AVM賞(AVM研究会)

賞の概要 オーディオビジュアル複合情報処理研究会(以下、AVM研究会)では、研究会活動の活性化および35才以下の若手研究者の育成を目的に、当該年度にAVM研究会が主催もしくは共催・連催する研究発表会のAVMセッションにおいて発表された講演のうち、研究内容およびプレゼンテーション等の観点ですぐれた発表者に対してAVM賞を授与する。最優秀賞(1名)および優秀賞(2-3名)を設ける。
選考委員会 研究会開催日に参加の幹事および運営委員を選考委員とする。
選考方法 研究会開催毎に35才以下の発表者を対象に選考委員が評点をつけ、年度末に全4研究発表会を通して評点の順位づけを行う。なお選考委員が毎回異なる場合があることを考慮し、最終的には上記順位を参考に協議によって決定する。
選考基準 以下の観点で総合的に判断し5点満点で評点をつける。
・新規性 ・有効性 ・プレゼンテーション ・将来性
表彰等 翌年度の最初の研究発表会にて表彰式を行うと共に、最優秀賞受賞者による記念講演会を開催する。
受賞者には、賞状と副賞を贈呈し、副賞は最優秀賞として図書カード1万円分、優秀賞として図書カード5,000円分とする。

2015年度2014年度

2015年度

研究会 受賞者(所属) タイトル
AVM賞最優秀賞
第89回研究会 金井謙治
(早稲田大学)
大規模フィールド実験におけるコンテンツ先回り配信の性能評価
AVM賞優秀賞
第92回研究会 小林達也
(KDDI研究所)
オンライン法線方向推定に基づく平面マーカレスAR

2014年度

研究会 受賞者(所属) タイトル
AVM賞最優秀賞
第86回研究会 小林達也
(KDDI研究所)
バイナリ特徴を用いた視点変化に頑健な三次元物体の姿勢推定手法
AVM賞優秀賞
第88回研究会 西口侑希
(早稲田大学)
視線情報を用いたユーザ所望画像の識別に対するスパースコーディングの適用に関する検討