第149回CG・第184回CVIM合同研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
      GCAD/CVIM2012年12月合同研究会プログラム(第149回/第184回)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2012年12月グラフィクスとCAD/コンピュータビジョンとイメージメディア合同研究会プログラム
[GCAD](主査: 柿本正憲,幹事: 伊藤貴之,土橋宜典,吉田典正,栗原恒弥)
[CVIM}(主査: 八木康史,幹事: 岩井儀雄,清水郁子,杉本晃宏,延原章平,横矢直和,斎藤英雄,槇原靖)

日時: 2012年12月3日(月) 11:00 - 17:30
 2012年12月4日(火) 09:45 - 17:30

会場: 横浜国立大学 教育文化ホール
   (キャンパスマップ S1-2番)
    http://www.ynu.ac.jp/access/pdf/map_ynu.pdf

住所: 〒240-8501 神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台79-1

交通案内:横浜駅西口より,バスにて「横浜国立大学正門前」下車.
  http://www.ynu.ac.jp/access/index.html
横浜駅西口より、バスを利用する場合(所要時間約25分程度)

①「岡沢町」下車 会場まで徒歩5分程度 (こちらの方が便数が多い)
■11番乗り場(横浜市営バス 循環外回り 202系統)
■10番乗り場(相鉄バス 交通裁判所経由 浜5系統)

②「横浜国立大学正門前」下車 会場まで徒歩2分程度
■14番乗り場(横浜市営バス 循環内回り 201系統)
       (横浜市営バス 急行329系統)
■10番乗り場(相鉄バス 浜10系統)
 

会場連絡先:
    前川 卓(GCAD研究会)
  横浜国立大学
  Tel: 045-339-3930

  岡部孝弘(CVIM研究会)
  東京大学
  Tel: 03-5452-6461

講演時間:一般セッション,テーマセッション,CVIMコメント制度セッション: 発表20分 + 質疑10分
 特別講演: 発表50分 + 質疑10分
 CVIMチュートリアル: 発表50分 + 質疑10分

全体構成:

12月3日(月)
 11:00 - 12:00 テーマセッション(1)
 13:00 - 14:00 CVIMチュートリアル
 14:15 - 15:45 CVIMコメント制度セッション
 16:00 - 17:30 一般セッション(1)

12月4日(火)
 9:45 - 10:45 一般セッション(2)
 11:00 - 12:00 特別講演
 13:00 - 14:30 テーマセッション(2)
 14:45 - 15:45 一般セッション(3)
 16:00 - 17:30 一般セッション(4)


--------------------------------------------------------------------------

■■  12月3日(月)  テーマセッション(1)  (11:00 - 12:00)

(1) 11:00 - 11:30
[CVIM] 透明視知覚特性を利用した複合現実感(MR)環境下における遮蔽矛盾解消手法の提案
○吹上大樹(東京大学),大石岳史(東京大学),池内克史(東京大学)

(2) 11:30 - 12:00
[CVIM] 複数人物の移動軌跡データからの環境モデルパラメータの逐次ベイズ推定
○田代祐志(千葉大),川本一彦(千葉大),岡本一志(千葉大)


------  昼食  (  60分  )  ------

■■  12月3日(月)  CVIMチュートリアル  (13:00 - 14:00)

(3) 13:00 - 14:00
[CVIM] Local Binary Pattern とその周辺
○長谷川修(東工大)


------  休憩  (  15分  )  ------

■■  12月3日(月)  CVIMコメント制度セッション  (14:15 - 15:45)

(4) 14:15 - 14:45
[CVIM] 共面性条件による3次元復元とbas-relief変換について
○古川 亮(広島市立大学), 川崎 洋(鹿児島大学), 佐川 立昌(産業技術総合研究所)

(5) 14:45 - 15:15
[CVIM] 背景特徴量と物体の出現頻度に基づくイベント検出
○勝手 美紗(大阪府立大学),内海 ゆづ子(大阪府立大学),黄瀬 浩一(大阪府立大学)

(6) 15:15 - 15:45
[CVIM] 全身によるアクロバティックな武道動作に対する知識ベースの階層的記述と認識
○宇野友季子(東大) 佐藤啓宏 (東大) 工藤俊亮 (電通大) 池内克史 (東大)


------  休憩  (  15分  )  ------

■■  12月3日(月)  一般セッション(1)  (16:00 - 17:30)

(7) 16:00 - 16:30
[GCAD] 写真に自然な揺らめき表現を付加した動画生成法
○山本 薫,坂本 雄児(北海道大学大学院情報科学研究科)

(8) 16:30 - 17:00
[GCAD] ラプラシアン固有関数を用いた速度場の補間による流体アニメーションの生成
○佐藤 周平,土橋 宜典,山本 強(北海道大学)

(9) 17:00 - 17:30
[GCAD] 任意形状の爆発アニメーション生成システム
○森田 拓也,土橋 宜典,山本 強(北海道大学)

 

--------------------------------------------------------------------------
■■  12月4日(火)  一般セッション(2)  (09:45 - 10:45)

(10) 09:45 - 10:15
[CVIM] 2分割したA3紙のスキャン画像からの画像復元技術の一検討
○藤井勇作(富士通研究所)、 堀田悦伸(富士通研究所)

(11) 10:15 - 10:45
[GCAD]画像の局所変形と色の補正処理を統合した画像ベース仮想試着システム
○廣瀬 真輝,山田 裕貴(筑波大学),三谷 純(筑波大学/ERATO),金森 由博,福井 幸男(筑波大学)

------  休憩  (  15分  )  ------

■■  12月4日(火)  特別講演  (11:00 - 12:00)

(12) 11:00 - 12:00
[CVIM] デジタルと広義なファッション~デジタルファッションクリエイターについて~
○森田修史(デジタルファッション株式会社)


------  昼食  (  60分  )  ------

■■  12月4日(火)  テーマセッション(2)  (13:00 - 14:30)

(13) 13:00 - 13:30
[CVIM] 幾何制約を用いた被写体形状・テクスチャの球面展開に基づく3次元物体認識
○薮下浩子,大澤達哉,島村潤、谷口行信(NTT)

(14) 13:30 - 14:00
[GCAD] 実測値を用いた螺鈿の質感表現
○武 孝(法政大学)

(15) 14:00 - 14:30
[CVIM] 位置ずれを許容するエッジ特徴による物体識別
○大平英貴, 関根真弘, 西山正志(東芝)


------  休憩  (  15分  )  ------

■■  12月4日(火)  一般セッション(3)  (14:45 - 15:45)

(16) 14:45 - 15:15
[GCAD] フレーム間の連続性を保持する動画編集法
○谷田川 達也,山口 泰(東京大学/JST CREST)

(17) 15:15 - 15:45
[GCAD] 指定領域内の品質保持に対応した可変型映像圧縮法およびGPUによる高速化
○村上 敬亮,安藤 英俊(山梨大学大学院)


------  休憩  (  15分  )  ------

■■  12月4日(火)  一般セッション(4)  (16:00 - 17:30)

(18) 16:00 - 16:30
[CVIM] 誤差のあるデータからの内部拘束を持つ3次元運動の計算法と幾何学的モデル選択への応用
○本田 卓士(岡山大), 松永 力(朋栄), 金谷 健一(岡山大)

(19) 16:30 - 17:00
[GCAD] 形状認識のための非均一相似性制約を用いた学習データの対話的生成
○佐藤 信 (岩手大学)

(20) 17:00 - 17:30
[GCAD] 非一様弾性体の対話的変形シミュレーション
○高岡 和史,藤代一成(慶應義塾大学 理工学部情報工学科)
 

開催案内

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  第149回CG・第184回CVIM 合同研究会
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日時: 2012年12月3日(月)~4日(火)
会場: 横浜国立大学教育文化ホール
 ( 住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台79-1 )

テーマ: 実世界と仮想世界を繋ぐCV・CG

趣旨:
 コンピュータビジョン(CV)とコンピュータグラフィックス(CG)は,互いに影響を与えながら発展してきました.近年では特に,インターネットやモバイルコンピューティングの普及に伴い,ネットワークやコンピュータ上の世界である仮想世界と実世界とを結び付けるために,CVとCGの融合が重要になってきています.
 
そこで,このような「実世界と仮想世界とを繋ぐ技術」についてより深く理解し,また,分野を超えた活発な議論ができる場として,「実世界と仮想世界を繋ぐCV・CG」と題したテーマセッションを企画しました.


発表申込締切日:2012年9月7日(金) ※終了しました

 

調査研究担当への問い合わせフォーム