第110回ドキュメントコミュニケーション研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

開催日:2018年9月6日(木)~7日(金)

場所:成蹊大学 6号館401教室(180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1)
http://www.seikei.ac.jp/university/accessmap/index.html
http://www.seikei.ac.jp/university/aboutus/campus_uni.html

テーマ:出版・文字関連とドキュメントベースのヒューマンコミュニケーション技術および一般 

プログラム
9/6(木)
□10:00-10:10:オープニング

■10:10-11:40:感情分析
1)10:10 - 10:35
人手による感情ラベル付けにおける応答時間に着目した感情推定難易度の評価
山下紗苗(明石高専)
2)10:35 - 11:00
皮肉検出のための皮肉の対象の推定
肥合智史(九工大)
3)11:00 - 11:25
日本の近現代史の而二不二モデルの構想 ~ 世界日本モデルを前提として ~
沢 恒雄(遊工学研)
●11:25 - 11:40:ディスカッションタイム (15分)

■13:10-14:40:テキスト分析と多分野との境界
4)13:10 - 13:35
日本語学習者会話データを用いた相互行為分析と対話破綻の分析に関する一考察 ~ ‐対話破綻検出や対話システムへの適用を目指して‐ ~
太田博三(放送大)
5)13:35 - 14:00
テキストアナリティクスと音声解析と認知科学と検索エンジン
田淵龍二(ミント音声教育研)
6)14:00 - 14:25
顧客理解のためのテキストアナリティクスとデータマイニングの融合
市瀬 眞(NTTドコモ)
●14:25 - 14:40:ディスカッションタイム (15分)

■14:50-16:20:招待講演
7)14:50 - 15:30
弁護士と言語処理技術 ~ LegalForceが目指す企業法務の未来と展望 ~
舟木類佳(LegalForce)
8)15:40 - 16:20
アナリストレポートの機械学習・自然言語処理技術への応用
平松賢士(IFIS)

■16:30-18:00:テキスト分析のための技術
9)16:30 - 16:55
ニュース記事を用いた国家間の関連性の要因分析
生島良太(都立産技高専)
10)16:55 - 17:20
短文に対する補助文脈を考慮した語義曖昧性解消
佐々木 稔(茨城大)
11)17:20 - 17:45
スパース構造推定に基づく語の潜在的共起グラフ抽出 ~ 転職サイト会員アンケートを題材にトピックモデルと分散表現の比較 ~
窪野 哲光(パーソルキャリア)
●17:45 - 18:00:ディスカッションタイム (15分)

(懇親会)19:00-21:00

9/7(金)
■10:00-11:00:ソーシャル分析
12)10:00 - 10:30
ソーシャル・ネットワーキング・アプローチによる英語スキルの展開とグローバル社会での活動に関する考察
大野 邦夫(モナビITコンサルティング)
13)10:30 - 11:00
ピクトグラムだけを利用した日常的コミュニケーションの可能性
根本 大志(東洋大学)

■11:00-12:00:招待講演
14)11:00 - 12:00
人間の時間管理特性,認知バイアスと災害情報の通知
一川 誠(千葉大学大学院人文科学研究院)

■13:10-14:40:機械学習応用
15)13:10 - 13:35
Fine-tuningに基づくショートテキストの自動分類
志村 和也(山梨大)
16)13:35 - 14:00
文学テキストの計量分析のための解釈に重点を置いた特徴量の検討
渡辺 隼(都立産技高専)
17)14:00 - 14:25
機械学習とテキストマイニングの組合せによる知識探索 ~ 地域ブランディングに関する新聞記事の内容分析 ~
大森 寛文(明星大)
●14:25 - 14:40:ディスカッションタイム (15分)

■15:00-16:40:特別企画:国際会議参加報告
18)15:00 - 15:30
ACL2018参加報告
張 培楠(サイバーエージェント)
19)15:30 - 16:00
ACL2018参加報告
清水 徹(ヤフー)
20)16:00 - 16:30
NAACL参加報告
上垣 外英剛(東工大)
●16:30 - 16:40:質疑応答(10分)

■16:50~18:20:情報抽出
21)16:50 - 17:15
レストラン・レビューにおける食べ物・飲み物表現の抽出
新堂 安孝(デジタルガレージ)
22)17:15 - 17:40
単語の分散表現に基づく専門用語辞書の拡張法
髙木 涼太(和歌山大)
23)17:40 - 18:05
有価証券報告書からの事業セグメントごとの業績要因文の抽出
高野 海斗(成蹊大)
●18:05 - 18:20:ディスカッションタイム (15分)

□18:20~18:30:クロージング

発表募集(終了しました)

第110回ドキュメントコミュニケーション研究会(DC研)を、成蹊大学にて開催いたします。

電子メールに加えて、LINEやtwitterなどSNSを用いた文章によるコミュニケーションが頻繁に利用されるようになってきました。私たちが文字を書き、読む過程も大きく変化しています。
世界の様々な文字の表示やその配置、それらの文書形式等、 従来型の文書処理技術の枠を超え、ドキュメントを受発信する人間系までも加味した
ヒューマンコミュニケーションの研究が必要となっています。

ドキュメントを用いたコミュニケーションにおいてはテキストの表層から読み取れる意味に加えて、文脈や視点など明に表示されていない言外・深層の意味も併せて読み取る必要があります。また、意味の表現、理解には書き手と受け手の既有の知識や、コミュニケ—ションに用いる言語に依存した特性も影響します。

この度、電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション研究会との連催にて、ドキュメントを用いたコミュニケ—ションを幅広く扱う研究会を企画いたしました。文字を書き・読む過程や、文章の作成・読解・コミュニケ—ション過程に関わる研究発表を広く募集いたします。発表はドキュメントベースのコミュニケ—ションに限定せず、また研究成果としてまとまっていない進行中の研究も歓迎します。

奮ってご参加のほど、よろしくお願いいたします。

◆開催概要
開催日:2018年9月6日(木)~7日(金)
場所:成蹊大学 6号館401教室(180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1)
http://www.seikei.ac.jp/university/accessmap/index.html
http://www.seikei.ac.jp/university/aboutus/campus_uni.html

テーマ:出版・文字関連とドキュメントベースのヒューマンコミュニケーション技術および一般

◆発表申込
オンラインで以下のURLからお申し込みください.
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/DC

◆主なスケジュール
発表申込締切  2018年7月13日(金) 
原稿締切    2018年 8月2日(木)頃を予定(正確には申込み締切り後に学会事務局から送られる締切日を順守ください)
研究会     2018年9月 6日(木)~7日(金) 研究会

◆懇親会
懇親会を予定しております。詳細が決まり次第、DC研究会Webページにてお知らせいたします。


◆問合先(本研究会担当者)
情報処理学会 ドキュメントコミュニケーション研究会
秋元良仁(凸版印刷)  ryoji.akimoto[at]toppan.co.jp
野々山秀文(セコム)  h-nonoyama[at]secom.co.jp

※電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション研究会
 (NLC、第13回テキストアナリティクス・シンポジウム)と連催
吉田 光男(豊橋技術科学大学)
榊 剛史(ホットリンク)
坂地 泰紀(東京大学) 
  共同メールアドレス tm-tokyo[at]pluto.ai.kyutech.ac.jp
 

調査研究担当への問い合わせフォーム