第201回計算機アーキテクチャ研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

★計算機アーキテクチャ研究会(IPSJ-ARC)
 主査 佐藤 寿倫 (福岡大学)
   幹事 甲斐 康司 (パナソニック), 木村 啓二 (早大), 津邑 公暁 (名工大), 山下 浩一郎 (富士通研)

★集積回路研究会(IEICE-ICD)
   専門委員長 山村 毅 (富士通研)  副委員長 藤島 実 (広島大)
   幹事 松岡 俊匡 (阪大), 渡辺 理 (東芝)
   幹事補佐 菊地 克弥 (産総研), 吉田 毅 (広島大), 土谷 亮 (京大), 範 公可 (電通大)

日 時 : 2014年 3月 6日(木) 14:25~17:15
               2014年 3月 7日(金) 09:45~15:30

会 場  : 名古屋大学 環境総合館3F 第2講義室
             (〒464-8601 名古屋市千種区不老町.
               http://www.env.nagoya-u.ac.jp/contact/map.html
               嶋田 創 (名古屋大学 情報基盤センター 准教授).052-789-4390)

共 催
 : IEEE SSCS Japan/Kansai Chapter
協 賛 : ISITカーエレクトロニクス研究会、名古屋大学情報基盤センター

議 題 : 集積回路とアーキテクチャの協創 「カーエレクトロニクス技術および一般」

3月6日(木)

□開会挨拶 (14:25~14:30)

■実行効率化 (14:30~16:00)   座長:山下 浩一郎(富士通研)

(1) 14:30 - 15:00
      浮動小数点演算における桁落ちを対象とした有効桁数追跡アルゴリズムの検討と評価
      ○安仁屋宗石, 北村俊明 (広島市立大学)

(2) 15:00 - 15:30
      不正侵入検知システムにおけるマルチコア上でのシグネチャ割当によるレイテンシ削減手法
      ○山田正平, 見神広紀, 木村啓二, 笠原博徳 (早稲田大学)

(3) 15:30 - 16:00
      小ポイントFFTのマルチコア上での自動並列化手法
      ○古山祐樹, 見神広紀, 木村啓二, 笠原博徳 (早稲田大学)

--- 休憩 ( 15分 ) ---

■招待講演1 (16:15~17:15)   座長:小野 貴継(富士通研)
(4) 16:15 - 17:15
      [招待講演] 車載電子制御装置(ECU)のモデルベース開発(MBD)環境の現状と今後
      ○村上和彰 (九州大学/公益財団法人九州先端科学技術研究所)


3月7日(金)

■メモリとプリフェッチ (09:45~10:45) 座長:宮崎 昭彦(NTTマイクロシステムインテグレーション研)

(5) 09:45 - 10:15
      メモリアクセス履歴を波形解析することによるデータプリフェッチの検討
      ○花田高彬 (九州大学 大学院システム情報科学府), 村上和彰 (九州大学 大学院システム情報科学研究院)

(6)/ICD 10:15 - 10:45
      次元数の異なるアプリケーションに柔軟に適用可能な並列型ユークリッド距離検索連想メモリ
      ○赤澤智信・Hans Juergen Mattausch(広島大)

--- 休憩 ( 15分 ) ---

■招待講演2 (11:00~12:00)    座長:甲斐 康司(パナソニック)
(7) 11:00 - 12:00
      [招待講演] 自動運転技術の開発動向と実用化に向けた課題
      ○青木啓二 (一般財団法人 日本自動車研究所)

--- 昼食 ( 60分 ) ---

■招待講演3 (13:00~14:00)   座長:鳥居 淳(トプスシステムズ)

(8)/ICD 13:00 - 14:00
     [招待講演]車載組込みシステムの現状と今後の展開
      ○高田広章(名大)

--- 休憩 ( 15分 ) ---

■アーキテクチャ (14:15~15:15)   座長:伊藤 真紀子(富士通研)
(9) 14:15 - 14:45
      An Asynchronous Commit DMR Architecture for Aggressive Low-Power Fault Toleration
      ○Yuttakonkit Yuttakon, Yao Jun, Nakashima Yasuhiko (NAIST)

(10)14:45 - 15:15
      バッファの動的制御機構を有する仮想出力キューイング方式オンチップルータ
      ○松村将嘉, 中野秀洋, 宮内新 (東京都市大学)

□閉会挨拶 (15:15~15:30)


一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 10 分

◎1日目研究会終了後、懇親会を予定しております。
  参加を希望される方は以下のフォームよりお申し込み下さい。
  会 場 : レストラン花の木(大学構内)
            (地図 http://web-honbu.jimu.nagoya-u.ac.jp/fmd/image/index_image/HigashiyamaAmenityMap.pdf)
  会 費 : 一般 4,000円、 学生 3,000円
  事前受付締切 : 2/26(水)17時
  申し込み : http://sigarc.hpcc.jp/apply.cgi?id=ARCICDSE201

☆IPSJ-ARC研究会の今後の予定 [最新情報はこちら:http://sigarc.hpcc.jp/]
   202回研究会 4月または5月で調整中、沖縄:IPSJ-OSと共催
   203回研究会 7月28日~7月30日、新潟市朱鷺メッセ:SWoPP

【問合先】 甲斐 康司 (パナソニック) kai.kj "at" jp.panasonic.com
 

発表募集(募集は終了しました)

*******************************************************************
        第201回 計算機アーキテクチャ研究会、集積回路研究会 (連催)
        論文募集のお知らせ
*******************************************************************

情報処理学会 計算機アーキテクチャ研究会(ARC)
   主査:佐藤 寿倫
   幹事:甲斐 康司・木村 啓二・津邑 公暁・山下 浩一郎
   本研究会担当:甲斐 康司

電子情報通信学会 集積回路研究会(ICD)
   専門委員長 山村 毅
   副委員長 藤島 実
   幹事 松岡 俊匡・渡辺 理
   幹事補佐 菊地 克弥・吉田 毅・土谷 亮・範 公可
   アーキテクチャTPCチェア 鳥居 淳

テーマ: 集積回路とアーキテクチャの協創 「カーエレクトロニクス技術および一般(仮)」
日 程
: 2014年3月6日(木)~ 7日(金)
場 所: 名古屋大学 環境総合館
           〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町
           http://www.env.nagoya-u.ac.jp/contact/map.html

発表申込方法
   ※ARC、ICDのどの研究会を主体とするかによって申し込み方法が異なります。

      ・ARCでの申し込み
       https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/ARC/
      ・ICDでの申し込み
       http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-ICD

       なお、申し込んだ研究会にかかわらず、関連するテーマによってプログラムセッションを構成する予定です。

発表申込締切: 2014年1月10日(金) → 17日(金)17:00締切
最終原稿締切: 2014年2月3日(月)23:59締切
                          ※23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
                             締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.

原稿推奨ページ数:6~8ページ

懇親会:3月6日の研究会終了後に予定しています

照会先

        ARC幹事 甲斐 康司(パナソニック) E-mail: kai.kj "at" jp.panasonic.com
        ICD幹事 渡辺 理(東芝) E-mail: osamu7.watanabe "at" toshiba.co.jp

・ARC研究会ウェブページ:http://sigarc.hpcc.jp/

調査研究担当への問い合わせフォーム