第225回CVIM研究発表会

  この度の新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑み,本研究発表会は現地開催を中止し,オンライン開催となりました.


参加を希望される方は,以下「参加申込」をご参照の上,情報処理学会マイページから参加申込をお願いいたします.非会員の方もマイページを開設してお申し込みください.参加申込をしていただくと,Zoomのミーティング情報や研究報告のダウンロード方法を記載したメールをお送りします.参加費無料の研究会登録会員/ジュニア会員もURLの取得と参加者数の把握のため,マイページより参加申込をしてくださいますようお願いいたします.

参考資料:全国大会時のZoom利用の手引き

参加申込

日時・会場:
日時:2021年3月4日(木)~5日(金)
開催方法:オンライン開催
※参加申込をしていただいた方に,自動返信メールにてオンラインURLと資料ダウンロードサイトをお送りします.メールが届かない場合は,sig@ipsj.or.jpまでご連絡ください.

参加費
参加費(研究報告/税込)
参加種別 金額
CVIM研究会登録会員/ジュニア会員   0円
情報処理学会名誉会員、正会員、賛助会員 2,000円
情報処理学会学生会員  500円
非会員(一般) 3,000円
非会員(学生) 1,000円
 
  
申込方法 : 
以下アイコンのいずれかよりお申込みください。

非会員の方もマイページ開設が必要です。開設には費用はかかりません。 
 非会員の方で既にマイページを開設済みの方は、そちらのIDでお申込み可能です。
賛助会員としてお申込みの場合、非会員として以下からご登録後にマイページから賛助会員で参加申込を行ってください。
※CVIM研究会登録会員の費用で参加される場合で、該当する研究会にまだ登録されていない方は
 マイページより研究会登録をしてから研究発表会参加のお申込みを行ってください。
 参考:研究会に登録する

membernyukainonmember
   
**お申込みの際の注意事項**

  • 参加申込にてご提供頂いた個人情報は、情報処理学会プライバシーポリシーに則って適切に管理します。なお、研究会幹事より直接ご連絡させていただく場合もございますのでご了承願います。 参考) 情報処理学会プライバシーポリシー
  • 参加費のお支払いはマイページより原則3月末までにお願いいたします。請求書・見積書・納品書・領収書もマイページよりダウンロード可能です。 参考) マイページの利用方法:お支払い
  • 参加申込後は申込キャンセルは出来ませんのでご注意ください。
研究報告について
  参加申込をしていただいた方にお送りするメールに、研究報告をダウンロードするための
  ID・パスワード等を記載しております。
  研究会登録会員の方は 電子図書館(情報学広場) からもダウンロード可能です。 
  研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)の2/25に公開となります。

領収書について
  領収書は入金後にマイページよりダウンロード出来ます。領収書は1回しか発行できません
  ので、日付、宛名、但し書きをよく確認してから発行してください。クレジットカード決済
  の場合は即時発行が可能ですが、それ以外は入金済になるまで2~14営業日程かかります。
  参考)マイページの利用方法:お支払い / マイページに関するよくある質問

照会先
       〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-5 化学会館4F
       一般社団法人 情報処理学会 調査研究 研究部門   E-mail:sig"at"ipsj.or.jp 

  

プログラム

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
CVIM 2021年3月研究会 プログラム(第225回)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
2020年11月コンピュータビジョンとイメージメディア研究会プログラム
(主査: 藤吉弘亘,幹事:田中正行,出口 大輔,延原章平,橋本敦史,満上育久,米谷竜)
 
日時:
 2021年3月4日(木) 9:30-17:30
 2021年3月5日(金) 9:30-17:40
 
会場:
 オンライン開催
 
 
連催 電子情報通信学会PRMU研究会
 
会場連絡先:
 橋本敦史 atsushi.hashimoto [at] sinicx.com
 
テーマ:
 
 
講演時間:
 特別講演: 発表50分 + 質疑10分
 口頭発表(CVIM申し込み分): 発表25分 + 質疑5分
 ※発表時間や質疑の時間は申込み研究会毎に異なりますのでご注意ください.
 
全体構成:
 
3月4日(木)
 09:30 - 11:30 セッション1-1
 09:30 - 11:25 セッション1-2
 11:30 - 13:00 昼食
 13:00 - 14:00 フェロー記念講演
 14:10 - 15:40 セッション2-1
 14:10 - 15:40 セッション2-2
 15:50 - 16:50 セッション3-1
 15:50 - 17:30 セッション3-2
 
3月5日(金)
 09:30 - 11:00 セッション4-1
 09:30 - 11:30 セッション4-2
 11:30 - 13:00 昼食
 13:00 - 14:00 特別講演
 14:10 - 15:20 セッション5-1
 14:10 - 15:20 セッション5-2
 15:30 - 17:00 セッション6
 17:00 - 17:30 CVIMポスターセッション
 17:30 - 17:40 CVIM奨励賞アナウンス
 
--------------------------------------------------------------------------
■■  3月4日(木)  セッション1-1  (09:30 - 11:30)
 (1) 09:30 - 10:00 [CVIM] 不完全な部分観測情報に基づく情報復元の曖昧さを表現する状況記述子の提案, 福井 尚卿, 松尾 直志, 島田 伸敬(立命館大)
 (2) 10:00 - 10:30 [CVIM] テスト環境に対する知識制約を考慮したドメイン適応戦略, 武良 盛太郎, 広橋 佑紀, 岡本 大和 (オムロン), 橋本 敦史(OSX)
 (3) 10:30 - 11:00 [CVIM] Spatial and Channel-wise Attention in Generative Adversarial Network forText-to-Face Synthesis and Manipulation ,周 禹とう, 島田 伸敬(立命館大)
 (4) 11:00 - 11:30 [CVIM] Counterfactual Image Generation using GAN for Fairness, 綿岡 晃輝 (神大), 松原 崇 (阪大) 上原 邦昭 (大阪学院大)
 
■■  3月4日(木)  セッション1-2  (09:30 - 11:25)
 (5)  09:30 - 09:45 [PRMU] Attentive Normalizationを拡張した3Dメッシュの自動生成, 深津佑太・青野雅樹(豊橋技科大)
 (6) 09:45 - 10:00 [PRMU] GAN識別器のアンサンブル学習による真正画像とクローン画像の識別, 濱崎直紀・中村和晃・新田直子・馬場口 登(阪大)
 (7) 10:00 - 10:15 [PRMU] 拡張型Attention機構を導入した顕著物体検出と画像合成への応用, 山内良介・青野雅樹(豊橋技科大)
 (8) 10:15 - 10:30 [PRMU] 半教師あり学習による非視覚センサ値を用いたカメラ画像列生成, 川上蒼太・岡田 渓・新田直子・中村和晃・馬場口 登(阪大)
 (9) 10:30 - 10:45 [PRMU] 空間周波数損失を用いた畳み込みニューラルネットワークの学習, 市村直幸(産総研)
 (10) 10:45 - 10:55 [PRMU/ショートペーパー] ]階層化Neural Processを用いた高解像度の部分画像補完, 宮原雅人・佐藤大佑・福田匡人・松村成宗・西川嘉樹(NTT)
10:55 - 11:25 個別ディスカッション
 
------  昼食  (  90分  )  ------
 
■■  3月4日(木)  フェロー記念講演  (13:00 - 14:00)
 (11) 13:00 - 14:00 [PRMU] 文理融合のヒューマンロボットインタラクション研究, 久野義徳(埼玉大)
 
------  休憩  (  10分  )  ------
 
■■  3月4日(木)  セッション2-1  (14:10 - 15:40)
 (12) 14:10 - 14:40[CVIM] 酪農牛舎における三次元歩行映像解析による全自動乳牛モニタリング, 谷野 陸(阪大), 大倉 史生, (阪大・JST), 八木 康史 (阪大)
 (13) 14:40 - 15:10 [CVIM] 擬似カメラ画像の内部補完学習を用いた拡張内視鏡画像の生成, 新田 潤平, 中尾 恵, 松田 哲也(京大)
 (14) 15:10 - 15:40 [CVIM] X-ray2Shape: グラフ畳み込みネットワークを用いた単一X-ray画像からの臓器形状再構成, Tong Fei , 中尾 恵(京大), 武 淑瓊(阪大), 中村 光宏, 松田 哲也(京大)
 
■■  3月4日(木)  セッション2-2  (14:10 - 15:40)
 (15) 14:10 - 14:25 [PRMU] multi-modal action recognition system-- recognizing actions based on RGB video, skeleton, audio and text data --, Hang Yuan・Taichi Imura・Misaki Fujishiro・Takashi Suenaga(NTT Data)
 (16) 14:25 - 14:40 [PRMU] 姿勢推定モデルに基づくスポーツ動画の動作分類, 佐藤荘一朗・青野雅樹(豊橋技科大)
 (17) 14:40-14:55 [PRMU] Shifting-subclipとHard Positive Miningを適用した人物照合のためのTwo-streamFeature-fusionアーキテクチャの評価, 廣井優姫・亀山渉(早大)
 (18) 14:55-15:10 [PRMU] Multi-stream Neural Networksを用いた手話単語認識, 丸山瑞己(阪府大)・Shuvozit Ghose(IIT)・井上勝文(阪府大)・Partha Pratim Roy(IIT)・岩村雅一・吉岡理文(阪府大)
15:10-15:40 個別ディスカッション
 
------  休憩  (  10分  )  ------
 
■■  3月4日(木)  セッション3-1  (15:50 - 16:50)
 (19) 15:50 - 16:20 [CVIM] マルチタスク深層学習による車載単眼カメラ映像のMotion Segmentation, 鷲本 昂樹, 吉岡 理文, 井上 勝文(阪府大)
 (20) 16:20 - 16:50 [CVIM] VRインタフェースを用いたタスク分割デモンストレーションによる6自由度把持の学習, 川上 大智, 大石 岳史, 石川 涼一(東大), ローハス メナンドロ (LINE)
 
■■  3月4日(木)  セッション3-2  (15:50 - 17:30)
 (21) 15:50 - 16:05 [PRMU] 深層学習による心エコー動画の自動領域分割, 王 開(和歌山大)・張 継偉(和大)・穂積健之(和歌山医科大)・呉 海元(和大)
 (22) 16:05 - 16:20 [PRMU] ディープラーニングに基づいた循環器OCT画像からの中膜検出, 張 継偉・王 開(和歌山大)・久保隆史(和歌山県立医科大)・呉 海元(和歌山大)
 (23) 16:20 - 16:35 [PRMU] 画像特徴量抽出と特徴量合成に基づく医療画像データに対するVQA, 馬田英雄・青野雅樹(豊橋技科大)
 (24) 16:35 - 16:50 [PRMU] Quantifying detection quality in the presence of adversarial inputs in dermatological images, Mishra Sourav(UTokyo)・Hideaki Imaizumi(exMedio)・Toshihiko Yamasaki(UTokyo)
 (25) 16:50 - 17:00 [PRMU/ショートペーパー] CNNとTransformerエンコーダを用いたうつ状態の検出, 劉 家慶(立命館)・黄 越・黄 辛隠(蘇大)・健山智子(滋賀大学)・岩本祐太郎・陳 延偉(立命館)
17:00-17:30 個別ディスカッション
 
■■  3月5日(金)  セッション4-1  (09:30 - 11:30)
 (26) 09:30 - 10:00[CVIM]点拡がり関数に基づく半透明物体の法線推定, 柴田 青, 岡部 孝弘 (九工大)
 (27) 10:00 - 10:30[CVIM]画素ごとの表面粗さ推定のための照明計画, 有枝 航汰, 岡部 孝弘 (九工大)
 (28) 10:30 - 11:00 [CVIM]トポロジーを考慮した3次元点群深層生成モデル, 木村 匠(神大), 松原 崇(阪大), 上原 邦昭(大阪学院大)
 
 
■■  3月5日(金)  セッション4-2  (09:30 - 11:30)
 (29) 09:30 - 09:45 [PRMU] メディアアートにおけるサウンド素材のライヴ・サンプリング手法についての議論, 長嶋洋一(静岡文芸大)
 (30) 09:45 - 10:00 [PRMU] Improved Speech Separation Performance from Monaural Mixed Speech Based onDeep Embedding Network, Shaoxiang Dang・Tetsuya Matsumoto・Hiroaki Kudo(Nagoya Univ.)・YoshinoriTakeuchi(Daido Univ.)
 (31) 10:00 - 10:15 [PRMU] 異弦同音を考慮したエレキギターの畳み込みニューラルネットワークに基づく自動採譜支援, 松井俊暁・松本哲也・工藤博章(名大)・竹内義則(大同大)
 (32) 10:15 - 10:30 [PRMU] 定点カメラ画像を用いた物体検出モデルによる果実の開花数・着果数の計測, 谷川晃大・臼井佑真・松本貴也(高知工科大/Office asoT)・大崎充博・西内一馬(シティネット)・福本昌弘(高知工科大)
 (33) 10:30 - 10:45 [PRMU] UAV搭載マルチスペクトルカメラによる柿圃場における相対糖度のリモート推定, 大関克弥・金澤 靖(豊橋技科大)
 (34) 10:45 - 11:00 [PRMU] 多種少量データを対象とした隣接花弁の重なり順推定, 中谷友哉・内海ゆづ子(阪府大)・藤本仰一(阪大)・岩村雅一・黄瀬浩一(阪府大)
 
------  昼食  (  90分  )  ------
 
■■  3月5日(金)  特別講演  (13:00 - 14:00)
 (35) 13:00 - 14:00 [CVIM] 水産養殖業におけるCV・パターン認識技術の最前線, 高橋 康輔(ウミトロン)
 
------  休憩  (  10分  )  ------
 
■■  3月5日(金)  セッション5-1  (14:10 - 15:20)
 (36) 14:10 - 14:25 [PRMU] 不審物検知におけるMixupの適用及びU-Netの改良に関する検討, 菅野成希・亀山 渉・佐藤俊雄・勝山 裕・佐藤拓朗(早大)
 (37) 14:25 - 14:40 [PRMU] FPNを導入したMobileNetによるSemantic Segmentation手法, 杉本裕基・青野雅樹(豊橋技科大)
 (38) 14:40 - 14:55 [PRMU] Learning from Synthetic Shadows, Naoto Inoue・Toshihiko Yamasaki(UTokyo)
14:55-15:20 個別ディスカッション
 
■■  3月5日(金)  セッション5-2  (14:10 - 15:20)
 (39) 14:10 - 14:25 [PRMU] 深層学習モデルの判断根拠を利用した偏りを持つデータセットに対する精度向上○足立一樹・山口真弥(NTT)
 (40) 14:25 - 14:40 [PRMU] Switch State Detection by MSRS and YOLOv4 and Automatic Switch Operation witha Robot Arm by Reinforcement Learning in Virtual Environments, Li Qi・Jun Ohya(Waseda Univ.)・Hiroyuki Ogata(Seikei Univ.)
 (41) 14:40 - 14:55 Retrieving Interesting Planetary Images based on Captions, Hiya Roy・Toshihiko Yamasaki・Tatsuaki Hashimoto(UTokyo)
14:55-15:20 個別ディスカッション
 
------  休憩  (  10分  )  ------
 
■■  3月5日(金)  セッション6-1  (15:30 - 17:00)
 (42) 15:30 - 16:00 [CVIM] 駅構内の案内サインを対象とした全天球画像による光学文字認識, 比留川 翔哉 , 丸山 一貴(明星大学)
 (43) 16:00 - 16:30 [CVIM] アニメ制作の品質管理工程における密な画素対応を用いた作画ミス検出, 沖川 翔太, 山口 周悟, 森島 繁生(早大)
 (44) 16:30 - 17:00 [CVIM] 学習ベースの重み付き最小二乗法による散乱成分推定, 住江 祐哉, 藤村 友貴, 薗頭 元春, 飯山 将晃(京大)
 
■■  3月5日(金)  CVIMポスターセッション  (17:00 - 17:30)
 (1)(2)(3)(4)(12)(19)(20)(26)(27)(28)(42)(43)(44)
 
■■  3月5日(金)  セッション6-2  (15:30 - 17:25)
 (45) 15:30 - 15:40 [PRMU/ショート] 正確な水中画像モデルに基づくデータセットの構築と解析, 髙尾俊輔(港湾空港技研)
 (46) 15:40 - 15:55 [PRMU] 360°画像を用いた交差点での交通事故予測の試み, 田中大揮, 相澤清晴(東大)
 (47) 15:55 - 16:10 [PRMU] 概念間類似度に基づく知識グラフを用いた詳細画像認識, 鎌田和博, 新田直子, 中村和晃, 馬場口 登(阪大)
 (48) 16:10 - 16:25 [PRMU] Cross-view Non-local Neural Networks for Joint Representation Learning between First and Third Person Videos, Zhehao Zhu, Yusuke Sugano, Yoichi Sato(UTokyo)
 (49) 16:25 - 16:40 [PRMU] Towards Adversarial Robustness of Learning in the Frequency Domain, Subhajit Chaudhury, Toshihiko Yamasaki(UTokyo)
 (50) 16:40 - 16:55 [PRMU] 学習ベースの局所特徴対応付け手法のための学習データ自動収集に関する基礎検討, 久徳遙矢, 秋田時彦, 三田誠一(豊田工大)
 16:55-17:25 個別ディスカッション

■■  3月5日(金)  CVIM奨励賞アナウンス  (17:30 - 17:40)
 

発表募集のご案内

 ★★★★★★★★★★★★★★★ 原稿締切厳守 ! ★★★★★★★★★★★★★★★★
・原稿締切日の24時を過ぎるとシステムに投稿が出来なくなり、
  発表も取り消しとなりますのでご注意ください。
・原稿締切までは何度でもご自身でアップロード可能です。
  (締切後は、原稿の差替え(再アップロード)、発表の取り消しもできませんのでご注意ください。)
・フォントが正しく埋め込まれていないといったトラブルもありますので、
  早めに一度アップロードされることをお勧めします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
CVIM 2021年3月研究会 プログラム(第225回)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
【3月の論文募集】 次の2種類の論文を募集します.
(1) 『一般セッション』
(2) 『テーマセッション』
 
日時:2021年3月4日(木),5日(金)
 
会場:オンライン開催
 
連催・併催: PRMU研究会
 
会場連絡先:橋本敦史
atsushi.hashimoto [at] sinicx.com
 
発表申込締切:2021年1月4日
 
原稿締切:2021年2月1日
 
申込方法:情報処理学会のWebページ(URLは以下)の「発表申込」より申込み.
 
※ 研究会への連絡事項に,以下を記載下さい.
・論文種別 (いずれか一つを残して下さい.ポスター発表につきましては,文末のポスター発表とCVIM研究会奨励賞についてをご参照下さい.)
「テーマ」(口頭発表+ポスター発表)
「テーマ」(口頭発表のみ)
「一般」(口頭発表+ポスター発表)
「一般」(口頭発表のみ)
※口頭発表は通常20-25分+質疑5分となります
※いずれの論文種別も原稿は最小1ページ,最大8ページとなります.
 
・コメント制度希望の有無 (いずれか一つを残して下さい.また,詳細は以下URLをご参照下さい.)
「有」
「無」
申込・照会先:
橋本 敦史(オムロンサイニックエックス)E-mail: atsushi.hashimoto[AT]sinicx.com
※[AT]は@に直してください.
 
原稿作成要領:
ページ数については,上記論文種別の補足部分を参照ください.それ以外については以下のページを御参照下さい.
--------------------------------------------------------------------------
コンピュータビジョン(CV)・パターン認識(PR)技術は当初,工業における製造・検査の自
動化など,対象や環境が限定され,また制御しやすい分野から応用が進みました.その後,
次第にその応用分野は生活環境へと広がり,現在では監視カメラによる異常事象の検出や,
自動車の運転支援・自動走行など,制御下にない一般環境への応用が急速に進んでいます.
一方で,風水害を始めとした災害の多発や資源の枯渇などを受け,従来は対象とされること
が少なかった,非制御下かつ特殊な環境でのCV・PR技術への期待が高まってきています.
様々に条件が変化する一般生活環境において,多様な事象や物体を対象とした応用が進ん
できた背景には,CNNに代表される機械学習技術の発展が大いに寄与しています.CNNの
学習には膨大な教師データが必要とされていますが,これについても,様々なオープンデー
タセットにより研究開発が進めやすくなっています.しかし,特殊環境におけるCV・PRで
は必要な量の教師データの収集が困難で,オープンデータセットも存在しないなどの問題が
存在します.また現象面でも,一般環境では問題とされることの少なかった屈折や陽炎など
光の直進性への悪影響のほか,煙や汚濁による光の散乱・減衰など,広く仮定されてきた前
提条件が成立しない環境も多く存在します.一方で,LiDARやマルチスペクトルカメラ,赤
外・紫外を始めとする不可視光,さらには音響カメラなど非電磁波を媒体としたカメラなど
多くのデバイスが開発され,従来は困難であった特殊環境での撮像・情報獲得が可能となっ
てきています.
そこで2021年3月研究会では{電子情報通信学会PRMU研究会と連催で}{情報処理学会CVIM
研究会と連催で},「特殊な環境下におけるCV・パターン認識」と題し,非制御下・特殊環
境に焦点を当てたテーマを設定し,発表を募集します.また,これらのテーマに限らず,一
般セッションの発表も受け付けております.奮ってご投稿下さい.
--------------------------------------------------------------------------
 
■ 注意事項・コメント制度
 
・発表申込後,「発表申込完了のお知らせ」に関するメールが自動発信されます.
 
 
・発表申込締切後の数日以内に,「講演申込受理のお知らせ」に関するメールが発信されます.講演原稿の締め切り・要項・提出方法等に関する情報が記載されておりますので,記載された方法に従って原稿を提出下さい.
 
・万が一,「講演申込受理のお知らせ」のメールが届かない場合には,申込・照会先にご連絡下さい.なお,原稿締め切り,要領についてのお問い合わせは,学会研究会係にお願いします.(担当:研究会係 sig@ipsj.or.jp)
 
・コメント制度を御希望の場合には,原稿提出の締切数日後に,コメント制度用のウェブページのURLを含めた申込確認メール(件名: 【第 xxx  回 CVIM 研究会発表申込】)が送付されます.研究会までに運営委員より質問・コメントが記入される予定ですので,随時,コメント制度用のウェブページを御確認下さい.万が一,コメント制度にお申込み頂いたにも拘わらず,上記メールが届かない場合には,申込・照会先にご連絡下さい.
 
--------------------------------------------------------------------------
■ ポスター発表とCVIM研究会奨励賞について
 
CVIM研究会では,より議論を深める場としてポスターセッション(二日目の最終セッションで実施)を設けております.ポスターにつきましてはきれいに整ったものを作成して頂く必要はなく,議論のための資料と位置づけて頂ければ結構ですので,自由な形式で作成下さい.例えば,口頭発表のスライドを印刷したものでも結構です.皆様からの多数のポスター発表によって,ポスターセッションがより一層盛り上がればと思いますので,是非とも,口頭発表 + ポスター発表の申込を御検討下さい.
 
なお,口頭発表を行い,かつ,ポスター形式での発表を行ったものを対象として,これらの研究発表の中から優秀と認められるものを選んで,対象分野における学術研究及び技術開発を推奨し,その発展を図ることを目的とするCVIM研究会奨励賞を創設しました.各回の研究会において,原則,1件を選定しますので,ポスター発表への積極的なお申込みをお待ちしております.
 

調査研究担当への問い合わせフォーム