ゲストエディタ制度導入のお知らせ

論文誌編集委員会


 論文誌特集号の企画・編集を行なうためのゲストエディタ制度が発足しました。これは、論文誌編集委員以外の方がゲストエディタとなって、査読や採録判定を含む特集号の編集作業を原則として独自に進める新しい制度です。この制度を利用する場合、まず特集号の企画を提案し、論文誌編集委員会の承認を得て、独自の編集委員会(特集号編集委員会)を組織し編集作業を行うことになります。

以上
(学会誌38巻8号(1997年8月号)会告より抜粋)

論文誌ジャーナル/JIP担当へお問い合わせフォーム