遅延論文の督促ルール

2003年6月11日制定
2016年1月25日改訂(10)

一般社団法人 情報処理学会
論文誌ジャーナル編集委員会

担当編集委員選定

著者が査読システムの論文詳細に入力したメインキーワードにより事務局が選定し、グループ主査、副査へ報告する。  (報告内容:標題、著者名、アブストラクト)

査読者選定(期間:1週間)

  • 論文の場合、査読者選定は2名
依頼 →→ 締切日以降、7日ごとに全7回
       督促1(e-mail、グループ主査・副査へcc)
       
    →→→→ 14日後(締切から7日後)
         督促2(e-mail、グループ主査・副査へcc)
          :          
    →→→→→→→→ 21日後(締切から14日後)
               督促3(e-mail、グループ主査・副査へcc)       
               メタ査読者の交替(グループ主査、副査と事務局で選定)
                      (e-mail、Fax、場合によっては電話で連絡)
               ◇ここから新しい査読者選定開始
               2度目以降も同様の処置とする

査読:1回目(期間:4週間)

依頼 →→ 21日後(締切7日前)、27日後(締切1日前)
       締切前リマインダー 全2回(e-mail、メタへcc)
       ただし、論文のダウンロードが確認できない場合は24日後(締切4日前にも督促)
    →→→→→ 31日後(締切から3日後) 以降、3日ごとに全7回
           督促1(e-mail、メタへcc)
    →→→→→→→ 34日後(締切から6日後)
              督促2(e-mail、メタへcc)
                 :
    →→→→→→→→→ 49日後(締切から21日後)
                 督促7(e-mail、メタへcc)→ 督促終了 → 査読者交代
                 ◇ここから新しい後任査読者選定開始

メタ査読:1回目(期間:2週間)

  • 判定不能の場合は第2メタ査読者を選定(グループ主査と相談)→ 2週間以内に2名の意見を集約してメタ査読する
依頼 →→ 7日後(締切7日前)、13日後(締切1日前)
         締切前リマインダー 全2回(e-mail)
         ただし、論文のダウンロードが確認できない場合は10日後(締切4日前にも督促)
    →→→→→→ 17日後(締切から3日後) 以降、3日ごとに全7回
               督促1(e-mail)
    →→→→→→→→ 20日後(締切から6日後)
                 督促2(e-mail)
                 :
    →→→→→→→→→→ 35日後(締切から21日後)
                   督促7(e-mail)→ 督促終了 → 幹事会で審議 → 返事なし → メタ査読者の交代

照会後の回答(期間:8週間)

照会 →→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→ 12週間後
                                                                                  取り下げ処理(取り下げ通知を送付)

査読:2回目(期間:4週間)

  • 督促は1回目と同様
  • 1回目の判定が「採録」「不採録」の場合は、メタ査読者は、2回目査読依頼後4週間で1回目と同様の判定とみなし、事務局に該当の判定欄を未着とすることを依頼できる。

メタ査読:2回目(期間:2週間)

  • 督促は1回目と同様