第150回アルゴリズム研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

★回路とシステム研究会(CAS)
   専門委員長 金子 美博 (岐阜大)  副委員長 田中 聡 (村田製作所)
   幹事 篠宮 紀彦 (創価大), 山脇 大造 (日立)
   幹事補佐 越田 俊介 (東北大)

★システム数理と応用研究会(MSS)
   専門委員長 中村 祐一 (NEC)  副委員長 山根 智 (金沢大)
   幹事 山口 真之介 (九工大), 中田 充 (山口大)
   幹事補佐 西脇 大輔 (NEC)

★アルゴリズム研究会(IPSJ-AL)
   主査:上原隆平(北陸先端大)
   幹事:岡本吉央(電通大), 内澤 啓(山形大), 山内由紀子(九大)

日  時 : 2014年11月20日(木) 10:00~17:10
               2014年11月21日(金) 09:30~15:40

会  場 : 大濱信泉記念館(石垣島)
              (沖縄県石垣市登野城2-70.
                石垣島の市内中心部730交差点より空港方面(東)に徒歩3分ほどのところ。
                http://ohamanobumoto.com/

議  題 : グラフ、ペトリネット、ニューラルネット及び一般

11月20日(木)

■CAS1(10:00~11:00)

(1)/CAS 10:00 - 10:20
      CPG回路を用いた四肢歩容walk,trot,boundの切り替えの試み
      ○小島 颯・丸山陽央(新潟大)・市村智康(小山高専)・前田義信(新潟大)

(2)/CAS 10:20 - 10:40
      路地でのすれ違いに対するヒトの行動選択に関する調査
      ○横川京平・谷 賢太朗(新潟大)・小西孝史(富山短大)・前田義信(新潟大)

(3)/CAS 10:40 - 11:00
      デジタル補聴器用DSPを対象とした非同期式直列乗算器の一構成法
      ○近藤真史・岡本大地(川崎医療福祉大)・佐藤洋一郎・横川智教・有本和民(岡山県立大)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

■MSS1(11:10~12:10)

(4)/MSS 11:10 - 11:30
      ペトリネットによる空港面交通流のモデル化と混雑状態シミュレーション
      ○上原健嗣・小林孝一・平石邦彦(北陸先端大)

(5)/MSS 11:30 - 11:50
      エレベーター制御のコントローラプログラミングのためのシステムモデルからSequential Function Chart
      への自動変換ツール
      ○塚本達也・高橋宏治(東工大)

(6)/MSS 11:50 - 12:10
      エレベーターのピーク電力抑制と利便性を両立する制御手法における乗客個人の快適度変化とその改善方針
      ○秋山雪菜・高橋宏治(東工大)

--- 昼休み ( 80分 ) ---

■IPSJ-AL1(13:30~14:50)
(7) 13:30 - 13:50
      組み合わせ論的 MTS 問題
      中薗拓巳・瀧本英二・畑埜晃平(九州大)

(8) 13:50 - 14:10
      Online Steiner Trees on Outerplanar Graphs
      Matsubayashi Akira (Kanazawa Univ)

(9) 14:10 - 14:30
      Online scheduling of precedence-constrained jobs on a single machine
      藤田隆寛・畑埜晃平・来嶋秀治・瀧本英二(九州大)

(10)14:30 - 14:50
      移動ビザンチン故障の移動性とビザンチン合意問題の困難さ
      佐々木徹・山内由紀子・来嶋秀治・山下雅史(九州大)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

■CAS2(15:00~16:00)
(11)/CAS 15:00 - 15:20
      Harmonious Coloring of Caterpillars
      ○Asahi Takaoka・Shingo Okuma・Satoshi Tayu・Shuichi Ueno(Tokyo Tech)

(12)/CAS 15:20 - 15:40
      On the Bipartite Dense Subgraph Problem
      ○Satoshi Tayu・Asahi Takaoka・Dai Ito・Shuichi Ueno(Tokyo Tech)

(13)/CAS 15:40 - 16:00
      遅延耐性ネットワークにおける端末の行動変化を考慮した情報滞留の考察
      ○御船雄太・宮北和之・中野敬介(新潟大)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

■MSS2(16:10~17:10)

(14)/MSS 16:10 - 16:30
      分散シンプレックス法を用いた発電機起動停止計画問題の最適化
      ○浅井俊紀・林 直樹・高井重昌(阪大)

(15)/MSS 16:30 - 16:50
      収束性を考慮した平均合意ダイナミクスの検討
      ○野村健二・林 直樹・高井重昌(阪大)

(16)/MSS 16:50 - 17:10
      事象と状態の観測に基づく非決定離散事象システムの分散型模倣制御
      ○星野正法・高井重昌(阪大)

□懇親会


11月21日(金)

■IPSJ-AL2(09:30~10:50)

(17)09:30 - 09:50
      splitグラフ上の全域木混雑度問題に対するLP緩和に基づく乱択2近似アルゴリズム
      久保浩平・山内由紀子・来嶋秀治・山下雅史(九州大)

(18)09:50 - 10:10
      Interference-free memory assignment in multi-core chips is NP-hard
      ChenYi-jung (National Chi Nan Univ)・Korman Matias (NII)・
      Roeloffzen Marcel・Tokuyama Takeshi (Tohoku Univ)

(19)10:10 - 10:30
      次数制約のあるグラフ有向化問題の計算複雑さについて
      朝廣雄一(九産大)・ジャンソン ジェスパー(京都大)・宮野英次(九工大)・小野廣隆(九州大)

(20)10:30 - 10:50
      Enumeration, Counting, and Random Generation of Ladder Lotteries
      山中克久(岩手大)・中野眞一(群馬大)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

■CAS3(11:00~12:00)
(21)/CAS 11:00 - 11:20
      The location of sinks with min-max relay numbers in sensor network structure
      Yuuhei Ishii・○Yoshihiro Kaneko(Gifu Univ.)

(22)/CAS 11:20 - 11:40
      On composing a robust tree against single-link failure in a network with reliability of links
      ○Genya Ishigaki・Norihiko Shinomiya(Soka Univ.)

(23)/CAS 11:40 - 12:00
      枝使用率に基づくフロー平滑制御に与えるタイセット分布の影響について
      ○山田正史・石垣原野・篠宮紀彦(創価大)

--- 昼休み ( 90分 ) ---

■MSS3(13:30~14:30)
(24)/MSS 13:30 - 13:50
      強化学習を用いた離散事象システムのLLPスーパバイザ制御について
      ○梅本 聖・山崎達志(摂南大)

(25)/MSS 13:50 - 14:10
      東洋医学に基づいた五臓六腑と経絡のペトリネットモデルの提案
      ○葛 崎偉・前阪美紗都(山口大)・呉 靭(山口短大)・中田 充(山口大)

(26)/MSS 14:10 - 14:30
      言語系統樹の自動構築手法についての調査
      ○呉 靭(山口短大)・松浦佑哉・松野浩嗣(山口大)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

■IPSJ-AL3(14:40~15:40)
(27)14:40 - 15:00
      Efficient Construction of Spanners and BFS-trees for Disk Transmission Graphs
      Haim Kaplan (Tel Aviv Univ)・Wolfgang Mulzer (FU Berlin)・
      Liam Roditty (Bar Ilan Univ)・Paul Seiferth (FU Berlin)

(28)15:00 - 15:20
      Algorithmic Aspects of the Colorful Caratheodory Theorem
      Wolfgang Mulzer・Yannik Stein (FU Berlin)

(29)15:20 - 15:40
      New Algorithms and Lower Bounds for the Frechet Distance
      Karl Bringmann (Tel Aviv Univ)・Wolfgang Mulzer (FU Berlin)


※一般講演:発表 15 分 + 質疑応答 5 分

◆IEEE Circuits and Systems Society Japan Chapter(IEEE CASS JC)協賛

◎20日(1日目)研究会終了後、懇親会を予定していますので是非御参加ください。
 

発表募集(募集は終了しました)

日  程  : 2014年 11月 20日(木)~21日(金)
会  場  : 大濱信泉記念館(〒907-0004 沖縄県石垣市登野城2-70)
交通案内 :  http://ohamanobumoto.com/2011/09/access/

発表申込締切 : 2014年 9月12日(金)23時59分


原稿提出締切 : 2014年10月20日(月)23時59分締切厳守
                        ※23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
                           締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.

発表申込方法 :
              以下のURLの「発表申込」メニューよりお申込ください.
              https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/AL/

              ※申込みフォームの「研究会への連絡事項欄」に以下についてご入力ください.
              (1)生年月:19__年__月
              (2)ショートトークを希望:する/しない
              (3)発表にOHPを使用:する/しない
              (4)発表時間に特別のご希望があれば明記下さい.

               * 発表者生年月は受賞候補者選考等に必要な場合がありますのでご協力願います.
               * 申請がない場合,基本的にOHPは用意しません.プロジェクタは用意します.
               * 講演時間についてご希望がありましたら,お書き添えください.

 

調査研究担当への問い合わせフォーム