第107回ドキュメントコミュニケーション研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

・主査:守島浩((株)日立製作所)
・幹事:高橋慈子((株)ハーティネス),天笠俊之(筑波大),鈴木俊哉(広島大),秋元良仁(凸版印刷(株)),野々山秀文(セコム(株))
・開催日:平成29年11月30日(木)
・会場:セコム(株)セコムホール
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-1セコム本社ビル

10:30-10:40 開会ご挨拶
10:40-11:10 一般講演『言語・文章理解と異文化コミュニケーションにおける画像情報の役割』(モナビITコンサルティング 大野邦夫)
11:10-11:40 一般講演『ITシステム運用手順書における構造化手法の提案』(北陸先端科学技術大学院大学 波田野裕一)
11:40-13:00 昼休み
13:00-14:00 招待講演『文書の理解と産出の過程で他者への伝達意識を持つ意義-読解と作文の融合研究から』(実践女子大学 柏崎秀子)
14:00-14:10 休憩
14:10-15:10 招待講演『文章作成と読解プロセスの研究』(公立はこだて未来大学 大場みち子)
15:10-15:20 休憩
15:20-15:50 一般講演『テクニカルコミュニケーションの最新動向と価値提供への取り組み』(テクニカルコミュニケーター協会 黒田聡)
15:50-16:20 一般講演 『オフショア開発拠点の文書品質と生産性向上への取組み』(富士通株式会社 藤原琢也)
16:20-16:50 一般講演 『アノテーションを利用した読書活動支援システムの開発』(公立はこだて未来大学大学院 外川大悟)
16:50-17:00 閉会ご挨拶 

発表募集(終了しました)

・主査:守島浩((株)日立製作所)
・幹事:高橋慈子((株)ハーティネス),天笠俊之(筑波大),鈴木俊哉(広島大),秋元良仁(凸版印刷(株)),野々山秀文(セコム(株))
・開催日:平成29年11月30日(木)
・会場:セコム(株)セコムホール
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-1セコム本社ビル
■発表募集
テーマ 「文章の作成・理解プロセスの分析と支援技術及び一般」
誰かに伝えるために作成した文章において、書き手の目的意識・伝達意識や想定する読者像が作成過程や読解過程にどのように影響を与えるのか、あるいは重要事項、文脈、文章構成はどのように変化するのか、大変興味深いテーマではないでしょうか? 今回のDC研では上記をテーマに開催します。ドキュメントによるヒューマンコミュニケーションに関する心理や表現に関する研究発表を広く応募します。また、上記に限らずドキュメント制作技術、コンテンツ管理技術など関係領域の研究発表を広く求めます。多くの皆様のご発表登録をお待ちしております。
当日は実践女子大学の柏崎秀子先生による伝える意識を持った読解と文章作成の融合研究と、公立はこだて未来大学の大場みち子先生による文章作成時のツールの活用と分析に関する招待講演を予定しています。
ご興味をお持ちの方は気軽に参加され、楽しく充実したディスカッションができることを期待しております。
なお、研究会終了後、懇親会(別途有料)を予定しております。情報交換、交流の場として是非参加ください。参加の方は、11月25日までに下記担当幹事までご連絡お願いします。

■スケジュール
発表申込締切: 2017年 9月29日(金)  10月6日(金)23:59 延長しました!
原稿締切: 2017年11月6日(月) 23:59

■申し込み方法
   以下URLの「発表申込」メニューからお申込ください。
 

■問合せ先
ドキュメントコミュニケーション研究会 担当
高橋慈子((株)ハーティネス) shigeko<AT>heartiness.co.jp
野々山秀文(セコム(株))   h-nonoyama<AT>secom.co.jp
守島 浩((株)日立製作所) hiroshi.morishima.ay<AT>hitachi.com

 

調査研究担当への問い合わせフォーム