第124回数理モデル化と問題解決研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館(情報学広場)で公開します。
    ※2019年度より研究発表会当日用サイトのID・パスワードの事前配布は行わないことになりました。研究会に登録されている方で研究発表会に参加されない場合の論文のダウンロードには上記電子図書館をご利用くださいますようお願いいたします。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

日 程 : 2019年7月29日(月)
場 所 : 米国ラスベガス (Luxor ”MGM Resorts International”, Las Vegas, Nevada, USA)

(1)Fast Bayesian Restoration of Poisson Corrupted Images with INLA
Takahiro Kawashima,Hayaru Shouno(The University of Electro-Communications)

(2)Branching Deep Q-Network Agent for Joint Replenishment Policy
Hiroshi Suetsugu,Yoshiaki Narusue,Hiroyuki Morikawa(University of Tokyo)

(3)Molecular activity prediction using graph convolutional deep neural network considering distance on a molecular graph
Masahito Ohue,Ryota Ii,Keisuke Yanagisawa,Yutaka Akiyama(Tokyo Institute of Technology)

(4)機械学習を用いたホモロジーモデリングのための配列アラインメント生成手法の高速化
成井 政人,牧垣 秀一朗,石田 貴士(東京工業大学)

(5)近代書籍のためのフォントを自動生成するニューラルネットワークの構造
竹本 有紀(奈良女子大学),石川 由羽(滋賀大学),田 雅美,城 和貴(奈良女子大学)

(6)帝国会議会議録における semantic segmentationを用いたレイアウト解析
飯田 紗也香,竹本 有紀(奈良女子大学),石川 由羽(滋賀大学),田 雅美,城 和貴(奈良女子大学)

(7)Kahan-Hirota-Kimura 型離散 3 波システムと QRT マッピング
高江 宥光(京都大学),高田 雅美(奈良女子大学),木村 欣司(福井大学),中村 佳正(京都大学)

(8)Givens回転を用いた単精度浮動小数点演算におけるThick-Restart Lanczos法の改良
青木 雅奈(京都大学),高田 雅美(奈良女子大学),木村 欣司(福井大学),中村 佳正(京都大学)

(9)両側ヤコビ法の実装について
荒木 翔(京都大学),高田 雅美(奈良女子大学),木村 欣司(福井大学),中村 佳正(京都大学)

(10)Shape Recognition Technique for High-accuracy Mid-surface Mesh Generation
Megumi Okumoto,Sumadi Jien,Junko Niiharu,Kiyotaka Ishikawa,Hirokazu Nishiura(Integral Technology Co., Ltd.)

(11)A Study on the Effects of Elements of Games in Oddball Tasks for User's Motivation and Event-Related Potential
Tadashi Koike,Tomohiro Yoshikawa,Takeshi Furuhashi(Nagoya University)

(12)A Method to Acquire Multiple Satisfied Solutions
Tomohiro Yoshikawa,Kouki Maruyama(Nagoya University)

(13)Performance evaluation of MEGADOCK protein-protein interaction prediction system implemented with distributed containers on a cloud computing environment
Kento Aoyama(Tokyo Institute of Technology / AIST),Yuki Yamamoto,Masahito Ohue,Yutaka Akiyama(Tokyo Institute of Technology)

※第124回 MPS研究会は,ラスベガスにおいて PDPTA'19 と共催します。
※詳細は、MPS研究会Webページ もご確認ください。

 

発表募集(募集は終了しました)

日 程 : 2019年7月29日(月)
場 所 : 米国ラスベガス (Luxor ”MGM Resorts International”, Las Vegas, Nevada, USA)

※第124回 MPS研究会は,ラスベガスにおいて PDPTA'19 と共催します。
※詳細は、MPS研究会Webページ もご確認ください。

 


 

調査研究担当への問い合わせフォーム