第41回セキュリティ心理学とトラスト研究発表会

参加を希望される方は,以下「参加申込」をご参照の上,情報処理学会マイページから参加申込をお願いいたします.非会員の方もマイページを開設してお申し込みください.参加申込をしていただくと,Zoomのミーティング情報や研究報告のダウンロード方法を記載したメールをお送りします.参加費無料の研究会登録会員/ジュニア会員もURLの取得と参加者数の把握のため,マイページより参加申込をしてくださいますようお願いいたします.


本会主催イベントにおける新型コロナウイルス感染症への対策について(2020.2.3)

SPT研究会のページ:https://www.iwsec.org/spt/

参考資料: FIT2020オンライン参加について
  https://www.ipsj.or.jp/event/fit/fit2020/online.html

参加申込

■日 程:2021年 3月1日(月)~2021年 3月2日(火)
■会 場:オンライン ■連 催: 電子情報通信学会 情報通信システムセキュリティ研究専門委員会 (ICSS)

参加費
参加費(研究報告/税込)
※発表総件数20件以上の場合
参加種別 金額
SPT研究会登録会員/ジュニア会員   0円
情報処理学会名誉会員、正会員、賛助会員 2,000円
情報処理学会学生会員  500円
非会員(一般) 3,000円
非会員(学生) 1,000円
 
 
申込方法 : 
以下アイコンのいずれかよりお申込みください。

非会員の方もマイページ開設が必要です。開設には費用はかかりません。 
 非会員の方で既にマイページを開設済みの方は、そちらのIDでお申込み可能です。
※SPT研究会登録会員の費用で参加される場合で、該当する研究会にまだ登録されていない方は
 マイページより研究会登録をしてから研究発表会参加のお申込みを行ってください。
 参考:研究会に登録する

membernyukainonmember
   
**お申込みの際の注意事項**

  • 参加申込にてご提供頂いた個人情報は、情報処理学会プライバシーポリシーに則って適切に管理します。なお、研究会幹事より直接ご連絡させていただく場合もございますのでご了承願います。 参考) 情報処理学会プライバシーポリシー
  • 参加費のお支払いはマイページより原則3月15日までにお願いいたします。請求書・見積書・納品書・領収書もマイページよりダウンロード可能です。 参考) マイページの利用方法:お支払い
  • 参加申込後は申込キャンセルは出来ませんのでご注意ください。
研究報告について
  参加申込をしていただいた方にお送りするメールに、研究報告をダウンロードするための
  ID・パスワード等を記載しております。
  研究会登録会員の方は 電子図書館(情報学広場) からもダウンロード可能です。 
  研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)の2/22に公開となります。

領収書について
  領収書は入金後にマイページよりダウンロード出来ます。領収書は1回しか発行できません
  ので、日付、宛名、但し書きをよく確認してから発行してください。クレジットカード決済
  の場合は即時発行が可能ですが、それ以外は入金済になるまで2~14営業日程かかります。
  参考)マイページの利用方法:お支払い / マイページに関するよくある質問

照会先
       〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-5 化学会館4F
       一般社団法人 情報処理学会 調査研究 研究部門   E-mail:sig"at"ipsj.or.jp 
 

プログラム

=== A 会場 1日目===
■3月1日(月) ICSS (1) 09:10-10:50
(1)/ICSS 09:10-09:35
NIDSアラートに対する原因通信の抽出手法の提案及び考察
○石橋亮典・後藤大輝(九大)・韓 燦洙・班 涛・高橋健志(NICT)・竹内純一(九大)

(2)/ICSS 09:35-10:00
DNSトラフィックを用いた感染端末の検知手法
○向後宗一郎・金井 敦(法政大)

(3)/ICSS 10:00-10:25
DNS Cookieの普及・運用状況の実態調査と今後の展望
○矢島雅紀(早大)・千葉大紀(NTT)・米谷嘉朗(日本レジストリサービス)・森 達哉(早大/NICT)

(4)/ICSS 10:25-10:50
機械学習を用いた脆弱性評価システムの構築
○渡辺 龍・松中隆志・窪田 歩(KDDI総合研究所)・浦川順平(KDDIデジタルセキュリティ/KDDI総合研究所)

--- 10:50-11:05 休憩 --- (15分)

■3月1日(月) ICSS (2) 11:05-12:20
(5)/ICSS 11:05-11:30
組織の属性に基づくインシデント規模と頻度モデルの提案
○池上和輝・菊池浩明(明大)

(6)/ICSS 11:30-11:55
複数拠点ネットワークにおける類似インシデント評価手法の検討
○熊崎真仁・長谷川皓一・山口由紀子・嶋田 創(名大)・高倉弘喜(NII)

(7)/ICSS 11:55-12:20
インシデント対応策に残存する情報漏洩リスク評価システムの実装
○野田朋宏・長谷川皓一・嶋田 創・山口由紀子(名大)・高倉弘喜(NII)

--- 12:20-13:40 昼休憩 --- (80分)

■3月1日(月) SPT(1)/ICSS (3) 13:40-14:55
(8)/SPT 13:40-14:05
F*言語によるMQTTパケットパーサの開発と安全性評価
〇喜多村卓(立命館大学大学院)・上原哲太郎(立命館大学情報理工学部)

(9)/SPT 14:05-14:30
攻撃者観点でのSTAMP/STPAの制御構造分析と攻撃木分析の系統的統合の試み
〇日下部茂・小松文子(長崎県立大学)・相馬大輔・佐川陽一(住友電気工業)

(10)/ICSS 14:30-14:55
One-way cross networksを用いた経路認証フレームワーク
石橋康介・○双紙正和(広島市大)

--- 14:55-16:00 休憩 --- (65分)

■3月1日(月) ICSS (4) 16:00-18:00   ICSS企画セッション

=== B 会場 1日目===

■3月1日(月) ICSS (5) 09:10-10:50
(11)/ICSS 09:10-09:35
Exposure Notification Frameworkがもたらすプライバシーリスクの評価と対策
○野本一輝(早大)・秋山満昭(NTT)・衛藤将史(NICT)・猪俣敦夫(阪大)・森 達哉(早大/NICT)

(12)/ICSS 09:35-10:00
仮想背景を使用したリモート会議映像における秘匿された背景の再構築手法
○辻 知希,石川琉聖(立命館大)・衛藤将史(NICT)・服部祐一(セキュアサイクル)・井上博之(広島市大)

(13)/ICSS 10:00-10:25
プログラミングコンテストにおけるソースコードの盗作検知手法の実装と評価
○石川琉聖(立命館大)・服部祐一(セキュアサイクル)・井上博之(広島市大)・猪俣敦夫(阪大)

(14)/ICSS 10:25-10:50
サイバーセキュリティ演習巻き戻し機構の設計と実装
○古寺雄馬・知念賢一(北陸先端大)

--- 10:50-11:05 休憩 --- (15分)

■3月1日(月) SPT(2) 11:05-12:20
(15)/SPT 11:05-11:30
暗号技術の等価的物理モデリングの検討
〇石島 慧・金岡 晃(東邦大学)

(16)/SPT 11:30-11:55
継続的な認証及び異なる歩行速度での二つの端末を用いた異常検知による歩行認証の研究
〇渡辺一樹(神奈川工科大学)・油田健太郎・岡崎直宣(宮崎大学)・朴 美娘(神奈川工科大学)

(17)/SPT 11:55-12:20
ウェアラブル端末を用いた覗き見耐性を持つジェスチャー認証手法の提案と評価
〇嘉藤鴻介・渡辺一樹(神奈川工科大学)・油田健太郎・岡崎直宣(宮崎大学)・朴 美娘(神奈川工科大学)

--- 12:20-13:40 昼休憩 --- (80分)

■3月1日(月) ICSS (6) 13:40-15:20
(18)/ICSS 13:40-14:05
高速な系統樹構成アルゴリズムにおけるスケーラブルなクラスタリング評価
○何 天祥(九大)・韓 燦洙・伊沢亮一・高橋健志(NICT)・来嶋秀治・竹内純一(九大)

(19)/ICSS 14:05-14:30
IoTマルウェアの機能差分調査手法の改善及びクラスタに対する分析
○川添玲雄(九大)・韓 燦洙・伊沢亮一・高橋健志(NICT)・竹内純一(九大)

(20)/ICSS 14:30-14:55
IoTマルウェアが狙う脆弱性の変遷の動的解析による分析
○鮫嶋海地・佐々木貴之・田辺瑠偉・吉岡克成・中尾康二・松本 勉(横浜国大)

(21)/ICSS 14:55-15:20
適応的サンドボックスによる持続感染型IoTマルウェアの動的解析
○井上貴弘(横浜国大)・原 悟史(横浜国大/富士ソフト)・榊 博史・岡田晃市郎(横浜国大/レインフォレスト)・塩治榮太朗・秋山満昭(NTT)・佐々木貴之・田辺瑠偉・吉岡克成・中尾康二・松本 勉(横浜国大)

=== A 会場 2日目===

■3月2日(火) ICSS (7) 09:35-10:50
(22)/ICSS 09:35-10:00
失効機能をもつカメレオンハッシュの提案
○松原功樹(阪大)・宮地充子(阪大/北陸先端大)・Tian Yangguang(阪大)

(23)/ICSS 10:00-10:25
ブロックチェーンとフォグノードを用いたIoT機器の認証・認可
○五十嵐孝洋・布田裕一(東京工科大)

(24)/ICSS 10:25-10:50
ビットコイン利用者の特定・追跡の仕組みに関する考察
○才所敏明(IT企画)・辻井重男(中大)・櫻井幸一(九大/ATR)

--- 10:50-11:05 休憩 --- (15分)

■3月2日(火) ICSS (8) 11:05-11:55
(25)/ICSS 11:05-11:30
Memcachedサーバを悪用したDRDoS攻撃の観測および攻撃インフラの分析
○金銅瑞樹・新谷夏央(横浜国大)・牧田大佑(NICT)・吉岡克成・松本 勉(横浜国大)

(26)/ICSS 11:30-11:55
複数スキームの組み合わせによる分散型Slow HTTP DoS攻撃検知
○田村恒輝・布田裕一(東京工科大)

--- 11:55-13:40 昼休憩 --- (105分)

■3月2日(火) ICSS (9) 13:40-15:45
(27)/ICSS 13:40-14:05
オンライン機械翻訳システムに対するホモグリフ攻撃の脆弱性調査
○坂本岳史・森 達哉(早大)

(28)/ICSS 14:05-14:30
Voice Assistant アプリの対話型解析システムの開発
○刀塚敦子(早大)・飯島 涼(早大/NICT)・渡邉卓弥・秋山満昭(NTT)・酒井哲也(早大)・森 達哉(早大/NICT)

(29)/ICSS 14:30-14:55
カーネル仮想記憶空間における排他的ページ参照機構の実現方式と性能評価
○葛野弘樹(セコム)・山内利宏(岡山大)

(30)/ICSS 14:55-15:20
LINEのEnd-to-End Encryption Version 2に対する安全性評価
○喜多光太郎・五十部孝典(兵庫県立大)

(31)/ICSS 15:20-15:45
ストリーム暗号Salsaの線形確率について
○李 君如(阪大)・宮地充子(阪大/北陸先端大)

--- 15:45-16:00 休憩 --- (15分)

■3月2日(火) ICSS (10) 16:00-16:50
(32)/ICSS 16:00-16:25
慣性計測装置に対する共振誘発攻撃の評価
○南澤勇太・飯島 涼(早大)・森 達哉(早大/NICT)

(33)/ICSS 16:25-16:50
アンロールドアーキテクチャを利用したPUFの安全性評価
○野崎佑典・旭 健作・吉川雅弥(名城大)


=== B 会場 2日目===

■3月2日(火) ICSS (11) 09:10-10:50
(34)/ICSS 09:10-09:35
フィッシングサイトのリンクプレビュー機能対応状況の調査
○大森敬仁(早大)・古谷諭史・渡邉卓弥・芝原俊樹・秋山満昭(NTT)・森 達哉(早大)

(35)/ICSS 09:35-10:00
WebアクセスログとVirusTotalを用いた悪性URLの効率的な発見手法
○平石知佳・田辺瑠偉・吉岡克成・松本 勉(横浜国大)

(36)/ICSS 10:00-10:25
複数アンチウイルスエンジンにおける検出結果の不確実性の評価
○野村和也(早大)・秋山満昭(NTT)・神薗雅紀(デロイトトーマツ サイバー合同会社)・笠間貴弘(NICT)

(37)/ICSS 10:25-10:50
標的端末に保存されたメールアドレスを用いたサンドボックス回避攻撃の概念実証
○井上雄太・田辺瑠偉(横浜国大)・笠間貴弘・井上大介(NICT)・吉岡克成・松本 勉(横浜国大)

--- 10:50-11:05 休憩 --- (15分)

■3月2日(火) ICSS (12) 11:05-11:55
(38)/ICSS 11:05-11:30
マルウェアのAPIコール列を用いたCNNとランダムフォレストの精度評価
○浅井崇吾・布田祐一(東京工科大)

(39)/ICSS 11:30-11:55
深層学習を用いた異常検知による未知マルウェアファミリ検知手法の検討
○竹内 廉・水野慎太郎・ヴォ ゴック コイ グエン・土屋 純・西垣正勝・大木哲史(静岡大)

--- 11:55-13:40 昼休憩 --- (105分)

■3月2日(火) SPT(3) 13:40-15:45
(40)/SPT 13:40-14:05
Digital Twin Computingのセキュリティに関する二,三の考察
〇廣田啓一・鈴木亮平・森川輝(日本電信電話株式会社 NTTセキュアプラットフォーム研究所)

(41)/SPT 14:05-14:30
情報セキュリティ行動に対する楽観性バイアスの影響分析
〇中村慎也(長崎県立大学情報セキュリティ学科)・小松文子(長崎県立大学)

(42)/SPT 14:30-14:55
オンラインユーザ調査における参加者の注意力と回答内容の分析
〇松浦天我(早稲田大学)・長谷川彩子・秋山満昭(NTTセキュアプラットフォーム研究所)・森達哉(早稲田大学)

(43)/SPT 14:55-15:20
日本国内における児童向けセキュリティ教材の実態調査
〇坪根恵(早稲田大学 基幹理工学研究科 情報理工・情報通信専攻)・長谷川彩子・秋山満昭(NTTセキュアプラットフォーム研究所)・森達哉(早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部)

(44)/SPT 15:20-15:45
SNSユーザの適切なプライバシー開示行動を促すナッジの検討
〇伊藤詩歩・成田惇・菅沼弥生・西垣正勝・大木哲史(静岡大学)

--- 15:45-16:00 休憩 --- (15分)

■3月2日(火) SPT(4) 16:00-18:05
(45)/SPT 16:00-16:25
個人のクレジットカードなどに関する金融情報の価値の測定
〇竹村敏彦(城西大学)・小山明美・小川隆一(独立行政法人情報処理推進機構)

(46)/SPT 16:25-16:50
セキュリティ知識を必要としないリスクアセスメントツールの開発
〇中原加寸美・廣友雅徳(佐賀大学)・福田洋治(近畿大学)・毛利公美(岐阜大学)・白石善明(神戸大学)

(47)/SPT 16:50-17:15
ユーザがプライバシーポリシーを読むための支援ツール構築に関する再検証
〇金森祥子(国立研究開発法人情報通信研究機構)・佐藤広英(信州大学/国立研究開発法人情報通信研究機構)・太幡直也(愛知学院大学/国立研究開発法人情報通信研究機構)・野島良(国立研究開発法人情報通信研究機構)

(48)/SPT 17:15-17:40
サービス利用規約の読解促進に向けた特異な条項を強調するインタフェースの実装と評価
〇竹ノ内朝陽・矢谷浩司(東京大学大学院)

(49)/SPT 17:40-18:05
生体情報保護の可視性がユーザ体験とセキュリティ意識に及ぼす影響
〇菅沼弥生・Vo Ngoc KhoiNguyen・成田惇(静岡大学)・奈良成泰・一色寿幸・岡村利彦(NECセキュリティ研究所)・大木哲史(静岡大学)


※講演時間:一般講演 発表18分 + 質疑応答7分

SPT研究会Webページ:https://www.iwsec.org/spt/

研究発表会発表募集(終了しました)

★★★★★★★★★★★★★★★ 原稿締切厳守 ! ★★★★★★★★★★★★★★★★
・原稿締切日の24時を過ぎるとシステムに投稿が出来なくなり、
  発表も取り消しとなりますのでご注意ください。
・原稿締切までは何度でもご自身でアップロード可能です。
  (締切後は、原稿の差替え(再アップロード)、発表の取り消しもできませんのでご注意ください。)
・フォントが正しく埋め込まれていないといったトラブルもありますので、
  早めに一度アップロードされることをお勧めします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
情報処理学会セキュリティ心理学とトラスト研究会(SPT)は以下のように研究発表会を開催いたします.
つきましては発表論文を募集しますので奮ってご応募ください.

■日 程:2021年 3月1日(月)~2日(火)

■会 場:新型コロナウイルス感染症拡大状況を鑑み、オンライン開催に変更となりました。(2021.1.13)
沖縄県総合福祉センターとオンラインの同時開催
(今後の新型コロナウイルス感染症拡大状況によってはオンラインのみ等へ変更となる場合もあります.あらかじめご承知おきください.)
〒903-8603 沖縄県那覇市首里石嶺町4丁目373-1
https://www.okishakyo.or.jp/center/
※現地開催に関する注意:
現地開催の有無や発表会場の収容人員の上限については、沖縄県の「
新型コロナウイルス感染症にかかる沖縄県主催イベント等実施ガイドライン」等の行政からの文書や会場の指示、そして本学会および連催の電子情報通信学会が示すガイドライン等に従って決定します。そのため、現地開催の場合でも1つの発表会場への入場者数に上限を設けさせていただくことが想定されています。
2つの会議室を使った開催を予定していますが、本CFP作成時点の2020年10月21日時点の各種ガイドライン等に従いますと、片方の会議室に想定来場者全員は収容することはできないことが予想されています。


■連 催: 電子情報通信学会 情報通信システムセキュリティ研究専門委員会 (ICSS)
https://www.ieice.org/iss/icss/

■発表申込締切:2021年1月13日(水)23:59

■原稿締切:2021年1月27日(水)23:59
※締切以降は,原稿の提出,差替,取下げはできません.
※原稿未提出の場合は発表申込キャンセルの扱いとなりますので,発表できません.

■申込方法:下記Webページよりお申し込みください.
SPT研究会発表申込 : https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/SPT/
※「姓名・タイトルの英文入力欄は必須ではありません」とありますが,姓名・タイトルについては英文入力欄にも記入をお願いします.

■発表申込み・原稿作成の手順:下記Webページをご参照ください.
https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/happyo.html

■原稿に関する留意点:
原稿仕上がり枚数は原則として最大8ページ,6ページ以上が望ましいとさせて頂きます.
研究報告用PDF原稿等は,下記の申し込みページでご提出ください.

■注意事項:
研究報告の完全オンライン化に伴い,研究発表当日の資料は,開催の1週間前に情報処理学会電子図書館(情報学広場)に掲載されます.そのため,研究報告に掲載される論文の公知日は,研究発表会の開催日初日の1週間前となります.特許申請の扱い等の際にはご注意ください.詳細については以下のURLをご参照ください.
https://www.ipsj.or.jp/03somu/kinen_jigyo/50anv/d-library/dl-sig.html

■参加費:
詳細は下記Webページをご参照ください.
https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html

■照会先 [AT]は@に置き換えてください.
情報処理学会SPT研究会 畑島隆(NTT) takashi.hatashima.ch[AT]hco.ntt.co.jp

■研究会のご案内および最新情報は各研究会のWEBページでご確認ください.
情報処理学会 SPT研究会: http://www.iwsec.org/spt/
電子情報通信学会 ICSS研究会: https://www.ieice.org/iss/icss/

 

調査研究担当への問い合わせフォーム