日高 [対象業績] 「情報科学技術におけるサービスサイエンス新領域の確立と日本のコミュニティー創出に対する貢献」

1984年東京工業大学大学院総合理工学研究科修士課程修了. 同年日本アイ・ビー・エム株式会社東京基礎研究所入所.最適化技術,離散アルゴリズム,数理解析技術,ビジネス・ソリューション,計算組織論などの研究プロジェクトの指揮にあたる.IBM Research ワトソン研究所の戦略部門での海外勤務を経て,東京基礎研究所ビジネス・サービス・リサーチ担当部長に就任.2009年8月北陸先端科学技術大学院大学教授.文部科学省科学技術政策研究所客員研究官.サービス学会理事, IEEE会員, 情報処理学会会員, 日本オペレーションズ・リサーチ学会会員, 経営情報学会会員. 2010年10月より東京工業大学 環境・社会理工学院 教授.博士(理学)

[業績推薦理由]

日高君はサービス産業および製造業のサービスプロセスに適応してイノベーションを起こすというサービスサイエンスの基礎概念の構築とその具体的な社会展開を推進しサービスを科学の対象ととらえ情報科学数学経済学心理学など複数領域における科学的知見を統合した新領域としてのサービスサイエンスの必然性と重要性を提唱し普及したさらにサービスサイエンスに関わる文部科学省科学技術振興機構日本学術振興会の事業等に貢献し情報科学技術の新たな展開に大きく寄与した

管理部門への問い合わせフォーム