第182回HPC研究発表会

第182回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会

この度の新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑み,本研究発表会は現地開催を中止し,Zoomを使用してのオンライン開催となりました.

参加を希望される方は,以下「参加申込」をご参照の上,情報処理学会マイページから参加申込をお願いいたします(当日でも申込可能です) .非会員の方もマイページを開設してお申し込みください.参加申込をしていただくと,ZoomのミーティングURL情報や研究報告のダウンロード方法を記載したメールをお送りします.参加費無料の研究会登録会員/ジュニア会員も,URLの取得と参加者数の把握のため,マイページより参加申込をしてくださいますようお願いいたします.

なお,不測の事態が発生した場合,HPC研究会WEBサイト(http://sighpc.ipsj.or.jp/),HPC研究会公式ツイッター(https://twitter.com/hpccommittee)にて告知を行う可能性があります。そちらにもご留意ください。

参考資料:全国大会時のZoom利用の手引き

参加申込

日程: 2021年12月6日(月)・7日(火)
場所
: オンライン開催
※新型コロナウィルスの情勢を考慮してオンライン開催とさせていただきます.

申込締切 : 2021年12月7日(研究発表会当日までお申し込みいただけます)
※当日まで申込可能ですが、現在非会員の方などはマイページ開設にお時間がかかる場合もございますので、お早目にお申込みくださいますようお願いいたします。

参加費
参加費(研究報告/税込)
参加種別 金額
HPC研究会登録会員/ジュニア会員   0円
情報処理学会名誉会員、正会員、賛助会員 1,500円
情報処理学会学生会員  500円
非会員(一般) 2,500円
非会員(学生) 1,000円

申込方法 :
以下アイコンのいずれかよりお申込みください。

※非会員の方もマイページ開設が必要です。開設には費用はかかりません。
 非会員の方で既にマイページを開設済みの方は、そちらのIDでお申込み可能です。
※HPC研究会登録会員の費用で参加される場合で、HPC研究会にまだ登録されていない方は
 マイページより研究会登録をしてから研究発表会参加のお申込みを行ってください。
 参考:研究会に登録する

membernyukainonmember
  
**お申込みの際の注意事項**

  • 参加申込にてご提供頂いた個人情報は、情報処理学会プライバシーポリシーに則って適切に管理します。 なお、研究会幹事より直接ご連絡させていただく場合もございますのでご了承願います。 参考) 情報処理学会プライバシーポリシー
  • 参加費のお支払いはマイページより12月14日(火)までにお願いいたします。請求書・見積書・納品書・領収書もマイページよりダウンロード可能です。 参考) マイページの利用方法:お支払い
  • 参加申込後は申込キャンセルは出来ませんのでご注意ください。

研究報告について

参加申込をしていただいた方にお送りするメールに、研究報告をダウンロードするためのID・パスワード等を記載しております。
研究会登録会員の方は 電子図書館(情報学広場) からもダウンロード可能です。
研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に公開となります。

領収書について
領収書は入金後にマイページよりダウンロード出来ます。
領収書は1回しか発行できませんので、日付、宛名、但し書きをよく確認してから発行してください。
クレジットカード決済の場合は即時発行が可能ですが、それ以外は入金済になるまで2~14営業日程かかります。
参考)マイページの利用方法:お支払いマイページに関するよくある質問

照会先
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-5 化学会館4F
一般社団法人 情報処理学会 調査研究 研究部門   E-mail:sig"at"ipsj.or.jp

プログラム

12月6日(月)

■アクセラレータ 13:00-14:30
(1)コンシューマ向けGPUを用いた3倍精度(Triple-Single)行列積の性能評価
打桐 大雅、幸谷 智紀(静岡理工科大)

(2)AMD MI100に向けたN体計算コードの移植と性能評価
三木 洋平、塙 敏博(東大)

(3)Wisteria/BDCE-01におけるNVIDIA A100 GPUの電力性能ばらつきの評価
提山 春日、吉田 幸平、三輪 忍、八巻 隼人、本多 弘樹(電通大)

■富岳 14:45-15:45
(4)A64FXに向けたnek CFD solverにおけるaxhelmカーネルの最適化と評価
辻 美和子、佐藤 三久(理研)

(5)富岳を用いた大規模並列実行による因果探索手法 LiNGAM の高速化
松田 一仁、山崎 雅文、川上 健太郎、栗原 康志、山田 芙夕楓、田原 司 睦、 横山 乾(富士通)

■ML + HPC 16:00-17:30
(6)深層強化学習を用いたジョブスケジューリングへの不確実なジョブ属性の影 響 の検証
滝澤 真一朗(産総研)、野村 哲弘(東工大)、松葉 浩也(東大)

(7)深層学習における実行時ファイルステージング
樋口 遼太郎、三輪 忍、八巻 隼人、本多 弘樹(電通大)

(8)観測データ同化による長周期地震動リアルタイム予測へ向けた試み
中島 研吾、古村 孝志、鶴岡 弘(東大)、坂口 吉生(富士通)、松葉 浩也 (東大)、住元 真司(富士通)、八代 尚(NIES)、荒川 隆(RIST)、塙 敏 博(東大)


12月7日(火)

■数値解析 13:00-14:30
(9)近似逆行列前処理における前処理行列生成部の簡略化とスレッド並列化
鈴木 謙吾、深谷 猛、岩下 武史(北大)

(10)少数のレゾルベントを用いるフィルタ対角化法について
村上 弘(都立大)

(11)浮動小数点数を係数に持つTaylor級数法による微分代数方程式の解法
平山 弘、小宮 聖司(神奈工大)

■高性能計算 14:45-16:15
(12)ppOpen-ATにおける演算精度と消費電力を考慮した自動チューニング方式の提案
山梨 祥平(名大)、八代 尚(国環研)、片桐 孝洋、永井 亨、大島 聡史(名 大)

(13)Order/Radix Problemにおける対称性を利用した最適化アルゴリズムの提案
中尾 昌広(理研)、塚本 雅生(関西大)、花田 良子(関西大)、山本 啓 二 (理研)

(14)Not Quantum but Classical Supremacy
太田 昌孝(東工大)

■通信 16:30-18:00
(15)スーパーコンピュータ富岳上でのMPI集団通信性能の評価
細野 七月(神戸大)、岩澤 全規(松江高専)、牧野 淳一郎(神戸大)

(16)MPIにおける小規模実行時の通信トレース解析による大規模実行時の通信タイ ミング予測の評価
岡田 悠希、三輪 忍、八巻 隼人、本多 弘樹(電通大)

(17)超大規模並列計算時代における通信機構「N-STDIO」のポスト処理利用
森江 善之(帝京大)、本田 宏明(HREM)、柴村 英智、南里 豪志(九大)

発表募集のご案内(募集は終了しました)


原稿締切厳守 !

  • 原稿締切日の24時を過ぎるとシステムに投稿が出来なくなり、発表も取り消しとなりますのでご注意ください。
  • 原稿締切までは何度でもご自身でアップロード可能です(締切後は、原稿の差替え(再アップロード)、発表の取り消しもできませんのでご注意ください)。
  • フォントが正しく埋め込まれていないといったトラブルもありますので、早めに一度アップロードされることをお勧めします。



◆第182回 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会
(主査:岩下武史,幹事:高橋大介,星宗王,竹房あつ子,横田理央,中尾昌広)

■議題: 一般

日程: 2021年12月6日(月)・7日(火)
※発表件数により一日開催となる場合があります.

場所: オンライン開催
※新型コロナウィルスの情勢を考慮してオンライン開催とさせていただきます.

■発表申込締切2021年10月8日 → 15日(金)23:59 延長しました!

最終原稿締切
2021年11月5日(金)23:59
23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
また,フォントの埋め込みがされていないとアラートが出ます.
お早目にご投稿いただきますようお願い致します.

推奨ページ数
原稿ファイルはPDF形式で,推奨ページ数は6~8ページとします.
ファイルサイズは2MB以下としてください.
ページ数に厳密な制限は設けませんが,可能な限り,座長が読める程度の
10 ページ程度以下とし,それ以上の記述が必要な場合は付録として
まとめてください.

■照会先
HPC研究会幹事 E-mail: sighpc-kanji [at] sighpc.ipsj.or.jp ([at]を@に変えてください)

■発表申込方法
以下のURLの「発表申込」メニューよりお申込ください.
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/HPC/

  • 登壇者の年齢が2021年4月1日現在で30歳未満の場合は,研究会が推薦するCS領域奨励賞の審査対象となることができます.
    希望者は申込フォームの「研究会への連絡事項欄」に「若手発表」とご記入下さい.
    なお,本申告がない場合は審査対象となりませんので,ご了承ください.
    https://www.ipsj.or.jp/award/cs-award.html

  • 発表時に登壇者が学生である場合は,研究会が授与している賞である学生優秀発表賞の審査対象となることができます.
    希望者は申込フォームの「研究会への連絡事項欄」に「学生」とご記入下さい.
    なお,本申告がない場合は審査対象となりませんので,ご了承ください.
    https://www.ipsj.or.jp/award/hpc-award1.html