改良
〇中林 赳明 ・ 齋藤 僚 ・長瀬 智行 (弘前大学)
33. ストリーム暗号に適した擬似乱数生成器の提案
〇長尾 安優美・松尾 賢志・長瀬 智行 (弘前大学)

発表募集のご案内(終了しました)

連 催 : 電子情報通信学会情報通信マネジメント研究会 (ICM)
日 程 : 2013 (平成 25) 年 5 月 9 日 (木)、10 日 (金)
会 場 : 弘前大学 コラボ弘大 〒036-8561 青森県弘前市文京町 3
                   http://www.rprc.hirosaki-u.ac.jp/korabo/index.html
      
トピック:インターネット、システム運用技術、情報セキュリティ管理システム、情報倫理教育、一般
発表申込締切 : 2013 (平成 25) 年 3 月 12 日 (火)23:59締切
最終原稿締切 : 2013 (平成 25) 年 4 月 8 日 (月)23:59締切 
発表申込方法 : 
               以下のURLの「発表申込」メニューよりお申込ください。
 
  CSEC研究会よりお申込みの場合    https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/CSEC

        IOT研究会よりお申込みの場合     https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/IOT
    ※「姓名・タイトルの英文入力欄は必須ではありません」とありますが、姓名・タイトルについては英文入力欄にも記入をお願いします。
          ※登壇者が学生の場合は、「研究会への連絡事項」に「登壇者は学生」と記入してください。 

最新情報のご案内http://www.eit.hirosaki-u.ac.jp/cseciot/           会場案内、宿泊施設、観光案内などもご案内しています。



調査研究担当への問い合わせフォーム