第99回オーディオビジュアル複合情報処理研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

【 日時 】 2017年11月30日(木) 9:30 - 17:50
       2017年12月 1日(金) 9:30 - 15:50
【 場所 】
名古屋大学 東山キャンパス C24 ES総合館
       http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/

【 議  題
画像符号化,通信・ストリーム技術,一般

【 共催 】 映像情報メディア学会 放送技術研究会(ITE-BCT)
【 連催 】 電子情報通信学会 通信方式研究会(IEICE-CS)、画像工学研究会(IEICE-IE)

【お知らせ】 11/30(木)の研究会終了後,懇親会を予定しております。


11月30日(木)

■CS(1)(9:30 - 11:10)

(1) /CS 9:30 - 9:55
  IoT通信プラットフォームの要求条件と国際標準化(中間報告)
  ○横谷哲也(金沢工大)

(2) /CS(9:55 - 10:20)
  監視カメラトラヒックの分析と模擬環境の構築
  ○桑原剛希・土屋航輔・表孝治・向井宏明・横谷哲也(金沢工大)

(3) /CS(10:20 - 10:45)
  複数台のRGB-Dセンサによる3Dモデリングシステムのためのカメラ校正
  ○草次良樹・福嶋慶繁(名工大)

(4) /CS(10:45 - 11:10)
  MMTを用いた映像同期ストリーミングシステムの開発
  ○持田康弘・山口高弘・藤井竜也(NTT)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

■招待講演(11:20 - 12:10)
(5) /CS(11:20 - 12:10)
  ・CS研表彰式
  ・[招待講演]超解像技術の限界と監視カメラへの応用
  ○合志清一(工学院大)

−−− 休憩 ( 60分 ) −−−

■特別招待講演(13:10 - 14:00)
(6) /CS(13:10 - 14:00)
  [特別招待講演]全方位FTVの光線空間処理
  ○谷本正幸(名古屋産業科学研)・黒川弘国(会津大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

■BCT(14:10 - 15:00)
(7) /BCT(14:10 - 14:35)
  時空間符号化を適用したSFN方式の伝送特性評価
  ~SFN環境で取得した伝搬路特性を用いた評価~
  ○佐藤明彦・蔀 拓也・竹内知明・岡野正寛・土田健一(NHK)

(8) /BCT(14:35 - 15:00)
  21GHz帯衛星放送中継器を利用した伝送実験への取り組み
  ○長坂正史・中澤 進・筋誡 久・田中祥次(NHK)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

■特別講演(15:10 - 16:00)
(9) /BCT(15:10 - 16:00)
  [特別講演]超高精細度地上テレビジョン放送に向けた周波数有効利用技術の研究開発
  ○土田健一(NHK)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

■IE(16:10 - 17:50)
(10)/IE(16:10 - 16:35)
  テレビ番組を対象とした顔検出と顔認識
  ○河合吉彦・望月貴裕・佐野雅規(NHK)

(11)/IE(16:35 - 17:00)
  RGB色空間におけるクラスタリングを用いた自由視点Visual hullボクセルモデルの高品質化
  ○植本悠介・高橋桂太・藤井俊彰(名大)

(12)/IE(17:00 - 17:25)
  三次元点群の投影画像群の相対的な幾何関係を用いた三次元物体検出
  ○山崎智瑛・杉村大輔・浜本隆之(東京理科大)

(13)/IE(17:25 - 17:50)
  近傍CUの動きベクトル分散を利用したPUインター予測モード高速決定法
  ○飯田拓真・近藤利夫・佐々木敬泰・深澤祐樹(三重大)


12月1日(金)

■招待講演(9:30 - 10:20)

(14)/IE(9:30 - 10:20)
  [招待講演] 計算機アーキテクチャを考慮した高能率画像処理プログラミング
  ○福嶋 慶繁(名工大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

■CS(2)(10:30~12:10)
(15)/CS 10:30 - 10:55
  崖崩れ検知を想定したフィールドセンシングシステムの検討
  ○小川啓吾・金井謙治・甲藤二郎・津田俊隆(早大)

(16)/CS(10:55 - 11:20)
  セルラー通信による4K映像監視を想定したシミュレーションによる品質評価
  ○岡野真由子・坂牛和里・金井謙治・甲藤二郎(早大)

(17)/CS(11:20 - 11:45)
  Performance Evaluation of Centralized Massive MIMO Heterogeneous Network
  using Dynamic Small-cell Base Station Clustering
  ○Wanming Hao・Osamu Muta(Kyushu Univ.)

(18)/CS(11:45 - 12:10)
  OFDM/OQAM信号の部分スクランブルSLMに基づくPAPR低減の検討
  ○景山知哉・岡部俊輝・牟田 修(九大)

−−− 休憩 ( 60分 ) −−−

■特別招待講演(13:10 - 14:00)
(19)/CS(13:10 - 14:00)
  [特別招待講演]ビッグデータからの価値創出を実現する次世代情報検索
  ~AI・IoT技術の発想支援型検索への導入~
  ○長谷山美紀(北大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

■AVM(14:10 - 15:50)
(20)/AVM(14:10 - 14:35)
  加重係数の多項式近似によるセパラブルバイラテラルフィルタリングの高精度化
  ○山下頌太・福嶋慶繁(名工大)

(21)/AVM(14:35 - 15:00)
  EPIの直線構造に基づいた移動平均フィルタによるノイズ除去を組み込んだ ロバストな
  視差推定手法
  ○方便剛・高橋桂太・藤井俊彰(名大)

(22)/AVM(15:00 - 15:25)
  CNNを用いた画風変換による物体検出精度の改善
  ○高橋沙季・金井謙治・竹内健・甲藤二郎(早大)

(23)/AVM(15:25 - 15:50)
  高品質・低通信量な監視映像システムのためのビットレート制御及び鮮明化制御
  ○坂牛和里・金井謙治・甲藤二郎・津田俊隆(早大)


※ 一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分
※ 招待講演:発表 40 分 + 質疑応答 10 分
※ 特別講演:発表 40 分 + 質疑応答 10 分
※ 特別招待講演:発表 40 分 + 質疑応答 10 分
 

発表募集(募集は終了しました)

テーマ画像符号化、通信・ストリーム技術、一般
      マルチメディア情報処理・配信・検索・インタフェース、圧縮・符号化、
      オーディオビジュアル端末、マルチメディア権利処理、コンテンツ制作技術等に
      関わる技術課題 を対象として、研究発表を広く募集いたします

【 共催 】 映像情報メディア学会 放送技術研究会(ITE-BCT)
【 連催 】 電子情報通信学会 通信方式研究会(IEICE-CS)、画像工学研究会(IEICE-IE)

【 日
時 】 2017年11月30日(木)~12月1日(金)
【 場所 】 名古屋大学 東山キャンパス C24 ES総合館
       http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/

【発表申込締切】 2017年9月8日(金) → 19日(火) 23:59 延長しました!

【原稿提出締切】
2017年10月29日(日)23:59 締切厳守
           ※締切日の23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
          締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
          また,フォントの埋め込みがされていないとアラートが出ます.
          お早目にご投稿くださいますようお願い致します.

【発表申込方法】 以下URLの「発表申込」メニューからお申込ください
            https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/avm
           ※【研究会への連絡事項】欄で以下についてご回答ください。
            ・学生セッションの希望について
           ※発表をお申し込みの方は自動的に本研究会のメーリングリストに登録されます。
            登録された方には、研究会の活動や関連情報が電子メールで配布されます。
            登録を希望しない場合には、【研究会への連絡事項】の欄に「メーリングリスト
            を希望しない」旨を記載してください。
 
【原稿枚数】  一般セッション:6ページ以内
        学生セッション:2ページ(最大6ページ)

【問 合 先】  NTT 越智大介 宛
        sig-avm-q3[AT]ipsj-avm-mail.sakura.ne.jp  ※[AT]を@に置き換えてください。

【最新情報】  AVM研究会ホームページ http://avm.ipsj.or.jp/

 

調査研究担当への問い合わせフォーム