CSEC優秀研究賞(CSEC研究会)

賞の概要 定期開催のCSEC研究発表会においてCSECに申込のあった発表を対象とし、高い完成度を持つ優れた論文だけではなく、今後の発展が有望視されるよう な、もしくは新たな分野を切り開くような萌芽的な研究発表も含めて表彰.
選考委員会 CSE研究会主査・幹事および推薦論文担当
選考方法 CSEC運営委員会による推薦と、推薦対象に対する運営委員 等による評点平均に基づき、選考委員会により実施.
選考基準 表彰数は、原則として各定期研究会における発表数の10%程度.
表彰等 選考委員会の委員長であるCSEC研究会主査により、CSSの表彰式において 表彰.
 

2019年度2018年度2017年度

2019年度


研究会 受賞者(所属) タイトル
第86回研究会 大岡 拓斗・松本 瞬・市野 将嗣(電気通信大学)・緑川 耀一・吉井 英樹(ソフトバンク)・吉浦 裕(電気通信大学) 対象者の人数と人間関係に制約のない移動履歴とSNSアカウントの照合
第85回研究会 Jin Yaoan・Atsuko Miyaji(Osaka University) Secure and Compact Elliptic Curve Cryptosystems

2018年度


研究会 受賞者(所属) タイトル
第84回研究会 片山 源太郎,吉浦 裕(電気通信大学) 匿名加工を伴う2パーティ秘匿クロス集計の性能比較
山田 道洋,菊池 浩明(明治大学) k匿名化されたデータの安全性評価
第83回研究会 高田雄太・渡邉卓弥・中野弘樹・波戸邦夫・秋山満昭(日本電信電話株式会社) Web プッシュ通知の悪用に関する実態調査
高瀬誉(豊橋技術科学大学)・小林良太郎(工学院大学)・加藤雅彦(長崎県立大学)・大村廉(豊橋技術科学大学) プロセッサ情報を用いたマルウェア検知機構における分類器のサイズ削減手法の検討方法
第82回研究会 山田道洋・池上和輝・菊池浩明・乾孝治(明治大学) 経営マネジメント状況による情報漏洩インシデント削減効果の評価
チャン クワン カイ・坂本一仁・松永昌浩(セコム株式会社) 複数回にわたる匿名加工情報の提供に対する再識別リスク評価方法:PWSCUP2017における安全性指標の考察と分析から
第81回研究会 廣澤 龍典・上原 哲太郎 (立命館大学) ビットコインのミキシングにおける資金移動の分析

2017年度


研究会 受賞者(所属) タイトル
第80回研究会 遠藤 将・松野 宏昭・村松 弘明・藤田 真浩・西垣 正勝(静岡大学) 利便性と安全性に配慮したチャレンジ・レスポンス分離型ユーザ認証の提案
服部 夢二・高田 哲司(電気通信大学) 安全な秘密情報利用の動機付けを目的とした個人認証のゲーム化
三浦 紘弥・三村 守・田中 秀磨(防衛大学校) Bag-of-wordsを用いた悪性マクロの検知手法の提案
第79回研究会 松本隆志・明田修平・瀧本栄二(立命館大学)・齋藤彰一(名古屋工業大学)・毛利公一(立命館大学) 情報漏洩防止のためのTCPによるネットワークワイドなテイント追跡手法
榑林秀晃(名古屋工業大学)・毛利公一(立命館大学)・齋藤彰一(名古屋工業大学) 動的解析にもとづくIntel MPX命令挿入による 再コンパイル不要のメモリ安全性向上手法
第78回研究会 清藤武暢(日本銀行金融研究所)・青野良範(情報通信研究機構)・四方順司(横浜国立大学) 高機能暗号の金融分野での応用に関する考察
藤井翔・鬼頭哲郎・重本倫宏・藤井康広(株式会社日立製作所) サイト関連情報に基づいたWebサイト脅威度推定機能の提案
第77回研究会 本多俊貴・白井丈晴・向山浩平・西垣正勝(静岡大学) ユーザの文書編集操作を考慮したランサムウェア検知に関する一検討