高度交通システム(ITS)研究フォーラム2020

2020年はガソリン自動車発明から150周年にあたり、技術的にはレベル4の自動 運転車の実用化というひとつの節目を迎えようとしてます。自動運転は渋滞に よる時間の損失や環境汚染や地球温暖化、事故などといった問題に対する根本 的な解決になると期待されています。同時に、自動運転を軸として交通や移動 の概念が変わり、このような変化は、ビジネス、法律、制度など社会全般に大 きな影響が及ぼすと考えられています。
情報処理学会高度交通システムとスマートコミュニティ(ITS)研究会では、 2001年より高度交通システム(ITS)シンポジウムを開催し、ITSの現状と今後 の研究・開発の課題に関する知識の共有、研究者間の交流の場として参りまし た(2017年度より名称を高度交通システム(ITS)研究フォーラムに変更)。今 回のテーマは「Mobility as a Service (MaaS) 最前線」です。MaaSは情報通信 技術を活用して自動車を含む全ての交通手段をシームレスに統合して、移動を 1つのサービスとして提供するものです。今回、MaaSに関する技術、サービス、 動向について多くの専門家の皆様に講演をお願いいたしました。皆様のご参加 をお待ちしております。

日時&会場

日 時:2020124日(金)10:00~17:10
会 場:慶応義塾大学日吉キャンパス 来往舎シンポジウムスペース
(〒223-8521 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1)
 

テーマ

Mobility As A Service (MAAS) 最前線

主催

情報処理学会高度交通システムとスマートコミュニティ(ITS)研究会

協賛

ITS Japan
モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム(MBL)研究会
マルチメディア通信と分散処理(DPS)研究会
グループウェアとネットワークサービス(GN)研究会

参加費(論文集、消費税込)

情報処理学会正会員
ITSジャパン会員※
15,000円
ITS/MBL/GN/DPSのいずれかの
研究会登録会員
10,000円
非会員 18,000円
学生(社会人学生を除く)  無料

※ITSジャパン会員の方は、申込方法のアイコンでは、〔非会員のまま参加したい方〕をクリックしてください。

参加申込(準備中)

申込方法 :
以下アイコンのいずれかよりお申込みください。

※2018年9月よりイベントへの申込にはマイページが必要になりました。
 非会員の方もマイページ開設が必要です。開設には費用はかかりません。
※ITSならびに協賛研究会の登録会員資格で参加される場合で、研究会にまだ登録されていない方は
 マイページより研究会登録をしてからITSフォーラムのお申込みを行ってください。
 参考:研究会に登録する

membernyukainonmember
  
申込締切 :2020年1月15日

**お申し込みの際の注意事項**

  • 当日受付も致しますが,論文集が不足した場合は事前申し込み優先とさせていただきますのでご了承ください.
  • お支払いはマイページより原則1月15日までにお願いいたします。当日現金払いはできません。請求書・領収書もマイページよりダウンロード可能です。 参考)マイページの利用方法:お支払い
  • 参加申込後、やむを得ず参加を取り消される場合は、事前申込締切日までにご連絡ください。取り消しの連絡のない場合は、準備の都合上、参加費を徴収させていただきます。

最新情報

シンポジウムに関する最新情報,講演内容梗概は研究会WEBページでご確認ください.

プログラム

10:00〜10:10 開会挨拶 ITS研究会主査 重野 寛(慶應義塾大学)
10:10〜10:20 ITS研究会令和元年優秀発表表彰式
10:20〜11:00 招待講演1:MaaSの現在と未来
牧村和彦(計量計画研究所)
11:00〜11:40 招待講演2: Universal MaaS ~移動をあきらめない世界へ~
大澤信陽(全日本空輸)
11:40〜13:00 (昼食)
13:00〜14:00 ポスター・デモ(最近のITS研究会での優秀発表者による依頼発表)
14:00〜14:40 招待講演3:鉄道関連MAASの動向(仮)
日高洋祐(MaaS Tech Japan)
14:40〜15:20 招待講演4:自動運転社会に向けた次世代モビリティサービス(仮)
湧川隆次(モネテクノロジーズ)
15:20〜15:30 休憩
15:30〜16:10 招待講演5:3つのインターネットが創るまちづくりの未来
二見 徹(ディー・エヌ・エー)
16:10〜16:50 招待講演6: バス情報のデータ標準化・オープンデータ化(仮)
太田 恒平(トラフィックブレイン)
16:50 閉会挨拶

 

申込についての問合せ先

 左カラムの〔研究部門へのお問い合わせ〕よりお願いいたします。

調査研究担当への問い合わせフォーム