第146回アルゴリズム研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

日  程 : 2014年 1月30日(木)~31日(金)
会  場 : 函館市民会館 大会議室
住  所 : 〒042-0932 函館市湯川町1-32-1
交通案内: http://www.zaidan-hakodate.com/kaikan/access.html
備  考 : 人工知能学会 人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)との共催です.

1月30日(木) (13:00~17:45 (受付 12:30~))

[13:00-13:05] □開会

[13:05-14:20] ■Session 1 (マイニング,一般発表1(3件))

(1) 可変長トランザクションからなるストリーム上のオンライン型アイテムマイニング
       ○福田翔士(山梨大),岩沼宏治(山梨大),山本泰生(山梨大)

(2) 負の相関ルールを抽出する高速トップダウン型アルゴリズム
       ○井出典子(山梨大),岩沼宏治(山梨大),山本泰生(山梨大)

(3) 頻出文字列マイニングに対する新しいアプローチ
       ○宇野毅明(NII),梅森十三(藤田衛生保健大),小出剛(国立遺伝学研)

[14:25-15:25] ■Session 2 (招待講演1(1件))

(4) 画像からの全文検索とその高速化
       寺沢憲吾(はこだて未来大)

[15:35-16:25] ■Session 3 (整数計画,一般発表2(2件))

(5) 大規模な集合分割問題に対する局所探索法
       ○梅谷俊治(阪大)

(6) 整数計画法による有向ハイパーグラフ上の最短経路問題の解法
       ○今井達也(東工大)

[16:30-17:45] ■Session 4 (組合せ最適化,一般発表3(3件))

(7) 二端子直並列グラフにおける影響最大化頂点集合発見アルゴリズム
       ○田畑公次(北大),中村篤祥(北大),工藤峰一(北大)

(8) 交互劣モジュラ最小化アルゴリズムとその応用
       ○河原吉伸(阪大),永野清仁(未来大),R.Iyer(UW),J.A.Bilmes(UW)

(AL)(9)On the Complexity of Finding a Largest Common Subtree of Bounded Degree
       阿久津達也(京大),○田村武幸(京大),M.Avraham(Ben-Gurion Univ. of the Negev),高須淳宏(NII)

[18:30~] □懇親会


1月31日(金) (9:00~16:35)

[9:00-9:50] ■Session 5 (応用,一般発表4(2件))

(10)種々のカーネルによるインフルエンザウイルスの地域間遷移解析
       ○中田大貴(九工大),濵田一青(九工大),島田昴治(九工大),平田耕一(九工大)

(11)Twitterを用いた中規模構造の解析によるマイクロクラスタリングの性能評価
       ○中原孝信(NII),前川浩基(NII),宇野毅明(NII),羽室行信(関西学院大)

[9:55-10:55] ■Session 6 (招待講演(1件))

(12)グラフ構造上の離散凸関数とその応用
       平井広志 (東大)

[11:05-12:20] ■Session 7 (SAT/BDD,一般発表2(3件))

(13)大規模SAT問題における効率的な非ゼロフーリエ係数の数え上げ
       ○宮城智輝(山梨大),山本泰生(山梨大),岩沼宏治(山梨大)

(14)ZDD における単項演算並列化の一般的枠組みの提案
       ○竹内聖悟(JST),戸田貴久(JST),津田宏治(AIST),湊真一(北大)

(15)DAGによる文字列集合の圧縮表現に対する効率的な索引アルゴリズム
       ○伝住周平(北大),津田宏治(AIST),有村博紀(北大),湊真一(北大)

[13:30-14:45] ■Session 8 (データ解析基礎,一般発表4(3件))

(16)分布距離に基づく特徴選択
       ○久保山哲二(学習院)、申吉浩(兵庫県立大)

(17)頻度情報に基づく省スペースなオンライン文法圧縮
       ○前田幸司(九工大),高畠嘉将(九工大),坂本比呂志(九工大)

(AL)(18)データ研磨によるクリーク列挙クラスタリング
       ○宇野毅明(NII),中原孝信(関西大学),
       前川浩基(マグネマックスキャピタルマネジメント),羽室行信(関西学院大)

[14:55-16:35] ■Session 9 (アルゴリズム,一般発表5(4件))

(AL)(19)完全グラフのオイラー回帰長の上界と下界の改良
       ○神保秀司(岡大),丸岡章(石巻専修大)

(AL)(20)Zipper Unfolding of Simple Convex Polyhedra
       E.Demaine(MIT),M.Demaine(MIT),○上原隆平(JAIST)

(AL)(21)直交する3種類のパネルを用いた極小剛なPanel-hingeフレームワークの生成アルゴリズム
       ○岡野知広(京大),東川雄哉(京大),加藤直樹(京大)

(22)一般化相互割当問題におけるジョブ間の相関を考慮する解法の検討
       ○浅野大介(名工大),松井俊浩(名工大),松尾啓志(名工大)

===== (招待講演) =====

[講演1]
公立はこだて未来大学 寺沢 憲吾 先生
「画像からの全文検索とその高速化」
文書画像からの全文検索には、OCRにより画像をテキストデータに変換してからテキスト検索を行う方法とは別に、OCRを用いず文字の見かけの類似性に基づくマッチングにより検索を行う方法があり、これを「ワードスポッティング」と呼ぶ。ワードスポッティングは、保存状態の悪い文書、手書き文書、古文書、未解読言語など、通常のOCRの適用が困難である場合に特に有力な手法である。本講演では、ワードスポッティングの研究に関連して、文書画像を特徴量ベクトルの系列とみなす方法、これを離散化して高速化する方法、さらに高度なアルゴリズムを用いてさらに高速化する方法などに関するわれわれの取り組みと、その先にある目標について紹介する。

[講演2]
東京大学 平井 広志 先生
「グラフ構造上の離散凸関数とその応用」
劣モジュラ性・離散凸性という概念は,組合せ最適化の分野において広く認識され,効率の良いアルゴリズムの設計に重要な役割を果たしてきた。近年では,学習理論や画像処理などの分野で,劣モジュラ性・離散凸性に基づくアルゴリズム・手法の研究が盛んに行われている。
本講演では,劣モジュラ最適化・離散凸解析の基本事項の説明から始めて,応用上重要な有界アリティ型関数和最小化問題(Valued CSP)との関わりと最近の展開を紹介する。関連する話題として,講演者が,多品種フローの双対理論とラベリング問題の計算複雑度解明に動機付けられて導入したグラフ上の離散凸関数についても紹介する。

 

発表募集(募集は終了しました)

下記の通り,2014年1月の研究会の講演募集を行います.
当初,1月には研究会を行わない予定でしたが,急きょ人工知能学会SIG-FPAI研究会と
合同開催という形で発表を募集することになりました.

SIG-FPAI研究会(http://www.donald.ai.kyutech.ac.jp/sigfpai/)は,
人工知能の基本に関わる理論的話題および哲学的,
認知科学的な話題を幅広く研究対象としている研究会ですが,
メンバーの中にはアルゴリズム分野でご活躍されていらっしゃる方も少なくありません.

開催場所は,函館は湯の川温泉そばの函館市民会館です.
雪景色の中で,ゆったり,じっくりと議論しましょう.

発表申し込み締切は *** 2013年12月1日(日)11日(水) *** です.
皆様からの多数のお申し込みをお待ちしております.

日  程 : 2014年 1月30日(木)~31日(金)
会  場 : 函館市民会館 大会議室
住  所 : 〒042-0932 函館市湯川町1-32-1
交通案内: http://www.zaidan-hakodate.com/kaikan/access.html

発表申込締切 : 2013年12月1日(日) → 11日(水)23時59分 延長しました!

原稿提出締切 : 2014年1月5日(日)23時59分締切厳守
                        ※23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
                           締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
                           また,フォントの埋め込みがされていないとエラーとなり投稿できませんので,
                           お早目にご投稿いただきますようお願い致します.

照会先 : 喜田拓也(北大) kida”at”ist.hokudai.ac.jp

発表申込方法 :
              以下のURLの「発表申込」メニューよりお申込ください.ショートトーク(15分程度)も受け付けております.
              https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/AL/

              ※申込みフォームの「研究会への連絡事項欄」に以下についてご入力ください.
              (1)生年月:19__年__月
                    * 発表者生年月は受賞候補者選考等に必要な場合がありますのでご協力願います.
              (2)ショートトークを希望:する/しない
              (3)発表にOHPを使用:する/しない
                    * 申請がない場合,基本的にOHPは用意しません.プロジェクタは用意します.
              (4)発表時間に特別のご希望があれば明記下さい.

 

調査研究担当への問い合わせフォーム