第55回コンピュータセキュリティ研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

【共催】 日本セキュリティ・マネジメント学会ITリスク学研究会

【日時】 2011年 12月5日(月) 11:15〜18:30

【会場】 国立情報学研究所 12F会議室(東京都千代田区2-1-2)
アクセス:http://www.nii.ac.jp/access/

【一般講演】 発表 20 分 + 質疑応答 5 分
【特別講演】 発表 30 分 + 質疑応答 15 分

【問合先】 越前 功(国立情報学研究所),TEL 03-4212-2516,E-mail: iechizen<AT>nii.ac.jp

---------------------------------------------------------------------------
プログラム

--[11:15-12:30] セッション1--
(1)学習を必要としない自然言語文からの個人情報検知技術
○広瀬 緑・吉浦 裕(電通大)
(2)ソーシャルメディアと履歴書情報の照合を通じた個人の言動の推定
○奥野智孝・市野将嗣(電通大)・久保山哲二(学習院大)・吉浦裕(電通大)
(3)個人情報漏洩の地域特性に関する統計解析  発表キャンセル
○文倉 斉(電機大)・小林哲郎(NII)・佐々木 良一(電機大)
(9)重心による位置補正を行うブロックスクランブル手法
〇武田明久・岩村惠市(理科大)
 --[12:30-14:00] 昼食--

--[14:00-15:30] 特別講演“ICTのリスクとレジリエンス” --
(3)ビジネスのサステナビリティとITリスク
○佐々木良一(電機大)
(4)クライシスに強い社会基盤 -震災に学ぶレジリエント社会システム-
○曽根原 登(NII)

--[15:30-15:45] 休憩--

--[15:45-17:00] セッション2--
(5)Web予約データを用いた復興政策決定支援方法の提案
○一藤 裕(ROIS)・曽根原 登(NII)
(6)Ad-hoc Network におけるマルチパーティプロトコルを用いた匿名通信方式
○上口優太・笹瀬 巌(慶大)
(7)Secure aggregation for publish-subscribe systems
○南 和宏(NII)・Adam Lee(Univ. of Pittsburgh)・Marianne Winslett・Nikita Borisov(Univ. of Illinois)

--[17:00-17:15] 休憩--

--[17:15-18:30] セッション3--
(8)A novel content-based tampering detective steganography for acoustic data
○Xuping Huang(総研大)・西村 明(情報大)・越前 功(NII)

<(9)の発表は,(3)の発表時間に変更となりました>

(10)指紋情報のRenyiエントロピー推定に関する一考察
○披田野清良(早大)・市野将嗣(電通大)・高橋健太(東大)・小松尚久(早大)

---------------------------------------------------------------------------

発表募集(募集は終了しました)

■日時・会場
日時:平成23年12月5日(月)
会場:国立情報学研究所(東京都千代田区2−1−2)
 
■発表申込締切:平成23年10月5日(水)
■原稿送付締切(下記申込み内容の3.の応募先研究会を"CSEC"とした場合):
  平成23年11月7日(月)
※原稿フォーマットについては、下記をご覧ください。
※原稿枚数の上限はございません。
 
■申込方法:
下記の必要事項を明記し、電子メールにてお申し込みください。
なお、Subjectの先頭には【CSEC 55】と記載願います。
 
1. 発表題目:
2. 著者と所属(全員、発表者に○):
3. 応募先研究会: CSEC, ITリスク学(いずれかひとつを選択)
※応募先研究会が"ITリスク学"の場合、原稿送付は不要です。
  研究会当日の発表のみとなります。
4. 概要(200字程度)とキーワード(2,3個程度)(プログラム編成のため):
5. 発表申込者連絡先:
     郵便番号:
     住所:
     会社・大学名:
     所属名:
     電話番号:
     FAX番号:
     E-mail:
6. 推薦論文への推薦希望(上記3.の応募先研究会をCSECとした場合のみ):
  希望する 希望しない(不要な方を削除)
※ 情報処理学会の推薦論文制度については、下記をご覧ください。
 
申し込み先・照会先:越前 功(国立情報学研究所)
csec12cfp [at] sdl.hitachi.co.jp
※ [at]を「アットマーク」にご変更願います。
 
※申込み頂いた方には受理確認のメールを返信します(上記申込み内容の5.のご連絡先に送付します) ので、必ずご確認ください。

※日本セキュリティ・マネジメント学会ITリスク学研究会と共催。
 
 

調査研究担当への問い合わせフォーム