第89回オーディオビジュアル複合情報処理研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

★映像情報メディア学会 メディア工学研究会(ME)
 委員長 村上 和人 (愛知県立大),副委員長 長谷山 美紀 (北大)

★映像情報メディア学会 コンシューマエレクトロニクス研究会(CE)
 委員長 南 浩次 (三菱電機),担当幹事 秡川 友宏 (筑波大)

★電子情報通信学会 画像工学研究会(IEICE-IE)
 専門委員長 高村 誠之 (NTT),副委員長 浜本 隆之 (東京理科大), 市ヶ谷 敦郎 (NHK)
 幹事 坂東 幸浩 (NTT), 三功 浩嗣 (KDDI研)
 幹事補佐 宮田 高道 (千葉工大), 高橋 桂太 (名大)

★情報処理学会 オーディオビジュアル複合情報処理研究会(IPSJ-AVM)
 主査 川村 春美 (NTT)
 幹事 石井 大祐 (富士通研), 加藤 晴久 (KDDI), 藤井 寛 (NTT)
 担当運営委員 金井 謙治 (早大), 金井 謙治 (早大), 倉木 健介 (富士通研), 中村 宗広 (金沢工大)

【日 時】
2015年 8月3日(月) 10:30~16:00
【場 所】 首都大学東京 南大沢キャンパス 国際交流会館 大会議室
    (〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1.
     京王線相模原線「南大沢」駅改札口から徒歩約5分.
     http://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/access.html#mapminamiosawa
     システムデザイン学部情報通信システムコース 田川憲男.
     042-677-3001 (国際交流会館フロント))

【共 催】 映像情報メディア学会 コンシューマエレクトロニクス研究会(ITE-CE),メディア工学研究会(ITE-ME)
【連 催】 電子情報通信学会 画像工学研究会(IEICE-IE)

【議 題】
マルチメディア情報処理・配信・検索・インタフェースとその応用,
     およびコンシューマエレクトロニクス,メディアエレクトロニクス,画像工学,一般


8月3日(月)

■セッション1 (10:30~11:45)
(1)/IEICE-IE 10:30 - 10:55
  オブジェクトの顕著性に基づく2重像を軽減したアナグリフ画像の生成手法
  ○小林知愛・亀田昌志・プリマ オキ ディッキ アルディアンシャー(岩手県立大)

(2)/IEICE-IE 10:55 - 11:20
  セキュアな生体認証のためのランダム・ユニタリ行列の検討
  ○斉藤裕子・中村維吹・塩田さやか(首都大東京)・外村喜秀(NTT)・貴家仁志(首都大東京)

(3)/IEICE-IE 11:20 - 11:45
  動画を用いた顔認証における認証時間間隔に関する検討
  ○大関和夫・青山亮太・平川 豊(芝浦工大)

--- 休憩 ( 75分 ) ---

■セッション2 (13:00~14:15)
(4)/IEICE-IE 13:00 - 13:25
  ロスレス圧縮を可能とする画像の暗号化法
  ○栗原健太・塩田さやか・貴家仁志(首都大東京)

(5)/ITE-ME 13:25 - 13:50
  HDR画像のビット深度スケーラブル符号化
  ○木下裕磨・鈴木 亮・土橋俊之・貴家仁志(首都大東京)

(6)/AVM 13:50 - 14:15
  大規模フィールド実験に基づく無線環境下の映像配信特性評価
  ○金井謙治・武藤健史・甲藤二郎(早大)・山村新也・古殿知之(富士通九州ネットワークテクノロジーズ)
  ・齋藤孝文・三上博英・草地薫・津田俊隆・亀山渉・朴容震・佐藤拓朗(早大)

--- 休憩 ( 15分 ) ---

■AVM学生セッション (14:30~14:55)
(7)/AVM 14:30 - 14:55
  3次元点群からのマルチスケール特徴抽出法に関する検討
  ○早田赳・岩切宗利(防衛大学校)

--- 休憩 ( 5分 ) ---

■AVM賞受賞式+最優秀賞記念講演 (15:00~16:00)
(8)/AVM 15:00 - 16:00
  2014年度AVM研究会最優秀賞受賞記念講演
  「バイナリ特徴を用いた視点変化に頑健な三次元物体の姿勢推定手法」
  ○小林達也(KDDI)


一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分

 

発表募集

標記研究会を下記の通り開催いたします。下記テーマにつき講演を募集しますので、奮ってご応募ください。
また、今回の研究会では通常の研究会に加え、学生の皆様(特に、今年度研究室に配属された方、大学院に進学された方)を主な対象として、学生セッションを開催致します。本学生セッションでは、研究についてのアイディアや、これまでの研究の成果とこれからの方向性についてなど、通常の研究会よりも少ない原稿枚数でも受け付けることで、今後の研究に役立つ幅広い議論ができればという趣旨の下開催されます。学生の皆様におかれましては、この機会に研究会への参加をご検討頂けますと幸いです。

【テーマ】 マルチメディア情報処理・配信・検索・インタフェースとその応用,
      およびコンシューマエレクトロニクス,メディアエレクトロニクス,画像工学,一般

【共 催】 映像情報メディア学会 コンシューマエレクトロニクス研究会(ITE-CE),メディア工学研究会(ITE-ME)
【連 催】 電子情報通信学会 画像工学研究会(IEICE-IE)

【日 時】
2015年 8月3日(月)~8月4日(火)
【場 所】 首都大学東京 南大沢キャンパス

【特別講演】
未定

【発表申込方法】 以下URLの「発表申込」メニューからお申込ください
             https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/avm
            ※【研究会への連絡事項】欄で以下についてご回答ください。
              ・学生セッションの希望について
            ※発表をお申し込みの方は自動的に本研究会のメーリングリストに登録されます。
             登録された方には、研究会の活動や関連情報が電子メールで配布されます。
             登録を希望しない場合には、【研究会への連絡事項】の欄に「メーリングリストを
             希望しない」旨を記載してください。

【講演申込締切】 2015年5月25日(月) → 6月1日(月)23:59 延長しました!

【原稿提出締切】 2015年7月2日(木)23:59 締切厳守
            ※23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
           締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
           また,フォントの埋め込みがされていないとアラートが出ます.
           お早目にご投稿くださいますようお願い致します.

【原稿枚数】 一般セッション:6ページ以内
       学生セッション:2ページ以内(最大6ページ)

【問 合 先】 富士通研究所 石井大祐 宛
       E-mail: d.ishii[AT]jp.fujitsu.com     ※[AT]を@に置き換えてください。

【最新情報】 AVM研究会ホームページ http://www.ams.giti.waseda.ac.jp/avm/
 

調査研究担当への問い合わせフォーム