インタラクティブ賞(SES/SE研究会)

賞の概要 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム(SES)での優秀なポスター展示に授与する。
選考委員会 SESプログラム委員会
選考方法 SES参加者による投票により決定する。
表彰等 シンポジウム会期中に表彰。賞状。

2017年度2016年度2015年度2014年度2013年度

2017年度

受賞者(所属) タイトル
吉田 浩章,徳本 晋,Mukul R. Prasad,Indradeep Ghosh,上原 忠弘 マイグレーション向け全自動バグ検出・修正技術
下仲 健斗,肥後 芳樹,楠本 真二 Javaメソッドの自動生成を目指して

2016年度

受賞者(所属) タイトル
松原百映
(南山大学)
組込みシステム安全性要求分析のための拡張ユースケース分析の提案と評価
平尾俊喜
(奈良先端科学技術大学院大学)
コードレビュープロセスにおける検証者間の合意形成方法に関する研究

2015年度

受賞者(所属) タイトル
尾花将輝
(大阪工業大学)
コピペ検出システムを用いた学生レポートのコピペ動向についての報告
角田雅照
(近畿大
いかにしてソフトウェア開発を支援すべきか - 行動経済学によるアプローチ
坂口英司
(奈良先端科学技術大学院大学)
OSS開発におけるテストコードの保守頻度が与える欠陥混入への影響

2014年度

受賞者(所属) タイトル
阿部修也
(大阪大学)
学生の演習課題とオープンソースソフトウェアのコード品質比較の試行
星野大樹
(東京工業大
ソースコード編集履歴の不吉な臭いの検出に向けて
谷田英生
(富士通研究所)
記号実行エンジンを用いたJavaScriptプログラムの単体テスト自動生成実行

2013年度

受賞者(所属) タイトル
柏祐太郎
(和歌山大学)
不具合修正タスク量の最適化を目的としたバグトリアージ手法の提案