第122回CE・第11回CLE合同研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

    • 12月14日(土)
    9:30~11:35 (CE/CLE)
    座長:兼宗進(大阪電気通信大学)
    [1] タグ付き解答例プログラムからのプログラミング問題コンテンツの自動生成
    喜多村 和誠,玉木 久夫(明治大学)
    [2] プログラミング導入教育におけるコースウェアの違いによる学習効果の比較
    西田 知博(大阪学院大学),原田 章(追手門学院大学),中西 通雄(大阪工業大学),松浦 敏雄(大阪市立大学)
    [3] SDNを用いたネットワーク構築における実習法の提案と評価
    園生 遥,牛込 翔平(信州大学大学院理工学系研究科情報工学専攻),國宗 永佳(信州大学工学部情報工学科),新村 正明(信州大学大学院理工学系研究科情報工学専攻)
    [4] SDNによるネットワーク構築実習における分散型実習環境管理システムの開発
    牛込 翔平,園生 遥(信州大学大学院理工学系研究科情報工学専攻),國宗 永佳(信州大学工学部情報工学科),新村 正明(信州大学大学院理工学系研究科情報工学専攻)
    [5] スキーマ設計を目的としたオンライン学習教材の提案
    當山 達也(大阪電気通信大学),長瀧 寛之(岡山大学),中野 由章(神戸市立科学技術高等学校),兼宗 進(大阪電気通信大学)
    12:35~14:40 (CE/CLE)
    座長:長瀧寛之(岡山大学)
    [6] q=情報の授業
    辰己 丈夫(早稲田大学)
    [7] LMSと対面における学習者の行動特性の比較研究
    山川 修(福井県立大学)
    [8] コンピュータを使わないコンピュータ教育パッケージの提案と実践
    福島嘉通(上智大学大学院),廣瀬 公一郎,長谷川 正(東京都立多摩科学技術高等学校),高岡 詠子(上智大学)
    [9] 大規模なクラスでの大学の情報教育における大福帳を用いた授業の実践とその課題
    佐藤 貴之(北九州市立大学)
    [10] 「LINE外し」ロールプレイングによる情報社会に参画する態度の育成
    中野 由章(神戸市立科学技術高等学校),米田 貴(大阪青凌中学校・高等学校)
    14:50~16:30 (SITE)
    座長:中西 通雄 (大阪工業大学)
    [11] 公文書公開手続きの情報科教育法への活用
    中山泰一,角田博保(電通大)
    [12] 解決力育成のための討論を取り入れた技術者倫理教育
    松原裕之(福岡工大)
    [13] 大学生のメール利用経験の経緯と現状 ~ 理系・文系の大学2年生を事例に ~
    布川博士(岩手県立大),鈴木秀顕(ノースアジア大),佐藤 究,小笠原直人(岩手県立大)
    [14] リアリティのある環境の中に埋め込んだ大学生のメールリテラシ教育の実験
    佐藤 究,布川博士,小笠原直人(岩手県立大))
    16:45~18:50 18:25 (CE/CLE)
    座長:高岡詠子(上智大学)
    [発表取消] eポートフォリオ学習における社会ネットワーク分析を用いたピア・アセスメント活動支援システムの開発
    島崎 俊介,森本 康彦(東京学芸大学),植野 真臣(電気通信大学大学院情報システム学研究科),宮寺 庸造(東京学芸大学)
    [15] 大学SNSにおけるコミュニケーションネットワークと発言内容との関係の検討
    住吉 佑輝(九州大学大学院 統合新領域学府 ライブラリーサイエンス専攻)
    [16] スケジュール情報と位置情報の制約を用いた行動管理用Androidアプリケーションの試作
    岩永 有平(熊本大学自然科学研究科),中野 裕司,永井 孝幸(熊本大学)
    [17] 学術コンテンツの個人管理を可能とするポータルシステムの開発と評価
    寺門 卓馬(信州大学大学院理工学系研究科情報工学専攻),國宗 永佳(信州大学工学部情報工学科),新村 正明(信州大学大学院理工学系研究科情報工学専攻)
    [18] 教員養成機能の充実を目的とした遠隔授業観察システムの導入と試行
    坂東 宏和,加藤 直樹,藤原 裕(東京学芸大学),根本 淳一(株式会社フォトロン),稲垣 孝男(梅沢技研株式会社)
    19:00~19:45 18:35~19:20
    座長:中山泰一(電気通信大学)
    [19] 特別セッション 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」の発刊に向けて
    角田博保(電気通信大学),竹村治雄(大阪大学),神沼靖子(情報処理学会フェロー),竹田尚彦(文部科学省)
    • 12月15日(日)
    9:30~11:35 (CE/CLE)
    座長:椋木雅之(京都大学)
    [20] 学認対応認証基盤とユーザID体系移行用CASゲートウェイの構築
    永井 孝幸,杉谷 賢一,河津 秀利,中野 裕司(熊本大学)
    [21] 教育支援システムへのWebアクセスの負荷計測ツールの機能検討
    花川 直己,大川 昌寛,蔵本 幸司,富永 浩之(香川大学工学部)
    [22] 形成的評価を支援する可視化ツールの開発-Moodleの小テストモジュールを活用して-
    小柏 香穂理(山口大学大学情報機構メディア基盤センター),浜本 義彦(山口大学大学院医学系研究科),王 躍(山口大学大学情報機構メディア基盤センター),刈谷 丈治(山口大学名誉教授),小河原 加久治(山口大学大学院理工学研究科)
    [23] Webベース8085マイクロプロセッサシミュレータのSCORMパッケージ化とそのMoodle上での評価
    村松 一弘(王立ブータン大学科学工科カレッジ)
    [24] Open Apereo 2013 Conference 参加報告
    常盤 祐司,宮崎誠(法政大学),出口 大輔(名古屋大学),平岡 斉士,梶田 将司(京都大学)
    13:00~14:40 (SITE)
    座長:多川 孝央 (九州大学)
    [25] キャリア支援活動の現状とICT活用に関する基礎検討
    田中美佐,吉開範章(日大)
    [26] Dynamic Hybrid System of Honeypot and IDS for Network Security Analysis
    Chao Li, Sumiko Miyata, Hirotsugu Kinoshita(KU)
    [27] 自己組織化可能な群知能を用いた情報リソースの管理
    石田克憲,小泉 駿,宮田純子(神奈川大),森住哲也(ネッツエスアイ東洋),木下宏揚(神奈川大)
    [28] ACOを用いた検索過程を重視した検索手法
    小泉 駿,石田克憲,宮田純子(神奈川大),森住哲也(ネッツエスアイ東洋),木下宏揚(神奈川大)
    14:55~16:10 (CE/CLE)
    座長:浦 真吾(SCSK)
    [29] 遠隔印刷機能を持つ遠隔教育システム(edutab)の開発
    鈴木 新一,水越 一貴,深澤 昌志((株)デジタルアライアンス),八代 一浩(山梨県立大学国際政策学部),鳥養 映子(山梨大学大学院医学工学総合教育部)
    [30] プレゼンテーション用のTEX-PDFファイル作成支援ソフトウェアの提案
    黄 掣(大阪教育大学教育学研究科総合基礎科学専攻)
    [31] PCを使う多人数講義におけるTA業務支援システムの開発と評価
    野口 剛史,井手 敬也,長郷 俊輔,古賀 雅伸(九州工業大学),矢野 健太郎(福岡工業大学短期大学部)
  • 発表時間(25分)

※発表者多数のため,今回は1件25分発表の予定です.

一般発表セッション(25分)
発表
17分
質疑応答
8分

懇親会

  • TBA(1日目終了後予定)

発表募集

コンピュータと教育研究会 (CE)  CE122
(共催:教育学習支援情報システム研究会 (CLE),連催:電子情報通信学会 技
術と社会・倫理研究会 (IEICE-SITE))
では,ただいま発表申込を受付中です.
ぜひご発表のご検討よろしくお願いいたします.

研究会詳細はこちらから(随時更新)↓
http://ce.eplang.jp/?122%B2%F3%B8%A6%B5%E6%C8%AF%C9%BD%B2%F1


日時:12/14(土)-12/15(日)
会場:琉球大学 (沖縄県中頭郡西原町字千原1番地)(予定)


発表申込締切: 2013年10月17日(木)
※申込件数が予定していた上限を超過しましたので,15:20で締切ました。
原稿投稿締切: 2013年11月12日(火)

発表申込は投稿システムからお願いします.CE,CLEいずれの窓口からでも申込可
能です.
発表セッション(CE,CLE)をご指定の際は,「研究会への連絡事項」に記載してく
ださい.特に指定が無い場合は,発表内容に応じて適宜こちらでセッション分け
いたします.
(SITE研セッションでのご発表をご希望の方は,SITE研のWebサイトから申込を
行ってください)

※発表申込者多数の場合,先着順で受付を締め切る場合があります.お申し込み
はお早めにお願いいたします.

発表申込・投稿はこちらから:
 https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/CE/ (CE研窓口)
 https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/CLE/ (CLE研窓口)

Webサイト:
CE研: http://ce.eplang.jp/
CLE研: http://sigcle.jp/
IEICE-SITE研:  http://www.ieice.org/~site/

調査研究担当への問い合わせフォーム