第214回システム・アーキテクチャ研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

★情報処理学会 システム・アーキテクチャ研究会(ARC)
 主査  五島 正裕
 幹事  小野 貴継・近藤 正章・長谷川 揚平・三輪 忍

★電子情報通信学会 コンピュータシステム研究会(IEICE-CPSY)
 専門委員長  中島 康彦   副委員長  中野 浩嗣・入江 英嗣
 幹事  三吉 貴史・鯉渕 道紘 幹事補佐  大川 猛・高前田 伸也

日 程 : 2016年10月06日(木)
会 場 : 幕張メッセ国際会議場 1F 104号室(CEATEC JAPAN 2016 内)
     http://www.m-messe.co.jp/
概 要 : CEATEC2016開催中の幕張メッセ国際会議場にて、デモおよびポスター形式による
    「萌芽的コンピュータシステム研究展示会」をIEICE-CPSYとの連催により開催いたします。

■ポスタ・デモセッション(10:00 - 16:00)

(1) 酸化物半導体シナプス素子を用いた自己学習アナログ型ホップフィールドネットワーク
  ○亀田友哉(奈良先端大)・木村 睦(龍谷大)・中島康彦(奈良先端大)

(2) 深度カメラを利用した直感的な文字入力インターフェースの提案
  ○土井秀信・入江英嗣・坂井修一(東大)

(3) セキュアプロセッサを用いたマルチプロセッサシステムの設計
  ○梶原拓也・宮永瑞紀・入江英嗣・坂井修一(東大)

(4) 小規模IoT機器向けマイクロプロセッサPilafのためのマクロアセンブラの開発
  ○寺本圭吾・胡濱良樹・窪田昌史・谷川一哉・弘中哲夫(広島市大)

(5) A GPU Implementation of Eigenvalue Computation for a Large Number of Matrices
  Hiroki Tokura・○Takumi Honda・Yasuaki Ito・Koji Nakano・
  Mitsuya Nishino・Yushiro Hirota・Masami Saeki(Hiroshima Univ.)

(6) A Loss-Less Data Compression Algorithm for GPUs
  ○Shunji Funasaka・Koji Nakano・Yasuaki Ito(Hiroshima Univ.)

(7) FPGAとカメラ画像を用いた802.11ah物理層の動作検証システム
  ○加藤大真・トラン ティ ホン・中島康彦(奈良先端大)

(8) ライトフィールド動画の符号化配信ソリューションの検討
  ○嶋谷 知・三谷剛正・中島康彦(奈良先端大)

(9) interconnected-FPGAによる並列分散集約システム
  川原尚人・吉見真聡・策力木格・吉永 努(電通大)

(10)Androidクラスタにおける動的構成変更に伴うタスク再配置と通信の効率化
  ○澤田祐樹・重信晃太・杉山裕紀・大津金光・横田隆史・大川 猛(宇都宮大)

(11)IoT機器に向けた不揮発性メモリセキュリティ技術の提案 
  ~ メモリ内蔵MCUおよび汎用プロセッサ向けの保護機構 ~
  ○橋本幹生・天沼佳幸・梅澤健太郎・小池竜一・金井 遵・山田菜穂子(東芝)

(12)ディープラーニング向けアクセラレータアーキテクチャのFPGA実装
  ○林 遼・森下 真幸・高田 遼・坂本 龍一・近藤 正章・中村 宏(東京大学)

(13)津波シミュレーション専用計算機のルーフラインモデルと次世代FPGAの性能評価
  ○長洲 航平・佐野 健太郎(東北大学)

(14)LinuxにおけるI/Oプロトコルスタックの改良動向と共有ストレージ装置における性能評価
  ○佐藤 功人・近藤 雄樹・清田 雄策((株)日立製作所)

□表彰式(16:30 - 17:00)

 

発表募集(募集は終了しました)

***********************************************************************
萌芽的コンピュータシステム研究展示会2016 (CEATEC2016連携企画)
発表募集

電子情報通信学会  コンピュータシステム研究会(CPSY)
情報処理学会 システム・アーキテクチャ研究会(ARC)
************************************************************************

★情報処理学会 システム・アーキテクチャ研究会(ARC)
 主査  五島 正裕
 幹事  小野 貴継・近藤 正章・長谷川 揚平・三輪 忍

★電子情報通信学会 コンピュータシステム研究会(IEICE-CPSY)
 専門委員長  中島 康彦   副委員長  中野 浩嗣・入江 英嗣
 幹事  三吉 貴史・鯉渕 道紘 幹事補佐  大川 猛・高前田 伸也

○概要:
CEATEC2016開催中の幕張メッセ国際会議場にて、デモおよびポスター形式による「萌芽的コンピュータシステム研究展示会」をIEICE-CPSYとの連催により開催いたします。大学、企業、一般来場者の交流・連携を目的として、研究中のシステムやアプリケーションによるデモ展示を特に歓迎します。

○日 程 : 2016年10月06日(木)

○会 場 : 幕張メッセ国際会議場 1F 104号室(CEATEC JAPAN 2016 内)
      http://www.m-messe.co.jp/

○発表申込締切 : 2016年 8月12日(金) → 22日(月)17:00 延長しました!

○最終原稿締切 : 2016年 9月 5日(月) 17:00
       ※締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
        また,フォントの埋め込みがされていないとアラートが出ます.
        お早目にご投稿くださいますようお願い致します.
 
○発表申込:
 ARC、CPSYのいずれの研究会を主体とするかによって申込方法が異なります。
  - ARCでの申し込み   https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/ARC/
  - CPSYでの申し込み http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-CPSY

○ARCを主体に発表される場合の注意事項
  1. 発表形態について
    - 今回の研究発表会は、ポスターおよびデモの受付となっております。

  2. 予稿について
    - 情報処理学会規定のフォーマットで1ページ以上を入稿下さい。
    - 展示されるポスター等とは別にご用意ください。

  3. 申込件数の上限について
    - 会場の広さに限りがございますため、多数のお申込をいただいた場合は一部のご発表をお断り
     させていただく場合がございます。

  4. 発表の設備について
    - 各発表につき、ポスターボードをご用意いたします。
    - デモ展示にはポスタボードのほか、長机と電源をご用意いたします。
    - デモの関係で目安(*)を超えるスペースや電源容量が必要となる場合、申込時に「連絡事項」欄
     から詳細をお知らせください。
     (*)スペースの目安=幅2m×奥行き1m, 電源容量の目安=100W
○照会先:
 IPSJ-SIGARC幹事  長谷川 揚平(東芝)   E-mail: yohei.hasegawa “at” toshiba.co.jp
 IEICE-CPSY副委員長  入江 英嗣(東京大学)   E-mail: irie “at” mtl.t.u-tokyo.ac.jp
 

調査研究担当への問い合わせフォーム