卓越研究賞(SE研究会)

賞の概要 ソフトウェア工学に関するトップジャーナルやトップカンファレンスへのチャレンジを奨励するため、それらに掲載された論文に授与する。
選考委員会 ソフトウェア工学研究会の主査および幹事
選考方法 論文著者からの応募に基づき、ソフトウェア工学研究会の主査および幹事による審査により決定する。
選考基準 1. 過去一年間(前年度の7月始めから本年度の年6月末まで)において、次に示す論文誌または
 国際会議に論文が採録された論文を対象とする。
 ・IEEE Transactions on Software Engineering (TSE)
 ・ACM Transactions on Software Engineering and Methodology (TOSEM)
 ・International Conference on Software Engineering (ICSE)
 ・International Symposium on the Foundations of Software Engineering (FSE)
 ・International Conference on Automated Software Engineering (ASE)
 ※産業界における国際的なソフトウェア工学研究を奨励するため、実践論文なども応募対象
  に含む。ただし、ワークショップ論文、ポスター論文、ツールデモ論文等は対象外とする。
2. 応募代表者は、応募時点で、情報処理学会の会員かつソフトウェア工学研究会の会員であること。
3. 受賞された論文は、その年に開催されるソフトウェアエンジニアリングシンポジウムにおいて、
 受賞論文の内容を紹介すること。
表彰等 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウムにおいて表彰する。賞状および賞金2万円を授与する。

2017年度2016年度

2017年度

受賞論文
Do Developers Update Their Library Dependencies?
An Empirical Study on the Impact of Security Advisories on Library Migration
Raula Gaikovina Kula, Daniel M. German, Ali Ouni, Takashi Ishio, Katsuro Inoue
FSE 2017 (Journal-First)
Are Fix-Inducing Changes a Moving Target?
A Longitudinal Case Study of Just-In-Time Defect Prediction
Shane McIntosh, Yasutaka Kamei
TSE 2017

2016年度

受賞論文
Visualizing the Effects of Requirements Evolution
Shinobu Saito, Yukako Iimura, Hirokazu Tashiro, Aaron K. Massey, Annie I. Anton
ICSE 2016 (SEIP track)
A Study of the Quality-Impacting Practices of Modern Code Review at Sony Mobile
Junji Shimagaki, Yasutaka Kamei, Shane Mcintosh, Ahmed E. Hassan, Naoyasu Ubayashi,
ICSE 2016 (SEIP track)