第134回情報基礎とアクセス技術・第112回ドキュメントコミュニケーション合同研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

■日程・会場
日程:2019年3月22日(金)
会場:東洋大学白山キャンパス8号館8601教室
(詳細は研究会のWebページでご確認ください)


プログラム
〇が発表者

10:20-10:30 開会あいさつ

セッション1:文書コミュニケーションの支援技法
10:30-11:00 DC「地域情報共有のためのデジタルサイネージ・コンテンツに関する一検討」
〇大野 邦夫(モナビITコンサルティング)

11:00-11:30 DC「生活の中の説明文におけるわかりやすさの調査・検討-やさしい日本語の観点から-」
〇高橋 慈子(ハーティネス)、樋川 恭平(リナレッジ)、金子 泰規(フリーランス)、中挾知延子、市田せつ子(東洋大)

11:30-12:00 IFAT「ニューラルネットワークを用いた英日・日英機械翻字」
〇加藤 舜介、藤井 敦(東工大)


12:00-13:00 昼休み

セッション2:文書の構造化技法
13:00-13:30 DC「ドキュメントビルダSphinxによる運用手順書構造化への取り組み」
〇波田野裕一(北陸先端大)

13:30-14:00 IFAT「ソースコードの自動コメント付与を指向した構文木とキーワードの対応付け手法」
〇畠山 和久、藤井 敦(東工大)

14:00-14:30 DC「旅行記のLDAモデル分析による訪日中国人旅行者の旅行行動基礎的分析」
〇宋 紫龍、古屋 秀樹(東洋大)


14:30-14:45 休憩

セッション3:専門文書の分析技法
14:45-15:15 IFAT「Applying a New Subject Classification Scheme for a Database by a Data-driven Correspondence」
〇Kurakawa, Kei、Sun, Yuan(National Institute of Informatics)、Ando, Satoko(Clarivate Analytics Co., Ltd.)

15:15-15:45 IFATDC「学術用語解説ウェブページの分かり易さ・見易さ因子分析および見易さ自動評定結果の理由提示」
〇廣花 智遥、岡田心太朗、塩川 隼人、韓 炳材、宇津呂武仁(筑波大)、河田 容英(ログワークス)、神門 典子(情報学研)

15:45-15:50 閉会あいさつ
(予定)懇親会(詳細は研究会のWebページでご確認ください)


■最新情報は研究会Webページを御覧ください
IFAT研究会のページ   
http://ipsj-ifat.org/
DC研究会のページ   http://sigdd.sakura.ne.jp/

発表募集(終了しました)

IFAT・DCの合同研究発表会を以下のとおり予定しております.奮ってご応募のほど,よろしくお願い申し上げます.

■日時・会場
日時:2019年3月22日(金) 
会場東洋大学白山キャンパス8号館8601教室
(詳細は研究会のWebページでご確認ください) 

■発表申込締切
 2019年2月7日 23:59 延長しました!
・締切に遅れた場合、原稿は受付けられず、発表も取り消しとなります.
・締切までは何度でもアップロード可能です.
・締切後は、原稿の差替え(再アップロード)、発表の取り消しもできません.
 

■申込方法
下記Webページよりお申し込みください.
IFAT研究会発表申込みはこちら:https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/IFAT
DC研究会発表申込みはこちら:https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/DC

■最新情報は研究会Webページを御覧ください
IFAT研究会のページ   
http://ipsj-ifat.org/
DC研究会のページ   http://sigdd.sakura.ne.jp/


 

調査研究担当への問い合わせフォーム