MWS優秀論文賞(MWS/CSEC研究会)

       
賞の概要 マルウェア対策研究において優秀な論文の発表を自ら行い,MWSの盛会に寄与した講演者ならびに著者全員を表彰する.
選考方法 論文1編を,MWSプログラム委員会による審議を経て決定する.
選考対象 MWSトラックにおける発表論文すべて.過去の受賞経歴を問わない.
選考基準 1件
表彰等 賞状を授与

2018年度2017年度2016年度2015年度2014年度2013年度2012年度2011年度

2018年度

受賞者(所属) タイトル
碓井 利宣、大月 勇人、川古谷 裕平、岩村 誠、三好 潤
(NTTセキュアプラットフォーム研究所)
 スクリプト実行環境に対する解析機能の自動付与手法

2017年度

受賞者(所属) タイトル
上川 先之 (岡山大学)
山内 利宏 (岡山大学)
 API操作ログ取得による難読化JavaScriptコード解析支援システム

2016年度

受賞者(所属) タイトル
孫 博(早稲田大学)、秋山 満昭(NTTセキュアプラットフォーム研究所)、森 達哉(早稲田大学)  モバイルアプリストアにおけるプロモーショナル攻撃の自動検知システム

2015年度

受賞者(所属) タイトル
 多羅尾 光宣(神奈川工科大学)、岡本 剛(神奈川工科大学)  最新分岐記録を用いたROPGuard回避防止手法

2014年度

受賞者(所属) タイトル
 大月 勇人、瀧本 栄二(立命館大学)、齋藤 彰一(名古屋工業大学)、毛利 公一(立命館大学)  ブランチトレース機能を用いたシステムコール呼出し元アドレス取得手法

2013年度

受賞者(所属) タイトル
 藤野 朗稚、森 達哉(早稲田大学)  自動化されたマルウェア動的解析システムで収集した大量APIコールログの分析

2012年度

受賞者(所属) タイトル
川古谷 裕平 (NTT)
塩治 榮太朗 (NTT)
岩村 誠 (NTT)
針生 剛男 (NTT)
テイント伝搬に基づく解析対象コードの追跡方法

2011年度

受賞者(所属) タイトル
神薗 雅紀 (株式会社セキュアブレイン)
西田 雅太 (株式会社セキュアブレイン)
小島 恵美 (株式会社セキュアブレイン)
星澤 裕二 (株式会社セキュアブレイン)
抽象構文解析木による不正なJavaScriptの特徴点抽出手法の提案