第204回計算機アーキテクチャ研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

情報処理学会 計算機アーキテクチャ研究会(ARC)
主 査
: 五島 正裕
幹 事: 小野 貴継・津邑 公暁・三輪 忍・山下 浩一郎

日 程: 2014年10月06日(月)~ 07日(火)
場 所: ホテルニューツルタ(大分県別府市北浜1-14-15)
    大分空港からリムジンバス40分。「別府北浜」下車1分。
    JR 日豊本線 別府駅から徒歩 8分。
    http://www.newtsuruta.com/index.html

10月6日(月)

■ 10:00 - 11:00 メモリアーキテクチャ(座長:山下 浩一郎(富士通研))
( 1)GC実行時の高速なコンパクションを可能にするハードウェア支援手法の検討
      井手上 慶,河村 慎二,津邑 公暁(名工大)

( 2)プリフェッチ精度に基づくキャッシュライン保持手法
      力 翠湖,吉見 真聡,吉永 努,入江 英嗣(電通大)

■ 11:15 - 12:45 ポスターのないポスターセッション(座長:津邑 公暁(名工大))
( 3)Zynqを用いた精度低下検出機能付き浮動小数点演算器の実装と評価
      安仁屋 宗石,金子 啓太,北村 俊明(広島市大)

( 4)モデル予測制御向け投機的メニーコア実行法の実装に向けて
      藤井 卓,井上 弘士(九大)

( 5)簡便な並列アプリケーションプログラム電力性能最適化手法
      稲富 雄一,井上 弘士(九大/JST),阿部 祐希(九大)

( 6)単一磁束量子回路を用いた超高速マイクロプロセッサの実現に向けて
      津秦 伴紀,井上 弘士(九大)

( 7)ソースコード移植を伴わないGPU性能推定手法に関する研究
      岡 慶太郎,井上 優良,井上 弘士(九大)

( 8)大規模センサネットワークのアーキテクチャ探索環境
      山下 浩一郎,鈴木 貴久,栗原 康志(富士通研)

( 9)OSCARコンパイラを用いたH.264/AVCデコーダのAndroidマルチコアでの低消費電力化
      飯塚 修平,山本 英雄,平野 智大,後藤 隆志,見神 広紀(早大),
      高橋 宇一郎,井上 栄(富士通),高村 守幸(富士通研),木村 啓二,笠原 博徳(早大)

(10)STRAIGHTシミュレータによるループ実行の評価
      佐保田 誠,山中 崇弘,吉見 真聡,吉永 努,入江 英嗣(電通大)

■ 13:45 - 14:45 革新的アーキテクチャ(座長:小野 貴継(富士通研))
(11)ARM型スーパスカラプロセッサにおける自動メモ化機構の実装と評価
      柴田 裕貴,津村 高範,津邑 公暁(名工大),中島 康彦(奈良先端大)

(12)回路資源の投入により電力効率を改善するプロセッサ・アーキテクチャ
      三輪 忍(東大),塩谷 亮太(名大),佐々木 広(コロンビア大)

■ 15:00 - 17:45 招待講演 3件(座長:五島 正裕(NII),三輪 忍(東大))
   『次世代不揮発メモリのインパクト ~ アーキテクトは今,何を考えるべきか?』

(13)CAAC-OS(酸化物半導体)を用いた不揮発性メモリ
      石津 貴彦(半導体エネルギー研究所)

(14)垂直磁化STT-MRAMを用いたノーマリオフコンピューティング
      野口 紘希(東芝)

(15)Emerging Memory 新規アプリケーションの必要性
      筒井 敬一(ソニー)

□ 18:00 - 懇親会


10月7日(火)

■ 09:30 - 11:00 マイクロアーキテクチャ(座長:荒川 文男(名大))

(16)仮想リオーダ・バッファ方式における性能改善技術
      蘇 翰,塩谷 亮太,安藤 秀樹(名大)

(17)ブルーム・フィルタを用いたメモリ・アクセス順序違反検出機構
      倉田 成己(東大),塩谷 亮太(名大),五島 正裕(NII),坂井 修一(東大)

(18)レジスタ・キャッシュ・システムにおけるレジスタ・ファイルのマルチ・バンク化
      山田 淳二,倉田 成己(東大),塩谷 亮太(名大),五島 正裕(NII),坂井 修一(東大)

■ 11:15 - 12:15 シミュレーション(座長:津邑 公暁(名工大))
(19)大規模センサネットワークのアーキテクチャ探索環境の実装と評価
      栗原 康志,鈴木 貴久,山下 浩一郎(富士通研)

(20)帰納的なシミュレーション・ポイント選出手法の改良
      福田 隆,倉田 成己(東大),五島 正裕(NII),坂井 修一(東大)


 

発表募集(募集は終了しました)

*******************************************************************
第204回 計算機アーキテクチャ研究会(ARC)
論文募集のお知らせ
*******************************************************************

情報処理学会 計算機アーキテクチャ研究会(ARC)
   主査:五島 正裕 幹事:小野 貴継・津邑 公暁・三輪 忍・山下 浩一郎

今回は新たな試みとして、「ポスターのない」ポスターセッションを開催します。
このセッションは、基本的には従来のポスターセッションと同じですが、ポスターの作成・運搬・掲示に要する諸々の手間を省き、ノート PC やタブレットなどを用いて、ホットな研究を熱いうちに紹介、議論していただくものです。
思い付き~グラフがない段階の研究など,お気軽にご発表ください。
また、一般発表の申込〆切に間に合わなかった場合にも、このセッションには申し込みいただけます。
別府湾を一望するロケーションにある会場ホテルをほぼ貸切っての合宿形式の研究会となっています。大学・企業の研究者との交流を深め、アーキテクチャについてのより密度の高い議論を目指します。
皆様の積極的な投稿、参加をお待ちしております。

テーマ: 計算機アーキテクチャ一般

発表
  • 一般発表セッション
    通常の論文投稿によるオーラル発表(発表時間:20分+質疑応答10分)

  • 「ポスターのない」ポスターセッション
    基本的には従来のポスターセッションと同じですが、掲示用ポスターの作成に要する手間を省き、
    ノート PC やタブレットなどを用いて、発表・議論していただくものです。
    ポスターのないポスターセッションについて

日 程: 2014年10月6日(月)~ 7日(火)
場 所: ホテルニューツルタ(宿泊斡旋あり)(大分県 別府市 北浜)
    大分空港からリムジンバス40分。「別府北浜」下車1分。
    JR 日豊本線 別府駅から徒歩 8分。
    http://www.newtsuruta.com/index.html

重要日程
  • 一般発表 申込〆切:2014/ 8/ 8(金) 23:59 JST
         論文〆切:2014/ 9/ 5(金) 23:59 JST
  • ポスター  申込〆切:2014/ 9/ 3(水) 23:59 JST

発表申込:
   下記 URL よりお申し込みください。なお、日程の都合により、登録会員優先、先着順等で、
   発表件数を限らせていただくこともございます。予めご了承下さい。
   https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/ARC/

※ 発表申込の際、「研究会への連絡事項」欄で以下の3点についてご回答ください
  1. 発表形式(一般 / ポスター)
    必須選択となります。
  2. ARC 若手賞対象 (Yes/No)
    「計算機アーキテクチャ研究会若手奨励賞」†の対象者(35才以下)か.
    記載がない場合、審査対象から外れる場合があります.
  3. 発表撮影可(Yes/No)
    研究会当日の発表(スライド等)の,静画・動画の撮影の可否.
    記載がない場合、撮影は原則不可とします.
 †「計算機アーキテクチャ研究会若手奨励賞」
   表彰規定:http://sigarc.ipsj.or.jp/award/rule/

懇親会・宿泊斡旋申込:

   発表、聴講される方で、懇親会・宿泊斡旋希望の方は下記URLよりお申し込みください。
   部屋数に限りがありますので、基本的には先着順となります。お早目の申込をお願いいたします。
   (申込〆切:2014年9月5日(金) 23:59JST)
   http://sigarc.ipsj.or.jp/social/

照会先:
   津邑公暁(名工大) tsumura”at”computer.org (論文)
   山下浩一郎(富士通研) yamashita.ko-05”at”jp.fujitsu.com (LA)




 

調査研究担当への問い合わせフォーム