第146回グラフィクスとCAD研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

日時: 2012年2月7日(火), 8日(水) 
 
会場: 東京大学駒場キャンパス 18号館ホール
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1,アクセスマップ

 1日目【27()
09:30-11:35 セッション1:アニメーション・レンダリング 座長:未定
(1) CG化を妨げるアニメにおける動きの記号化
    今間 俊博(首都大学東京),斎藤 隆文(東京農工大学)
(2) 動画像解析に基づくリアルな頭髪運動再現
    福里 司,岩本 尚也,國友 翔次,須田 洋文,森島 繁生(早稲田大学)
(3) 筋骨格モデルとCPGを用いた自律的な人体動作生成に関する研究
    岡崎 啓,蔡 東生(筑波大学)
(4) 画像における映り込みのマッティングと合成
    遠藤 結城,金森 由博 (筑波大学),三谷 純 (筑波大学/JST ERATO),福井 幸男 (筑波大学)
(5) ワープ変形を利用した動画間の照明転送手法
    中川西 宏友,尾内 理紀夫(電気通信大学),岡部 誠(電気通信大学,JST)
11:35-12:30 昼食
12:30-13:45 セッション2:CG教育1 座長:未定
(6)独自ツールキットによるスケーラブルなCGとゲーム開発の教育研究実践
    渡辺 大地,竹内 亮太,三上 浩司,近藤 邦雄(東京工科大学)
(7)多様化するゲーム開発スタイルを見据えた新しい教育カリキュラムの実施報告
    中村 陽介,三上 浩司,渡辺 大地(東京工科大学),大圖 衛玄(日本工学院八王子専門学校),伊藤 彰教,川島 基展,竹内 亮太(東京工科大学)
(8)日米3DCG・アニメーション教育の現状調査
    青木 美穂 (University of Alaska Fairbanks),宮井 あゆみ(CG-ARTS協会),Wobbe Koning (Montclair State University),上平 崇仁(専修大学)
13:55-15:10 セッション3:形状モデリングの新展開1 座長:未定
(9)コンピュータビジョンによるマイクロ製品の形状評価方法
    末安 秀匡,前川 卓(横浜国立大学)
(10)合焦点推定による光学顕微鏡計測データの三次元再構成
    河内 陽介,臼杵 深,三浦 憲二郎(静岡大学)
(11)スリット入り平板素材を折り曲げてできる形状の設計支援ツール
    鶴田 直也 (筑波大学),三谷 純 (筑波大学/JST ERATO),金森 由博,福井 幸男 (筑波大学)
15:10-15:20 休憩
15:20-17:50 セッション4:ゲーム・インタラクティブメディア 座長:未定
  (12)三次元辞典: Game System for Acquiring New Languages Visually
    Robert Howland,Emily Olmstead,星野 准一(筑波大学)
  (13)アクションフィギュアによる3Dゲームコントローラ
    伊東 達也,Robert Howland,Emily Olmstead,星野 准一(筑波大学)
  (14)セリフ記述を用いたインタラクティブストーリー作成システム
    朝香 拓人,星野 准一(筑波大学)
  (15)趣味における社会的交流を活性化するコミュニケーションシステム
    梅村 豪,星野 准一(筑波大学)
 (16)計算報道学:次世代コンピュータ可視化への提言
    藤代 一成(慶應義塾大学)
(17)第11回ビジュアル情報処理研究合宿の開催報告
    堀越 基宏,星野 雄紀(東京電機大学),谷田川 達也(東京大学大学院)
18:30- 懇親会【会場:コミュニケーションプラザ南館3階】
2日目【28() 
09:00-10:15 セッション5:医療 座長:未定
(18)腹腔鏡手術シミュレータのための臓器表面反射モデル
  乾谷 徹,坂本 英男,長坂 学,緒方 正人(三菱プレシジョン(株))
(19)頭部MR画像の構造的特徴を用いた脳表可視化法
    加藤 潤一,松田 浩一(岩手県立大学),西本 英明,小笠原 邦昭(岩手医科大学)
(20)片眼失明者に距離感を提供する片眼鏡の開発
    豊浦 正広,柏木 賢治 (山梨大学)
10:15-10:25 休憩
10:25-12:05 セッション6:特徴抽出 座長:未定
(21)小数のカラーパーティクルを用いた競馬動画における特定騎手の追跡
    平野 廣美(楽天株式会社)
(22)背景映像を利用したビデオ映像からの効率的な前景物体抽出法
    盛内 翔太,藤本 忠博(岩手大学)
(23)平常時歩行動作からの足元の環境変化に伴う動作特徴変化のモデリング
    岡見 和樹,岩本 尚也,國友 翔次,須田 洋文,森島 繁生(早稲田大学)
(24)実写画像に基づく毛皮の特徴抽出と実時間描画手法
    宇梶 弘晃,小坂 昂大,服部 智仁,久保 尋之,森島 繁生(早稲田大学)
12:05-13:00 昼食
13:00-14:40 セッション7:多視点画像処理・VR 座長:未定
(25)ビルボードを用いた多視点映像からの効率的な仮想視点映像生成法
    金野 龍人,藤本 忠博(岩手大学)
(26)テクスチャ合成を利用した多視点画像からの高品質な自由視点画像生成法
    沢田 奈保子(岩手大学),高橋 実(NTTコムウェア),藤本 忠博(岩手大学)
(27)可視性マップの逐次更新を利用したプレーンスイープ法
    樋口 拓馬,藤本 忠博(岩手大学)
(28)没入型VRにおける動的被写界深度効果の実装と評価
    吉柳 俊佑,蔡 東生(筑波大学)
14:40-14:50 休憩
14:50-16:05 セッション8:CG教育2 座長:未定
(29)コンテンツ制作実習における相互レビューの試み
    遠西 学(目白大学),石田 知子,中村 直人(千葉工業大学)
(30)商工会議所と連携したWebサイト制作の教育事例
    高木 亜有子(湘北短期大学)
  (31)国際技能五輪におけるIT系職種について ーIT Software Solution for Business を中心としてー
    中村 直人(千葉工業大学)
16:05-16:15 休憩
16:15-18:20 セッション9:形状モデリングの新展開2 座長:未定
(32)クロスとグラフトを用いた2Dモデリングインタフェース
    八坂 俊,藤代 一成(慶應義塾大学)
(33)曲率・捩率分布に基づく曲面における性質の同定
    井上 治郎,原田 利宣(和歌山大学)
(34)対数美的曲面における制御パラメータの映り込み形状への影響
    平野 亮,原田 利宣(和歌山大学)
(35)導線にエルミート曲線によるセグメントを用いた接線曲面に関する研究
    鈴木 広隆(大阪市立大学)
(36)平面曲線形状洗練化のための導関数ベクトルの非均一相似性制約を用いた鏡映対称変換
    佐藤 信,三輪 譲二(岩手大学)

発表募集(終了しました)

日時: 2012年2月7日(火), 8日(水) 
 
会場: 東京大学駒場キャンパス 18号館ホール
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1,アクセスマップ
 
論文募集 
 
テーマ: 形状モデリングの新展開,CG教育およびCG一般 
趣旨: 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会では, 「形状モデリングの新展開,CG教育およびCG一般」をテーマとして, 第146回研究発表会を開催致します. 産業におけるCADシステムの需要は年々増加しています. CADにおいて,形状モデリングは重要な技術で様々な研究が行われており, 例として大規模点群処理,ナノ・マイクロ形状モデリング等が挙げられます. また,その適用分野は,工業製品に限らず医療分野等,多分野に及び, 益々の発展が期待されています. 今回,このような形状モデリングに関する研究に焦点を当て、 深く議論致します.
また,この数年のグラフィクスとCAD研究会ではCG教育をテーマとする発表会を企画し, 好評を得ております. 今年も教育研究・教育事例・教材開発・評価方法に関する発表・意見交換・情報収集を 視野に入れて,この第146回研究発表会をCG-ARTS協会と共催を予定しています.
さらにCG一般セッションも設定致しておりますので, 特集テーマに拘らず,奮ってご発表申し込みを頂きますようお願い致します.
 
〆切 
  • 発表申込〆切: 11月30日(水) [17:00 メール必着]
  • 原稿送付〆切: 1月中旬 (予定)
 
担当委員 (お問い合わせ先): 
  • 三浦 憲二郎 (静岡大学) tmkmiur[at]ipc.shizuoka.ac.jp
  • 長坂 学 (三菱プレシジョン株式会社) mnagasaka[at]mpcnet.co.jp
 
発表申し込み要領: 
以下の発表申込書に必要事項をご記入の上,担当委員2名 (下記参照) 宛て にメールでお送りください.メールの件名 (Subject) は「GCAD-146講演申 し込み」としてください.申し込みを受け付けた際には,数日以内に確認の メールをお送り致します.確認のメールが届かない場合には,お手数ですが, 申込書をご再送下さいますようお願い致します.
 
発表申込書 
To: tmkmiur[at]ipc.shizuoka.ac.jp, mnagasaka[at]mpcnet.co.jp
Subject: GCAD-146講演申し込み
 
2月7日,8日 GCAD研究発表会 発表申込 (第146回)
 
タイトル:
 
発表者(所属)
# 筆頭著者以外が発表する場合は,発表者に○印をつけて下さい.
筆頭  (所属):
連名1 (所属):
連名2 (所属):
連名3 (所属):
連名4 (所属):
 :
 
発表者資格:(ひとつを残して消してください)
  情報処理学会             会員・非会員
  グラフィクスとCAD研究会  登録会員・登録準会員・非会員
 
連絡先:住所: 〒
Tel/Fax:
E-mail:
 
概要:(200字程度)

調査研究担当への問い合わせフォーム