第188回HCI・第56回EC合同研究発表会

この度の新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑み,本研究発表会は現地開催を中止し,Zoomを使用してのオンライン開催となりました.

参加を希望される方は,以下「参加申込」をご参照の上,情報処理学会マイページから参加申込をお願いいたします(当日でも申込可能です) .非会員の方もマイページを開設してお申し込みください.参加申込をしていただくと,
ZoomのミーティングURL情報や研究報告のダウンロード方法を記載したメールをお送りします.参加費無料の研究会登録会員/ジュニア会員も,URLの取得と参加者数の把握のため,マイページより参加申込をしてくださいますようお願いいたします.

参考資料:全国大会時のZoom利用の手引き

参加申込

日  程 : 2020年6月1日(月)~2日(火)
会  場 : オンライン(Zoom)

申込締切 :   2020年6月2日(研究発表会当日までお申し込みいただけます)


参加費
参加費(研究報告/税込)
参加種別 金額
{HCI,EC}研究会登録会員/ジュニア会員   0円
情報処理学会名誉会員、正会員、賛助会員 2,000円
情報処理学会学生会員  500円
非会員(一般) 3,000円
非会員(学生) 1,000円

申込方法 : 
以下アイコンのいずれかよりお申込みください。

※非会員の方もマイページ開設が必要です。開設には費用はかかりません。 
 非会員の方で既にマイページを開設済みの方は、そちらのIDでお申込み可能です。
※当該研究会登録会員の費用で参加される場合で、研究会にまだ登録されていない方は
 マイページより研究会登録をしてから研究発表会参加のお申込みを行ってください。
 参考:研究会に登録する

membernyukainonmember
   
**お申込みの際の注意事項**

  • 参加申込にてご提供頂いた個人情報は、情報処理学会プライバシーポリシーに則って適切に管理します。なお、研究会幹事より直接ご連絡させていただく場合もございますのでご了承願います。 参考) 情報処理学会プライバシーポリシー
  • 参加費のお支払いはマイページより原則6月末までにお願いいたします。請求書・見積書・納品書・領収書もマイページよりダウンロード可能です。 参考) マイページの利用方法:お支払い
  • 参加申込後は申込キャンセルは出来ませんのでご注意ください。
研究報告について
  参加申込をしていただいた方にお送りするメールに、研究報告をダウンロードするための
  ID・パスワード等を記載しております。
  研究会登録会員の方は 電子図書館(情報学広場) からもダウンロード可能です。 
  研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に公開となります。

領収書について
  領収書は入金後にマイページよりダウンロード出来ます。領収書は1回しか発行できません
  ので、日付、宛名、但し書きをよく確認してから発行してください。クレジットカード決済
  の場合は即時発行が可能ですが、それ以外は入金済になるまで2~14営業日程かかります。
  参考)マイページの利用方法:お支払い / マイページに関するよくある質問

照会先
       〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-5 化学会館4F
       一般社団法人 情報処理学会 調査研究 研究部門   E-mail:sig"at"ipsj.or.jp

プログラム

■開催期間: 2020年6月1日(月)-2日(火)
■開催場所: オンライン
■テーマ: 人工現実感,エンタテインメント,メディアエクスペリエンスおよび一般
■プログラム
プログラムは予定です.過去研究会の代替発表が今後追加されます.
 
HCI: 情報処理学会 ヒューマンコンピュータインタラクション研究会
EC: 情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会
DeMO: ヒューマンインタフェース学会デバイスメディア指向ユーザインタフェース研究会(SIGDeMO)
MVE: 電子情報通信学会メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)
 
●1日目 6月1日(月)
 
○9:00-10:20 音 座長:草野孔希(メルペイ)
 
[EC 萌芽]
(1)カラオケの「盛り上がり維持」を目指した曲順提案・曲推薦システムの提案
門司 直樹,牛田 啓太(工学院大学)
 
[EC 萌芽]
(2)セッションが可能なスマートフォンを⽤いたセミ・エア楽器システムの検討
山田 優士,牛田 啓太(工学院大学)
 
[HCI]
(3)立体形状を有する音源との直接対話を可能にする能動的音楽鑑賞デバイス
山崎 萌恵,永井 美央花,中嶋 祐雅,福岡 美結(電気通信大学),佐藤 俊樹(北陸先端科学技術大学院大学)
 
[HCI]
(4)GUIからのVUI生成による入力手順数の減少手法
篠原 佑友(早稲田大学),岩田 一(神奈川工科大学),白銀 純子(東京女子大学),深澤 良彰(早稲田大学)
 
[HCI]  ※オンライン発表は無し
(5)日常ヘルスケアのための音声対話3Dエージェントの開発
能勢 隆,三田 昌輝,遠藤 勇,柳澤 佑介,佐藤 勇人(東北大学)
 
○10:30-12:10 画像と音 座長:濱田健夫(東京大学)
 
★HCI3月代替発表(HCI187-14)
 音の長さの変化によりドラム演奏のずれを認識および誘導させるメトロノームシステムの提案
細谷 美月(明治大学),佐々木 美香子(明治大学),小松 孝徳(明治大学),中村 聡史(明治大学)
 
★HCI3月代替発表HCI187-15) 
 未知の音楽に誘導することを目的とした分岐型人力音楽推薦手法の提案
野中 滉介(明治大学),中村 聡史(明治大学)
 
☆MVE3月代替発表
 Self-Play深層強化学習を用いた画像の高速非線形リサイズ
梶浦信勝・小杉 哲・汪 雪婷・山崎俊彦・相澤清晴(東大)
 
☆MVE3月代替発表
 YouTubeサムネイルの自動生成手法の提案とその評価
覚井優希・下野明佳里・山崎俊彦(東大)
 
 
○13:10-14:50 XR 座長:伊藤雄一(大阪大学)
 
[EC]
(6)GANによる光学的整合性が保たれたAR画像の生成手法の提案
池谷 駿弥,佐藤 正章,井村 誠孝(関西学院大学)
 
[DeMO]
(7)ラバーハンド錯覚を利用した身体への映像と触覚の同時提示に関する検討
泉 健太, 鈴木 蒼生, 市川 将太郎, 高嶋 和毅, 藤田 和之, 北村 喜文(東北大学)
 
[HCI]
(8)自己位置推定可能な複数のデバイスを用いた操作を可能とするインサイドアウト方式のXR用コントローラの提案
服部 圭介,平井 辰典(駒澤大学)
 
[MVE]
(9)相互反射領域推定法を用いた高速な金属物の検出
住吉信一・坂本雄児(北大)
 
○15:00-15:50 ディスプレイ 座長:北原格(筑波大学)
 
[MVE]
(10)単一の再帰透過光学素子による空中像の奥行き反転を解消する光学系
松村俊輝・阪口紗季・苗村 健(東大)
 
[HCI]
(11)UPLIGHT:小型全周囲ディスプレイを搭載した 次世代の携帯型ゲームデバイスの開発
中村 俊勝,加藤 達也(電気通信大学),伊藤 思音(武蔵野美術大学),佐藤 俊樹(北陸先端科学技術大学院大学)
 
〇16:00-17:40 行動分析 座長:後藤充裕(NTT)
 
★HCI3月代替発表(HCI187-2) 
 未就学児向けコンテンツ「デジタルおままごと」の開発および行動観察結果とその考察
栗原 彩花(明治大学),本間 梨々花(明治大学),竹花 優希(明治大学),五十嵐 悠紀(明治大学)
 
★HCI3月代替発表(HCI187-3) 
 無目的なスマートフォン起動タイミングの検出手法の検討
 桑原 樹蘭(明治大学),中村 聡史(明治大学)
 
★HCI3月代替発表(HCI187-5) 
 ランキングバイアスの緩和に向けたポジティブ情報の利用と閲覧パターンの分析
清水 友順(神戸大学大学院 工学研究科),双見 京介(立命館大学 情報理工学部),牟田 将史(楽天株式会社楽天技術研究所),益子 宗(楽天株式会社楽天技術研究所),寺田 努(神戸大学大学院 工学研究科),塚本 昌彦(神戸大学大学院 工学研究科)
 
★HCI3月代替発表(HCI187-6)
 インタラクティブ・エージェントの語彙セットに対する概念空間の割り当て手法の検討
佐藤 真知子(Microsoft / お茶の水女子大学),和家 尚希(Microsoft),笹渕 一宏(Microsoft),中村 美奈子(お茶の水女子大学),池内 克史(Microsoft)
 
●2日目 6月2日(火)
 
○9:30-10:45 デバイス 座長:生田泰章(サイボウズ・ラボ)
 
[HCI]
(12)3DモデリングのためのTDRに基づくブロック構造識別システムの検討
齋藤 圭汰,志築 文太郎,川口 一画,高橋 伸(筑波大学)
 
[HCI]
(13)3Dプリンタと転写箔を用いた両面基板の製作手法
今井 悠平(芝浦工業大学),瀬川 典久(京都産業大学),加藤 邦拓(東京工科大学),真鍋 宏幸(芝浦工業大学)
 
[EC]
(14)MealJammer:電磁石を用いた皿駆動型食事阻害システムの提案
元川 錦,加藤 明日香,横窪 安奈,ロペズ ギヨーム(青山学院大学)
 
〇10:55-11:45 デザイン 座長:谷川智洋(東京大学)
★HCI3月代替発表(HCI187-20)
 グラフのメンタルモデルを保存するモーフィング手法の開発と評価
 山縣 開登(筑波大学),三末 和男(筑波大学)
★HCI3月代替発表(HCI187-21)
 モバイル決済アプリにおけるeKYCのデザインの考察
 草野 孔希(株式会社メルペイ
 
○13:00-15:05 支援 座長:岩本拓也(サイバーエージェント)
 
[MVE]
(15)グループワークの振り返り支援に向けた付箋の分類履歴のプロジェクション
祐村昌秀・阪口紗季・福嶋政期・苗村 健(東大)
 
[HCI]
(16)クリエイター支援を目的としたメイキング閲覧ツールの開発
三末 和男,木幡 有紀乃(筑波大学)
 
★HCI3月代替発表(HCI187-8)
 プログラミング教育における間違い探し問題の自動生成
窪田 開(東京大学),福里 司(東京大学),五十嵐 健夫(東京大学)
 
★HCI3月代替発表(HCI187-26) 
 キリの悪いカウントダウンを用いた限界突破手法の提案
南里 英幸(明治大学),中村 聡史(明治大学)
 
★HCI3月代替発表(HCI187-29)
 カテゴリ別リアルタイム意思表出機能による議論最終合意への影響
佐々木 千尋(佐賀大学大学院工学系研究科),大島 千佳(佐賀大学理工学部),梶原 薪(佐賀大学大学院工学系研究科),中山 功一(佐賀大学理工学部)
 
○15:15-17:25 MVE企画 座長:青木良輔(NTT)
(企画概要説明) 青木良輔(NTT)
 
[MVE]
(17)いん・たんでむ:親の生活状況を子のながら作業中に情報提示するエージェントデバイスを用いたコミュニケーション支援システム
出口夕里菜・篠﨑一慶・菅原壱真・諏訪陽一・永島 温・中村海里・中山 和・庭野秀介・根本瑞希・渡邊健太郎(東京電機大)・青木良輔(NTT)・武川直樹(東京電機大)
 
[MVE]
(18)児童期に話し足りなかった話題に関する調査 ~ 親子コミュニケーションの質向上に向けて ~
苔縄大地・篠崎一慶・藤井直也・江崎航矢・島﨑崚人・勝山滉平・中町亮介・神田貴史(東京電機大)・青木良輔(NTT)・武川直樹(東京電機大)
 
[MVE]
(19)共働きの親に留守番の子どもの宅内状況に関するメッセージを曖昧化して送信するコミュニケーション支援システム
西岡菜月・中野希海・○篠﨑一慶・大塚千夏子・望月大暉・井手口志遠・清水祐甫(東京電機大)・青木良輔(NTT)・武川直樹(東京電機大)
 
[MVE]
(20)離れて暮らす孫と祖父母の日常をつなぐ遠隔対話システムによるコミュニケーション支援
宮崎奈々子・○篠﨑一慶・村田花梨・三橋陽奈子・三浦京之介・高木智香子・宝田 健・山ノ内尚哉・若山 柊・青山悠介(東京電機大)・青木良輔(NTT)・武川直樹(東京電機大)
 
[MVE]
(21)焦点シフト型ワークショッププログラムを適応した授業の紹介
青木良輔(NTT)・武川直樹(東京電機大学)
 
※当日オンライン発表件数 33件(うち HCI177代替発表11件、MVE代替発表2件含む)、1件オンライン発表なし(HCI178-5)
----
 
連絡先
HCI: sighci188 [AT] sighci.jp
EC: m.imura [AT] kwansei.ac.jp (井村), hama3take3 [AT] gmail.com (濱田)
 

研究発表会発表募集

  ★★★★★★★★★★★★★★★ 原稿締切厳守 ! ★★★★★★★★★★★★★★★★
・原稿締切日の24時を過ぎるとシステムに投稿が出来なくなり、
  発表も取り消しとなりますのでご注意ください。
・原稿締切までは 何度でもご自身でアップロード可能 です。
  (締切後は、原稿の差替え(再アップロード)、発表の取り消しもできませんのでご注意ください。)
・フォントが正しく埋め込まれていないといったトラブルもありますので、
  早めに一度アップロードされることをお勧めします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
*** オンライン開催に移行しました ***
 
本研究発表会では,「人工現実感,エンタテインメント,メディアエクスペリ
エンス」をテーマに発表申込を募集します.同時に,HCI・ECに関連する一般
発表も受け付けます.
 
新型コロナウイルスの状況を鑑み,オンライン開催といたします.
ご不自由をおかけしますが,オンライン研究会のありかたを試行できればと
思います.
 
4月10日(金)が申込締切となっております.
みなさまからの積極的なお申込みをお待ちしております.
 
開催期間: 2020年6月1日(月),2日(火)
開催場所: *** オンライン開催 ***
 
共催:
- 日本バーチャルリアリティ学会
- ヒューマンインタフェース学会デバイスメディア指向ユーザインタフェース研究会(SIGDeMO)
- 映像情報メディア学会 スポーツ情報処理時限研究会(ITE-SIP)
連催:
- 電子情報通信学会メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)
 
申込締切: 2020年4月10日(金) ← 延長しました
原稿締切: 2020月4日20日(金) 23:59まで ※厳守です.
 
【発表申込方法】
 
Webフォーム経由での申し込みになります.
以下の研究会のうち所属されている研究会を一つ選択し,発表申し込みを行って
ください.
複数の研究会に所属されている場合には,任意の一つの研究会を選択してください.
 
原稿のフォーマットについては情報処理学会の下記URLを参照してください.
 
【各研究会からの連絡】
 
■HCI研究会
 
HCI研究会では,学生奨励賞,研究会貢献賞という2つの賞を設けております.
申込フォームの【研究会への連絡事項】欄に,これらの賞へのエントリー等に
関する質問(項目A~C)を記載しておりますので,回答をお願い致します.
 
■EC研究会
 
EC研究会では,発表形態として,一般発表と萌芽的研究発表(講演時間半分,[AT]
予稿集2ページ)を用意しています.
また,デモセッションにつきまして,オンライン開催となったことにより,
現地での体験はできませんが,遠隔で披露していただくことは可能です.
希望される方は担当の井村 m.imura[AT]kwansei.ac.jp までご連絡ください.
セッションの詳細については http://entcomp.org/sig/?page_id=636
ご確認ください.
 
萌芽的研究としての発表を希望される場合は,申込の際に,「研究会への連絡事項」
の欄に「萌芽的研究」と記入してください.
 
EC研究会では,学生の優秀な発表に対して,学生優秀賞を授与しております.
発表者が学生の場合,申込の際に,「研究会への連絡事項」の欄に「学生優秀賞」
と記入してください.
 

調査研究担当への問い合わせフォーム