出版倫理と不正行為に関する声明

情報処理学会論文誌ジャーナル(以下論文誌ジャーナル)は高い倫理基準を維持することを約束する。読者へ高品質の学術論文誌を提供することを保障するために、論文誌ジャーナルは以下の原則に従う。

論文誌ジャーナルの編集委員会は論文誌に投稿された原稿の採否に責任を持つ。
編集委員会は投稿原稿をその知的内容のみから評価する。
編集委員会は名誉毀損、著作権侵害、剽窃に関する法的用件を満たさない投稿原稿は評価を行わないことを選択できる。
編集委員会は二重投稿の疑いがある場合を除き、投稿原稿が出版されるまではその秘密性を保証しなければならない。
投稿原稿が不採録になった場合、編集委員会は著者の書面による明示の承諾なしに投稿原稿を他の目的に使用してはならない。
編集委員は自身に割り当てられた投稿原稿の著者と利害関係があってはならない。

論文誌ジャーナルの査読者は投稿原稿の採否判定のために編集委員会に協力する。
査読者は査読のために受理した原稿を機密として扱う義務があり、査読によって得られた情報を自身の利益のために使用してはならない。
査読者は投稿論文の著者、企業、組織と利害関係がある場合は査読をすべきではない。

著者は投稿論文の独創性を保証する必要がある。
他の研究の成果を使用する場合、その出所は適切に引用しなければならない。
剽窃行為があった場合、投稿論文は不採録となる。
著者は本質的に同一内容の研究を複数の論文誌に投稿してはならない。
同一原稿を同時に複数の論文誌に投稿することは、特に指定のない限り非倫理的出版行動となる。