2016年度取扱い分野一覧

コンピュータサイエンス領域(CS)
本領域では、コンピュータシステムのアーキテクチャから、ソフトウエア、プログラミング、アルゴリズム、データ処理技術、組み込み技術、設計技術などを核として、これらに関連する情報と計算の理論的基礎、及びそのコンピュータシステムでの実装と応用を対象とする。
所属研究会分野 : DBS SE ARC OS SLDM HPC PRO AL MPS EMB
情報環境領域(IE)
本領域では、情報を取り巻く環境を構築するための情報インフラ技術、 コミュニケーション科学のための情報処理技法、 そしてこれらを利用する情報システム・応用サービスを研究対象とする。
所属研究会分野 : DPS HCI CG IS IFAT AVM GN DC MBL CSEC ITS UBI IOT SPT CDS DCC ASD
メディア知能情報領域(MI)(フロンティア領域から名称変更)
本領域では、視覚・聴覚・触覚等、人の情報入力チャネルによって受容されるメディア情報のコンピュー タ上での表現、外界システムの知的モデル化、これらを基盤としたメディア技術開発・評価や社会応用を研究対象とする。
所属研究会分野 : NL ICS CVIM CE CH MUS SLP EIP GI EC BIO CLE AAC NEgr SSRgr LIPgr

研究会名(略称) 領域 研究会主査・幹事
分野/◇分科会等の活動(リーダ)[キーワード等]
コンピュータサイエンス領域(CS)
データベースシステム(DBS) CS 主査:森嶋厚行(筑波大)、幹事: 奥 健太(立命館大)、櫻井一貴(リクルートテクノロジーズ)、寺田 努(神戸大)、手塚太郎(筑波大学)、富井尚志(横浜国立大学)、三島 健 (日本電信電話) 、山本岳洋(京都大学)、渡辺知恵美(筑波大)、渡辺陽介(名大)
データモデル、質問処理、情報検索、ハイパーメディア、情報推薦、情報視覚化、データマイニング、データウェアハウス、Web情報処理、情報統合、ソーシャルコンピューティングとデータ、ビッグデータ処理、セマンティックWeb、ストリームデータ、半構造データ、時空間データ、情報共有、マルチメディアデータ、情報組織化、情報フィルタリング、計算機ネットワークとデータ、自律コンピューティングとデータ、クラウドソーシングとデータ、クラウドコンピューティングとデータ
ソフトウェア工学(SE) CS 主査:鵜林尚靖(九大)、幹事:大平雅雄(和歌山大)、亀井靖高(九大)、菊地奈穂美(沖電気)、立石孝彰(日本IBM)、長谷川勇(スクウェア・エニックス)、丸山勝久(立命館大)、吉田則裕(名大)
要求工学、設計技法、アーキテクチャ、保守/進化、形式手法、開発管理、メトリクスと計測、検査/検証、品質/信頼性、開発環境、標準化、部品化/再利用、人的要因、ソフトウェア工学教育、ソフトウェアプロセス、ソフトウェア開発の知能化/自動化
システム・アーキテクチャ(ARC) CS 主査:五島正裕(NII)、幹事: 小野貴継(富士通研)、近藤正章(東大)、長谷川揚平(東芝)、三輪 忍(東大)
組込みから高性能まで、幅広いコンピュータシステムのアーキテクチャを対象とし、以下の分野を含む。プロセッサ・メモリ・I/O・ネットワークのアーキテクチャ、並列分散システムのアーキテクチャ、コンピュータシステムの高性能化・省電力化・高信頼化、設計手法、コード最適化、新しいコンピュータシステム、コンピュータシステムの応用。
システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS) CS 主査:廣津登志夫(法政大)、幹事: 光来健一(九工大)、齋藤彰一(名工大)、広渕崇宏(産総研)、山田浩史(東京農工大)
○オペレーティングシステムおよびシステムソフトウェアに関する下記の研究分野
仮想化技術、仮想機械、セキュアコンピューティング基盤、ネットワーク基盤、分散・並列・クラスタシステム、クラウドコンピューティング基盤、マルチメディア・リアルタイム・組み込みシステム、ユビキタス・モバイル・情報家電システム、ミドルウェア、実行時システム
○オペレーティングシステムおよびシステムソフトウェアに関するその他全般
システムとLSIの設計技術(SLDM) CS 主査: 浜口清治(島根大)、幹事:高島康裕(北九州市立大)、西出岳央(東芝)、許 浩沿(パナソニックセミコンダクターソリューションズ)
システムレベル設計手法、LSI設計手法、電子機器システム設計、組込みシステム設計、ソフトウェア設計、LSI設計、ハードウェア/ソフトウェア協調設計/検証、仕様/設計記述言語、高位/論理合成、高位/論理設計検証、レイアウト設計/検証、テスト容易化設計、回路シミュレーションとモデリング、アナログCAD、低消費電力設計技術、設計環境
ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) CS 主査:横川三津夫(神戸大)、幹事: 板倉憲一(海洋研究開発機構)、遠藤敏夫(東工大)、櫻井隆雄(日立)、林 亮子(金沢工大)
・高性能計算技術、・数値解析/数値計算、・数値シミュレーションの理論と実際(モデル化、アルゴリズム、品質保証技術)、・高速・高性能計算機アーキテクチャ及びその利用技術と性能評価、・計算科学と計算機を結ぶ技術(可視化、プログラム言語、データ配置、最適化、デバッグツール)、・グリッドコンピューティング/クラウドコンピューティング
プログラミング(PRO) CS 主査:田浦健次朗(東大)、幹事:河内谷清久仁(日本IBM)、小宮常康(電通大)、Jacques Garrigue(名大)、千葉 滋(東大)、増原英彦(東工大)、松崎公紀(高知工科大)、南出靖彦(東工大)
・プログラミング言語の基本概念、設計原理、実装技術、・プログラミング方法論、プログラミング環境、・その他、プログラミングに関する面白い話題
アルゴリズム(AL) CS 主査:堀山貴史(埼玉大)、幹事:岡本吉央(電通大)、川原 純(奈良先端大)、河村彰星(東大)
・グラフ、ネットワーク等に関するアルゴリズム、・計算幾何学と計算代数学、・暗号、符号等の数論的アルゴリズム、・確率アルゴリズムと近似アルゴリズム、・分散、並列アルゴリズム、ハードウェアアルゴリズム、・データ構造、・計算複雑度理論、・新計算モデル:量子計算、分子計算、・計算生物学におけるアルゴリズムとその理論、・アルゴリズムの応用と実用
数理モデル化と問題解決(MPS) CS 主査:庄野 逸(電通大)、幹事:岩田具治(NTT CS研)、小野智司(鹿児島大)、林田守広(京大)、松田 健(静岡理工科大)、吉川大弘(名大)、吉田哲也(奈良女子大)
問題の数理的把握とモデル化及びその有効な解決手法の開発を目的とする。対象範囲は、コンピュータを用いた問題解決が求められる理工系・人文社会系の諸分野全般とする。
組込みシステム(EMB) CS 主査:渡辺晴美(東海大)、幹事:岡野浩三(信州大)、北村崇師(産総研)、早川栄一(拓殖大)、福田浩章(芝浦工大)、横山孝典(東京都市大)
組込みシステムに関する以下の分野:ソフトウェア技術、ハードウェア技術、システム技術、ネットワーク技術、セキュリティ、ユーザビリティ、開発事例、新しい応用、教育、産学官連携、プロジェクト管理
情報環境領域(IE)
マルチメディア通信と分散処理(DPS) IE 主査:重野 寛(慶大)、幹事:木原民雄(昭和女子大)、斉藤裕樹(明大)、鈴木理基(KDDI研)、乃村能成(岡山大)、野呂正明(富士通研)
マルチメディアによる高度情報通信ネットワークと分散処理、(高速通信、分散コンピューティング、マルチメディア情報通信、知的通信、プロトコル、通信基盤技術、分散協調など)
ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) IE 主査: 河野恭之(関西学院大) 、幹事:井原雅行(NTT)、鈴木 優(宮城大)、玉城絵美 (早大)、寺田和憲(岐阜大)、真鍋宏幸(NTTドコモ)、光永法明(大阪教育大)
・情報デザイン(インタフェース・インタラクションデザインやエクスペリエンスデザイン)の手法、方法論、アプローチ、実装
・入出力デバイスやそれらを利用した人と人、人と人工物のインタラクション技術
・マルチメディア/マルチモーダル表現処理技法(可視化、可聴化や可触化、仮想/拡張現実など)
・情報や知識の探索/表出/創造/共有/共創/学習/理解の支援技法
・計算機技術により可能となる人間のアクティビティの実現/モデル化
コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学(CG) IE 主査:栗山 繁(豊橋科技大)、幹事:楽詠コウ(Columbia大)、竹島由里子(東京工科大)、鶴野玲治(九大)、豊浦正広(山梨大)、向井智彦(東海大)
コンピュータグラフィックス技術を中心としたビジュアルメディアの表現・創作を支援する技術に関連した以下の研究分野:
・ ビジュアル表現の拡張と解析:
 レンダリング,アニメーション,ビジュアリゼーション,視覚表現の認知的評価,等
・ ビジュアルコンテンツの創作支援:
 形状・メッシュモデリング,デジタルファブリケーション,実世界計測システム,等
・ ビジュアルシステムへの応用:
 ユーザインタフェース,画像・映像処理,仮想現実感等のシステム開発の基盤技術,等
情報システムと社会環境(IS) IE 主査:児玉公信(情報システム総研)、幹事: 柿崎淑郎(東京電機大)、畑山満則(京大)、深田秀実(小樽商科大)
・情報システム構想・計画(ビジネスモデル、ナレッジマネジメント、ニーズ分析、事業継続)
・情報システム開発・運用・管理(業務分析、概念モデリング、要求定義、システム設計・構築、プロジェクト管理、性能・品質管理、量的・質的評価、資産管理、認証、情報・データ保全、セキュリティー、リスク分析・管理)
・情報システム利用(企業活動、組織運営、産業・教育・行政・防災などの支援システ ム)
・情報システムと社会(人と情報、組織・社会と情報システム、社会情報基盤、政策・法律・制度)
・情報システム理論・技術(システム思考、分析・設計手法、アーキテクチャ、データ設計・分析、ネットワーク、標準・規格)
・情報システム教育(情報倫理、キャリア開発、教育方法、カリキュラム)
情報基礎とアクセス技術(IFAT) IE 主査:藤井 敦(東工大)、幹事:荒牧英治(奈良先端大)、加藤恒昭(東大)、蔵川 圭(NII)、野本忠司(国文研)、山田一郎(NHK)、吉田一星(日本IBM)
本研究会では、情報そのもの・情報の扱い方・および情報要求をもったユーザを研究対象とし、情報をとりまく種々の現象の原理を追究する。以下の分野もしくは関連分野の基礎理論および応用を扱う。情報・ユーザのモデル化、情報の組織化・構造化・管理、情報アクセス・マイニング(情報検索、質問応答、要約、分類、抽出、推薦、意見・動向分析、可視化など)、多言語・ウェブ・モバイル情報処理、メタデータ/コンテンツの構築・検索・分類・管理、電子図書館、知識発見・表現・組織化・活用、ユーザインタフェース。
オーディオビジュアル複合情報処理(AVM) IE 主査:川村春美(サレジオ工高専)、幹事: 加藤晴久(KDDI研)、藤井 寛(NTTメディアインテリジェンス研)、亀田裕介(東京理科大)
本研究会は、オーディオビジュアル情報(映像・音声・音響信号)を主体としたマルチメディア情報処理・配信・検索・インタフェース及び応用に関わる幅広い技術課題を対象とし、以下を含む。
オーディオビジュアル情報に係わる圧縮、処理、管理、配信、検索、端末技術。
マルチメディアに係わるインタフェース、出版、権利処理、コンテンツ制作技術。
人間および感性に基づくマルチメディアシステム関連技術、メディア理解、ユーザコンテクスト適応、アプリケーション技術。
グループウェアとネットワークサービス(GN) IE 主査: 市村 哲(大妻女子大)、幹事:市川裕介(NTT)、江木啓訓(電通大)、岡本昌之(東芝)、由井薗隆也(北陸先端大)、吉野 孝(和歌山大)
協調基盤技術: 情報共有、同期/非同期コミュニケーション、組織知とナレッジマネジメント、共有仮想環境(サイバースペース)、GWインターフェース、グループウェア応用:会議支援、協調作業支援、モバイルGW、ビジネスプロセスとワークフロー、グループ意思決定支援、ネットワークサービス:社会/行政サービス、EC(電子商取引)、遠隔教育サービス、コミュニティ支援、情報検索、ネットワークエンターテイメント、クラウドソーシング、ゲーミフィケーション
ドキュメントコミュニケーション(DC) IE 主査:中挾知延子(東洋大)、幹事:天笠俊之(筑波大),菅沼 明(有明工業高専)、鈴木俊也(広島大)、高橋慈子(ハーティネス)、野々山秀文(セコム)、守島 浩(日立メディコ)
マルチメディアコンテンツの作成、管理、検索、表示、配信、流通、構造化文書、情報伝達モデル、組織連携モデル、コミュニケーションモデル、技術文書、技術翻訳、コミュニケーションネットワーク、電子出版、電子書籍、電子教科書
モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL) IE 主査:稲村 浩(はこだて未来大)、幹事:内山 彰(阪大)、北村操代(三菱)、久保 健(KDDI研)、内藤克浩(愛知工大)、深澤佑介(NTTドコモ)
移動体通信計算機環境(言語、OS等)、携帯端末、セキュリティ、移動体ネットワーク(アーキテクチャ、プロトコル、管理運用等)、無線ネットワーク、分散協調プロトコル、ユビキタスコンピューティング、ユビキタス通信、ウェアラブルコンピューティング、モバイルエージェント、モバイルアプリケーション、アドホックネットワーク、センサネットワーク、モバイル放送、モバイルマルチキャスト、非常時通信、Machine to Machine Communication (M2M)、Internet of Things (IoT)、パーベイシブコンピューティング、パーベイシブシステム
コンピュ-タセキュリティ(CSEC) IE 主査:鳥居 悟 (富士通研)、幹事:岡本 健(筑波技大)、島岡政基(セコム)、高橋健一(鳥取大)、千田浩司(NTT)、寺田雅之(NTTドコモ)
セキュリティ基盤技術(共通鍵暗号、公開鍵暗号、暗号プロトコル、電子署名、ハッシュ関数、乱数、秘密分散、情報ハイディング、量子暗号等)、ネットワークセキュリティ(マルウェア、VPN、侵入検知・防止、Web、メール、IoT、セキュリティプロトコル等)、システムセキュリティ(セキュア設計・実装・テスト、OS、仮想化,クラウド、モバイル,認証、バイオメトリクス、アクセス制御等)、セキュリティと社会(電子政府、電子投票、電子商取引、SNS、パーソナルデータ、ビッグデータ、プライバシ、著作権、倫理等)、リスク管理(リスク分析、システム評価・監査、不正・異常検出、フォレンジクス、災害対策、事業継続計画、物理セキュリティ等)、信頼性と安全性(フォールトトレランス、ディペンダビリティ、トラスト等)
高度交通システムとスマートコミュニティ(ITS) IE 主査:清原良三(神奈川工大)、幹事: 木谷友哉(静岡大)、柴田直樹(奈良先端大)、湯 素華(電通大)、山口修平(KDDI研)
交通管理、自動運転技術、センシング(車線認識等)、通信方式(移動体通信等)、ネットワーク技術、情報提供・地図情報(ユーザインタフェース等)、モビリティ情報基盤(GIS等)、公共交通利用(デマンドバス等)、アプリケーション(ナビゲーションシステム等)、次世代交通システム、電気自動車(充電制御等)、グリーンITS、環境技術
ユビキタスコンピューティングシステム(UBI) IE 主査:大内一成(東芝)、幹事:井上創造(九工大)、大村 廉(豊橋技科大)、寺田 努(神戸大)、中澤 仁(慶大)、藤波香織 (東京農工大)
・ユビキタスコンピューティングシステム ・Internet of Things ・ウェアラブルコンピューティング ・コンテクスト認識 ・Augmented Human ・スマートスペース/スマートシティ ・ユビキタスヘルスケア ・ホームネットワーク ・デジタルファブリケーション ・フィジカルコンピューティング ・その他ユビキタスコンピューティングシステム全般
インターネットと運用技術(IOT) IE 主査: 山井成良(東京農工大)、幹事:石島 悌(府立産総研)、今泉貴史(千葉大)、大谷 誠(佐賀大)、柏崎礼生(阪大)、岸場清悟(広島大)、北口善明(金沢大)、坂下 秀(アクタスソフトウェア)、松本直人(さくらインターネット)、宮下健輔(京都女子大)
[目的]インターネット技術全般およびインターネットを含む大規模(分散)システムの構成,管理,運用,評価に必要な技術の研究
[範囲]インターネットを含む大規模分散システムにおける次のような技術分野を対象とする.
・インターネットアーキテクチャおよび通信方式  ・ネットワーク通信品質の評価技術  ・利用者認証方式などを含むネットワーク・システムの構成技術  ・トラフィック改善の方法やネットワーク性能の評価技術および運用監視技術  ・大規模(分散)システムの構成,管理,運用,評価技術
セキュリティ心理学とトラスト(SPT) IE 主査:松浦幹太(東大)、幹事:金岡 晃(東邦大)、角尾幸保(NEC)、村山優子(岩手県立大)、山口高康(NTTドコモ)
セキュリティ(ヒューマンファクタ関連する部分)、ヒューマンインタフェース(セキュリティ技術との関連する部分)、CSCW・協調支援(セキュリティ技術との関連する部分)、トラスト(セキュリティやネットワークに関連する部分)、ソーシャルエンジニアリング、災害コミュニケーション、緊急事態管理、プライバシー、災害情報処理、気象情報処理、技術の心理的側面、技術の法的側面、リスクコミュニケーション、安心と安全、セキュリティ経済
コンシューマ・デバイス&システム(CDS) IE 主査:寺島美昭(創価大)、幹事:神崎映光(島根大)、小林 透(長崎大)、高橋秀幸 (東北大)、望月理香(NTT)、森信一郎(富士通研)
コンシューマ・デバイス、コンシューマ・システム、コンシューマ・サービス、Internet of Things(モノのインターネット)、エネルギー管理(HEMS/BEMS、スマートグリッド)、スマートホーム、スマートメータ 、デジタルサイネージ、インタラクティブTV、ホームヘルスケア、コンシューマ向けゲーム機、ソーシャルメディア、ウェアラブルデバイス、スマートシティ、コンシューマシステムを支える基盤技術
デジタルコンテンツクリエーション(DCC) IE 主査:水野慎士(愛知工大)、幹事:楠 房子(多摩美大) 、林 洋人(セガ)、三上浩司(東京工科大)、義久智樹(阪大)
コンピュータアニメーションコンテンツ、CGコンテンツ、3Dコンテンツ、インタラクティブデザイン、Webデザイン、広告、デジタル漫画、ホームページ、ケータイ小説、ネットゲーム、電子書籍、コンテンツビジネス論、コンテンツビジネス戦略、コンテンツビジネス経済/経営、コンテンツビジネスマーケティング、デジタルコンテンツ制作、コンテンツ流通、コンテンツ利活用、コンテンツ管理、コンテンツ教育、CGM、UGM、MADムービー、メディアアート、インタラクティブアート、インタラクティブメディア、放送型情報サービス、マルチメディア情報配信、デジタルコンテンツ符号化、コンテンツコンプライアンス、コンテンツ著作権管理、電子透かし、サイトライセンス、ペイパービュー
高齢社会デザイン(ASD) IE 主査:竹林洋一(静岡大)、幹事:金澤博史(東芝)、橋田浩一(東大)、松浦 博(静岡県立大)、山田和範(パナソニック)
・高齢社会の自助・共助の促進、CSCW、クラウドソーシング  ・エビデンスに基づく認知症ケア技法の評価  ・パーソナル情報の管理と利活用  ・福祉介護機器システム、ウェアラブル機器、生活アシストロボット  ・高齢者および認知症の人の行動センシング・モニタリング、意図感情理解  ・多様な高齢者に適応する住空間デザイン  ・地域包括ケアシステム、医療介護スタッフの多職種連携促進システム  ・看護・介護・リハビリテーション教育とナレッジマネージメント   ・認知症高齢者との対話、マルチモーダルコミュニケーション
メディア知能情報領域(MI)
自然言語処理(NL) MI 主査:乾健太郎(東北大)、幹事: 荒瀬由紀(阪大)、岡崎直観(東北大)、木村俊哉(ミクシィ) 、小町 守(首都大学東京)、西川 仁(東北大)
統計的機械学習による言語処理、言語資料・統計、辞書、文法、形態素解析、統語解析、意味解析、談話理解、文生成、対話、言語知識表現・獲得、機械翻訳、その他言語解析の応用
知能システム(ICS) MI 主査:川村秀憲(北大)、幹事: 飯塚博幸(北大)、榊 剛史(東大)、篠田孝祐 (電通大)、藤田桂英(東京農工大)
人工知能、知識発見、知能システム、応用人工知能、知的コンテンツ、学習、対話、推論、ウェブインテリジェンス、エージェント、インタラクション、人工社会
コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM) MI 主査:向川康博(奈良先端大)、幹事:石川 博(早大)、岩井儀雄(鳥取大)、大石岳史(東大)、佐藤智和(奈良先端大)、中澤篤志(京大)、長原 一(九大)、日浦慎作(広島市立大)
幾何学的解析、光学的解析、トラッキングとオプティカルフロー、パターン認識、文書処理、メディア処理、映像処理、VR、HCI、ロボットビジョン、メディカル応用
コンピュータと教育(CE) MI 主査:西田知博(大阪学院大)、幹事:兼宗 進(大阪電通大)、隅谷孝洋(広島大)、中鉢直宏(島根大)、高木正則(岩手県立大)、中野由章(神戸市立科技高)、渡辺博芳(帝京大)
(1)情報教育の諸問題:小・中・高校での情報教育.大学・企業での教育・再教育・生涯教育のカリキュラム。(2)コンピュータ活用教育:教育のための開発、実験、評価、創意工夫。(3)情報教育プラットフォームの開発:教育のためのコンピュータとネットワーク、ハードウェア、ソフトウェアおよび教材コンテンツの開発。
人文科学とコンピュータ(CH) MI 主査:松村 敦(筑波大)、幹事:亀田尭宙(京大)、鹿内菜穂(日本女子大)、土山 玄(同志社大)、山田太造(東大)
目的:情報処理技術と人文科学研究の協働により、当該分野の確立を目指すこと。
範囲:人文科学分野を対象とした1)ハード・ソフトの開発、2)研究手法(処理技術)の開発、3)学際的研究や理論的研究、4)データ構築など。
キーワード:デジタル・アーカイブ,保存科学,文化財防災,MLA連携,デジタル博物館,デジタル化文書,ドキュメンテーション,デジタル・ヒューマニティーズ,人文情報学,時空間情報,視覚化,データ・マイニング,色彩情報処理,情報技術を用いた教育,WEB活用,情報検索,データベースメタデータ,知的財産権・著作権課題
音楽情報科学(MUS) MI 主査:北原鉄朗(日大)、幹事:伊藤彰則(東北大)、亀岡弘和(NTT/東大)、馬場哲晃(首都大学東京)、平田圭二(はこだて未来大)、吉井和佳(京大)
音楽と計算機双方に関連した領域全般。 ・音楽情報処理システム ・音楽インタフェース ・音楽情報検索/推薦 ・音楽音響信号処理 ・計算機の介在した作編曲/演奏/伴奏/合奏 ・情報技術に基づく電子楽器/音楽学/音楽芸術 ・音楽理解/AIと音楽 ・音楽の認知/知覚/感性情報 ・音楽のアノテーション/メタ情報/タギング/データベース、他。
音声言語情報処理(SLP) MI 主査:峯松信明(東大)、幹事:篠原雄介(東芝)、篠崎隆宏(東工大)、南條浩輝 (京大)
音声認識・合成のモデル・基礎技術から、音声対話・検索などの応用システムまで、音声言語に関する幅広い範囲を含む。具体的には、音声認識・理解、音声合成、音声対話処理、話し言葉の解析、音声ドキュメント処理、音声翻訳、言語学習支援、音声インタフェース、音声言語コーパス。
電子化知的財産・社会基盤(EIP) MI 主査:金子 格 (東京工芸大)、幹事:板倉陽一郎(ひかり総合法律事務所)、橋本誠志(徳島文理大)、原田要之助(情報セキュリティ大)、吉見憲二(佛教大)
目的:ディジタル情報革命がもたらす社会的問題につき,電子化知的財産及び社会基盤の観点から情報処理と社会問題について学際的な研究を行う.
範囲:社会的,経済的,法制度的,技術的な側面から上記問題を具体的に扱う.

キーワード:
a. 電子化知的財産(デジタルコンテンツ、電子書籍、デジタル教材、デジタルアーカイブ、電子図書館/美術館/博物館、特許情報、デジタルシティ、知財戦略、標準化)
a-1) 社会的側面:不正利用
a-2) 経済的側面:コンテンツ流通
a-3) 法制度的側面:知財関連法
a-4) 技術的側面:コンテンツID、メタデータ、著作権処理、権利保護、DRM(Digital Rights Management)、符号化、電子透かし/フィンガープリント、不正監視・防止、特許情報処理

b. (電子化)社会基盤(IT政策、電子政府/自治体、(商品流通の)トレーサビリティ、知の共有、重要インフラ、ディペンダビリティ、スマートシティ/スマートコミュニティ/スマートグリッド、サイバー・フィジカル・システム(CPS)、情報セキュリティ、防犯)
b-1) 社会的側面:コミュニティ、個人情報/プライバシー保護、監視社会、情報倫理
b-2) 経済的側面:ビジネスモデル、電子商取引、マーケティング、仲介市場、レコメンデーション
b-3) 法制度的側面:個人情報保護法、情報法/サイバー法
b-4) 技術的側面:P2P、電子マネー、暗号、電子署名/電子認証、RF-ID、位置情報利用、GPS (Global Positioning System)、観光情報処理、 ドローン、人工知能、 シンギュラリテイ、 3Dプリンタ
b-5)経営的側面:組織のガバナンスとマネジメント、情報セキュリティマネジメント、個人情報の利活用、ビッグデータ解析
ゲーム情報学(GI) MI 主査:伊藤毅志(電通大)、幹事:池田 心(北陸先端大)、大久保誠也(静岡県立大)、保木邦仁(電通大)、横山大作(東大)
・ゲームおよびパズルを対象とした情報、認知科学的な研究、・ゲームの方法論を用いた人間、社会、文化などへのアプローチ、・ゲームとコンピュータとの接点を探求した研究
エンタテインメントコンピューティング(EC) MI 主査:長谷川晶一(東工大)、幹事:杉本麻樹(慶大)、鳴海拓志(東大)、馬場哲晃(首都大学東京)
新しいエンタテインメントを実現するための情報技術の研究と、エンタテインメントの社会学、心理学、経済学、感性科学、脳科学の研究を扱う.
バイオ情報学(BIO) MI 主査:関嶋政和(東工大)、幹事: 倉田博之(九工大)、五斗 進(京大)、竹中要一(阪大)
バイオ情報学とは、20世紀後半において科学技術の発展の中心を担った情報科学と生命科学が協調することで得られる融合的な学問領域である。本研究会は、情報系の研究者、学生がバイオ情報学の情報科学的側面について研究成果を発表し、切磋琢磨する場を準備して、そこへ生命科学系の研究者も参加するかたちで、この分野の発展に寄与することを目指している。
教育学習支援情報システム(CLE) MI 主査:梶田将司(京大)、幹事:重田勝介(北大)、永井孝幸(熊本大)、林 雄介(広島大)、椋木雅之(宮﨑大)、
コース管理システムやeポートフォリオシステムなど大学教育を支援する様々な情報システムが連携したCLE環境に関する研究発表および実践発表を通じて,CLEに関わる技術発展に貢献することを目指す.
コース管理,ポートフォリオ,教務等,CLE構築に関する技術開発,システム間連携,構築・導入・運用に関する事例研究,教育現場での運用・普及・利用支援,標準化,大学間連合や地域等での活用,教材作成・流通法,効果的利用法,教育実践,授業とその評価,授業デザイン,学習行動分析,学習効果測定法,ラーニングデザイン,協調学習,ソーシャルラーニング,学習コミュニティ,オープンアーキテクチャ,オープンエデュケーション,他国での実例研究,ビジネスモデル,産学連携,教育ビッグデータ,ラーニングアナリティクス,MOOC
アクセシビリティ(AAC) MI 主査:平賀瑠美(筑波技術大)、幹事:大島千佳(佐賀大)、佐藤大介(日本IBM)、澤田秀之(香川大)、馬場哲晃(首都大学東京)、坊農真弓(NII)
アクセシビリティ,障害者支援技術,ICT活用による障害者就労・障害者高等教育・障害者当事者研究,情報保障,IRTやICTによる介護応用・ジェロントロジーへの応用,支援システムの評価,障害者・高齢者にとって安心・安全のためのITS
ネットワーク生態学研究グループ(NE) MI 主査:林 幸雄(北陸先端大)、幹事:田中 敦(山形大)、友知政樹(沖縄国際大)、鳥海不二夫(東大)
1. ネットワーク成長原理 スモールワールド、スケールフリーネット、ウィルス拡散や連鎖的被害(停電、渋滞、倒産など)の防御策、2. 社会ネットワーク分析 Webポータルやコミュニティの抽出、 企業等のソーシャルキャピタルの調査・活用、 blog解析、 人的ネットワーク中心性、 口コミ情報流通、3. 自己組織化ネットワーク 生物・社会システムに誘発されたネットワーク設計、 動的適応通信、局所規則に基づく自律分散システム、 自己組織化経営、 4. その他 センサーネット、P2Pネット、アドホック通信、分散ロボット、自然あるいは人的な災害や悪意ある攻撃への対処など、ネットワークを共通言語とする広い分野
会員の力を社会につなげる研究グループ(SSR) MI 主査:筧 捷彦(早大)、幹事:寺田真敏(日立製作所)、中山泰一(電通大)
情報教育活動の啓発活動
情報処理に関する法的問題研究グループ(LIP) MI 主査:高岡詠子(上智大)、幹事:市毛由美子(のぞみ総合法律事務所)、中山泰一(電通大)、登 大遊(ソフトイーサ)
・新たなソフトウェアモデル契約  ・大学における知的財産権  ・産学連携  ・クラウドとビッグデータ
・ソーシャルネットワークにおける新たな法律  ・インターネット上の著作権
・初等中等教育における情報処理に関する法的思考の育成

調査研究担当への問い合わせフォーム