第213回CVIM研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

開催案内

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
               CVIM2018年9月研究会プログラム(第213回)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2018年9月コンピュータビジョンとイメージメディア研究会プログラム
(主査: 長原一,幹事: 石川博,岡部孝弘,川崎洋,佐藤智和,中澤篤志,橋本敦史,満上育久,米谷竜)
日時:
2018年 9月20日(木) 09:30~17:30
2018年 9月21日(金) 09:30~16:00
会場:
福岡工業大学
住所:
〒811-0295 福岡県福岡市東区和白東3-30-1
交通案内:
会場連絡先:
福岡工業大学 山澤一誠 092-606-3131
テーマ: 機械学習と実応用

講演時間:
ディスカッションセッション: 発表10分+質疑0分
個別ディスカッション+ポスターセッション: ポスター形式での発表60分

全体構成:

9月20日(木)
  9:30 - 11:00 ディスカッションセッション1, ディスカッションセッション2
11:10 - 12:00 特別講演1
13:00 - 13:50 FIT学術賞 表彰式
14:00 - 15:15 FIT2018 船井業績賞受賞記念講演
15:30 - 17:30 FIT2018 PRMU企画

9月21日(金)
09:30 - 11:00 ディスカッションセッション3, ディスカッションセッション4
11:10 - 12:00 特別講演2
13:30 - 14:40 ディスカッションセッション5, ディスカッションセッション6
14:40 - 15:40 ディスカッションセッション5,6の発表に対する個別ディスカッション+ポスターセッション
15:40 - 16:00 CVIM研究会奨励賞アナウンス

【注意】

  • FIT2018と連携のため,通常の研究会と口頭発表の時間・スタイルが異なります.発表者は,まずディスカッションセッションで10分間の口頭発表(質疑無し)を行い,その後の「個別ディスカッション+ポスターセッション」でインタラクティブに発表・質疑対応していただく形になります.
  • CVIM2018年9月研究会は,FIT2018の第3・4イベント会場で開催されますが,本研究会の参加登録にはFIT2018本体への登録は含まれておりません.上記のセッション以外のFIT2018のセッションに参加するには,FIT2018への参加登録が別途必要となります.→ FIT2018ホームページ

     

--------------------------------------------------------------------------
■■  9月20日(木)  ディスカッションセッション1  (9:30 - 11:00)
(1)/IBISML 09:30 - 09:40
超球面潜在空間オートエンコーダによる教師あり異常検知
河内祐太・○小泉悠馬・村田 伸・原田 登(NTT)

(2)/IBISML 09:40 - 09:50
並列的なアンサンブル学習におけるデータの重みを用いた相補的な弱学習器の構成
○内海翔太・亀山啓輔(筑波大)

(3)/IBISML 09:50 - 10:00
ガウス分布を用いた埋め込みによる画像テキスト間検索
○濱 健太・松原 崇・上原邦昭(神戸大)

(4)/IBISML 10:00 - 10:10
深層学習超解像を用いたMRI再構成の検討
○北崎自然・川喜田雅則・實松 豊(九大)・久原重英(杏林大)・竹内純一(九大)

(5)/PRMU 10:10 - 10:20
ニューロンの出力値に基づくニューラルネットワークの構造学習
○菅間幸司・磯田雄基・和田俊和(和歌山大)

(6)/PRMU 10:20 - 10:30
混合正規分布に基づくニューラルネットワークのスパースベイズ学習
○早志英朗(九大)

10:30 - 11:00
個別ディスカッション
※今回はPRMUが試験的に導入している新しいスタイルのセッション形式を採用し,「各発表者が連続して10分ずつの発表を行った後,残り30分間で個別に並列してディスカッションする」という形で議論を行います.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.

■■  9月20日(木) ディスカッションセッション2 (09:30~11:00)
(7)/PRMU 09:30 - 09:40
キー操作とマウス操作の動的バイオメトリクスを用いた継続認証アルゴリズムDPTMの提案
○山田猛矢(第一工大)・福元伸也・鹿嶋雅之・佐藤公則・渡邊 睦(鹿児島大)

(8)/IBISML 09:40 - 09:50
画像パッチワークによる新しいdata augmentationの提案
○高橋 良・松原 崇・上原邦昭(神戸大)

(9)/PRMU 09:50 - 10:00
線分端点検出及び二次曲線あてはめに基づく画像中の手書き文字認識に関する検討
○鈴木雅人・北越大輔(東京高専)

(10)/PRMU 10:00 - 10:10
放射状矩形検出領域を適用した全方位カメラ向けCNN人物検出手法
○田村雅人・村上智一(日立)

(11)/PRMU 10:10 - 10:20
文字認識が困難な文献史料画像の解析のための文字画像クラスタリング手法
○伊藤 空・寺沢憲吾(公立はこだて未来大)

(12)/PRMU 10:20 - 10:30
CNNを用いた近代文献画像からのテキスト抽出
○永野雄大・ 幡谷龍一郎(東大)・持橋大地(統計数理研)・増田勝也(東大)

10:30-11:00
個別ディスカッション

------  休憩  (  10分  )  ------

■■  9月20日(木) 特別講演1 (11:10~12:00)

(13) 11:10 - 12:00
[CVIM] 深層学習とGPUプラットフォーム最新状況
◯山崎和博(エヌビディア合同会社)

------  昼食  (  90分  )  ------

■■  9月20日(木) FIT学術賞 表彰式 (13:00~13:50)

FIT2018の無料公開イベントとなります。詳細は以下をご参照ください。
https://gakkai-web.net/fit/program_web/awards_ceremony.html

------  休憩  (  10分  )  ------

■■  9月20日(木) FIT2018 船井業績賞受賞記念講演 (14:00~15:15)

Transforming Massive Text Data into Structured Knowledge: A Data-Driven Approach
Jiawei Han, Abel Bliss Professor, Department of Computer Science, University of Illinois at Urbana-Champaign

FIT2018の無料公開イベントとなります。詳細は以下をご参照ください。
https://gakkai-web.net/fit/program_web/funai.html

------  休憩  (  15分  )  ------

■■  9月20日(木) FIT2018 PRMU企画 (15:30~17:30)

人間を中心としたパターン認識・メディア理解の技術

FIT2018におけるPRMU研究会企画イベントとなります。
講演者などの詳細は以下をご参照ください。
https://gakkai-web.net/fit/program_web/

--------------------------------------------------------------------------
■■  9月21日(金)  ディスカッションセッション3 (09:30~11:00)

(14)/IBISML 09:30 - 09:40
物理層通信路上の文節から論理層情報源における抗原タンパク質三次元構造への変換(デジタル言語学) ~
脳室内免疫細胞ネットワークに基づく脊髄記号反射回路が言語処理する ~
○得丸久文(著述業)

(15)/IBISML 09:40 - 09:50
深層学習と関連技術に関する考察 ~ 部分空間法とHebb学習則の見直し ~
○前田賢一

(16)/IBISML 09:50 - 10:00
説明可能な能動的サンプル選択
○田口優介・亀山啓輔(筑波大)・日野英逸(統計数理研)

(17)/IBISML 10:00 - 10:10
混合型分布族のMDL学習に関する考察
○宮本耕平・竹内純一(九大)

(18)/PRMU 10:10 - 10:20
脳内で言語処理する脊髄記号反射回路と言語情報のインターフェイス要求解析(デジタル言語学) ~ 音節、文字、電子データの三段階の進化への対応 ~
○得丸久文(著述業)

(19)/PRMU 10:20 - 10:30
領域画像マッチングのための初期探索法
○山下幸彦(東工大)・若原 徹(法政大)

10:30-11:00
個別ディスカッション

■■  9月21日(金)  ディスカッションセッション4 (09:30~11:00)

(20)/PRMU 09:30 - 09:40
Dilated Convolutionを含む全層畳込みニューラルネットワークを用いた航空画像のセマンティックセグメンテーション
○田口隆文・青野雅樹(豊橋技科大)

(21)/PRMU 09:40 - 09:50
[ショートペーパー]深層学習を用いた心外膜の自動抽出
○趙 紫瑜・音石朋恵・岩本祐太郎(立命館大)・手塚祐司・岡田裕貴・前田清澄・和田厚幸・柏木厚典(草津総合病院)・陳 延偉(立命館大)

(22)/PRMU 09:50 - 10:00
多様な動作パターンを有する機器に対応した異常度推定手法の提案
○小林一樹・関根理敏・伊加田恵志(OKI)

(23)/PRMU 10:00 - 10:10
Computer-Aided Diagnosis of Liver Cancers Using Deep Learning
○Weibin Wang(Ritsumeikan Univ.)・Dong Liang・Lanfen Lin・Hongjie
Hu・Qiaowei Zhang・Qingqing Chen(Zhejiang Univ.)・Yutaro lwamoto・Xianhua
Han・Yen-Wei Chen(Ritsumeikan Univ.)

(24)/PRMU 10:10 - 10:20
Kinect RGB-D Hand Gesture Image Database for Deep Learning-Based
Gesture Recognition
○Jiaqing Liu・Kotaro Furusawa・Seiju Tsujinag(Ritsu)・Tomoko
Tateyama(Hiroshima)・Yutaro Iwamoto・YenWei Chen(Ritsu)

(25)/PRMU 10:20 - 10:30
CNNによる外観検査における注目部位の解析
○北口勝久・西﨑陽平・齋藤 守(阪産技研)

10:30-11:00
個別ディスカッション

------  休憩  (  10分  )  ------

■■  9月21日(金) 特別講演2 (11:10~12:00)

(26)/IBISML 11:10 - 12:00
[招待講演]Reservoir Computingの展開
○中嶋浩平(東大)

------  昼食  (  90分  )  ------

■■  9月21日(金)  ディスカッションセッション5 (13:30~14:40)

(27)/IBISML 13:30 - 13:40
[ショートペーパー]Unscented transformを用いたGANの事前学習
○金井関利(NTT SIC/慶大)・藤原靖宏(NTT SIC)・足立修一(慶大)

(28)/PRMU 13:40 - 13:50
[ショートペーパー]Stroke Recovery of Handwritten Chinese Character using Fully
Convolutional Networks
○Wang Yu Jung・Motoharu Sonogashira(Kyoto Univ.)・Atsushi
Hashimoto(Omron SINICX)・Masaaki Iiyama(Kyoto Univ.)

(29) 13:50 - 14:00
[CVIM] インパルス性雑音除去への深層学習の応用に関する検討
○天利安志・宮崎敬・村上舜・越村勇介・横山靖樹(長野工業高等専門学校)・山本博章(信州大学)

(30) 14:00 - 14:10
[CVIM] Data Augmentationの良し悪しの検討 -Frechet Inception Distanceに基づく評価方法-
○小林賢一・辻順平・能登正人(神奈川大学)

(31) 14:10 - 14:20
[CVIM] ActiveGAN: 能動学習を用いたGANによる画像分類エンハンス手法の提案
○孔全・童彬・クリンキグトマルティン・渡邉裕樹・秋良直人・村上智一(日立製作所)

(32) 14:20 - 14:30
[CVIM] デプスからカラーへのドメイン変換を用いたGANによる動画生成
○中平有樹・川本一彦(千葉大学)

■■  9月21日(金)  ディスカッションセッション6 (13:30~14:40)

9月21日(金) 午後 ディスカッションセッション6 (13:30~14:40)

(33)/IBISML 13:30 - 13:40
ベイズ最適化を用いたシミュレーションモデルのキャリブレーション効率化
○桐淵大貴・西川武一郎(東芝)・横田 怜・楢崎亮太・小池 聡(東芝メモリ)

(34)/PRMU 13:40 - 13:50
Deployment Friendly Surface Crack Detection via Convolutional Neural Network
○Yuki Inoue・Shunsuke Ota・Hiroto Nagayoshi(Hitachi)

(35)/PRMU 13:50 - 14:00
局所相互情報量を用いたモダリティの異なる画像間の位置合わせ
○谷 洸明・和田俊和(和歌山大)

(36)/PRMU 14:00 - 14:10
凝集型クラスタリングを用いた類似画像検索用コードブックの作成法
○前田 啓・和田俊和(和歌山大)

(37) 14:10 - 14:20
[CVIM] 照度ロバストな画像特徴量を用いたセマンティックセグメンテーション
○田口賢佑・菅原俊・渡邊正人・船津陽平(京セラ株式会社)

(38) 14:20 - 14:30
[CVIM] 能動学習のための教師なしアノテーション対象データ選択手法
○渡邊正人・菅原俊・田口賢佑・船津陽平(京セラ株式会社)

(39) 14:30 - 14:40
[CVIM] 役割分担ネットワークによる高効率学習
○菅原俊・田口賢佑・渡邊正人・船津陽平(京セラ株式会社)


■■  9月21日(金)  個別ディスカッション+ポスターセッション1  (14:40 - 15:40)

個別ディスカッション:(27)(28)
ポスター発表:(29)(30)(31)(32)

■■  9月21日(金)  個別ディスカッション+ポスターセッション2  (14:40 - 15:40)

個別ディスカッション:(37)(38)(39)
ポスター発表:(33)(34)(35)(36)

■■  9月21日(金)  CVIM研究会奨励賞アナウンス  (15:40 - 16:00)

発表募集

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

               CVIM2018年9月研究会 募集要項(第213回)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【9月の論文募集】 次の3種類の論文を募集します.
(1) 『一般セッション』
(2) 『テーマセッション』

日時:    2018年9月20日(木),21日(金)

会場:    福岡工業大学

住所:    〒811-0295 福岡県福岡市東区和白東3-30-1

交通案内:   http://www.fit.ac.jp/shisetsu/campus/index

会場連絡先:    福岡工業大学 山澤一誠

    yamazawa[AT]fit.ac.jp
※[AT]は@に直してください。

発表申込締切:    2018年7月6日

原稿締切:    2018年8月20日

申込方法:    情報処理学会のWebページ(URLは以下)の「発表申込」より申込み.
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/CVIM/ 

    ※ 研究会への連絡事項に,以下を記載下さい.
    ・論文種別 (いずれか一つを残して下さい.ポスター発表につきましては,文末のポスター発表とCVIM研究会奨励賞についてをご参照下さい.)
    「テーマ」(口頭発表+ポスター発表)
    「テーマ」(口頭発表のみ)
    「一般」(口頭発表+ポスター発表)
    「一般」(口頭発表のみ)
    ・コメント制度希望の有無 (いずれか一つを残して下さい.また,詳細は以下URLをご参照下さい.)
    http://cvim.ipsj.or.jp/index.php?id=comment
    「有」
    「無」
    申込・照会先:

    橋本 敦史(京都大学)    E-mail: atsushi.hashimoto[AT]sinicx.com
※[AT]は@に直してください。

原稿作成要領:    以下のページを御参照下さい.
    http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html
--------------------------------------------------------------------------
2018年9月のCVIM研究会では,電子情報通信学会パターン認識・メディア理解(PRMU)研究会および情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会と連催し,『機械学習とその応用関連』をテーマとして企画します.
近年,大規模データベースや計算機の高性能化を背景に,パターン認識・コンピュータビジョン・機械学習における基盤技術の深耕と応用展開がさらに加速しています.これらの進展に伴い,従来では想像も出来なかった新しい課題が次々と見出され,解決されています.このような背景のもと,今回の研究会では,パターン認識・コンピュータビジョン・機械学習の基盤技術,および分野をまたがって発展を遂げつつある深層学習などに関する理論・アルゴリズムから応用アプリケーションまで幅広く発表を募集します.また、テーマに沿った企画として、「深層学習とGPUプラットフォーム最新状況」: 山崎和博氏 (NVIDIA) ・「Reservoir Computingの展開」:中嶋浩平氏 (東京大学) の二件の招待講演、さらにPRMU企画セッション「人間を中心としたパターン認識・メディア理解の技術」を予定しており、機械学習の実装基盤や基礎理論、新応用技術など様々な話題の第一人者を多数お招きしております。
なお,テーマセッションだけでなく,一般発表も受け付けます.口頭発表者がさらに議論を深めるためのポスターセッションも予定しております.皆様の積極的なご投稿・ご参加をお待ちしております.

テーマ担当委員:玉木徹(広島大),中山英樹(東大)
--------------------------------------------------------------------------

■ 注意事項・コメント制度
・発表申込後,「発表申込完了のお知らせ」に関するメールが自動発信されます.

・発表申込締切後の数日以内に,「講演申込受理のお知らせ」に関するメールが発信されます.講演原稿の締め切り・要項・提出方法等に関する情報が記載されておりますので,記載された方法に従って原稿を提出下さい.

・万が一,「講演申込受理のお知らせ」のメールが届かない場合には,申込・照会先にご連絡下さい.なお,原稿締め切り,要領についてのお問い合わせは,学会研究会係にお願いします.(担当:研究会係 sig[AT]ipsj.or.jp) ※[AT]は@に直してください。

・コメント制度を御希望の場合には,原稿提出の締切数日後に,コメント制度用のウェブページのURLを含めた申込確認メール(件名: 【第 xxx  回 CVIM 研究会発表申込】)が送付されます.研究会までに運営委員より質問・コメントが記入される予定ですので,随時,コメント制度用のウェブページを御確認下さい.万が一,コメント制度にお申込み頂いたにも拘わらず,上記メールが届かない場合には,申込・照会先にご連絡下さい.

--------------------------------------------------------------------------
■ ポスター発表とCVIM研究会奨励賞について

CVIM研究会では,2015年1月研究会より,新たな試みとして,ポスターセッションを設けております.

最近のMIRUなどでも,口頭発表に加えて,より議論を深める場としてのポスター
発表(口頭発表と同じ内容で,参加者とより密な質疑・議論を頂きます)が定着し
ていることから,今回の研究会でも,口頭発表を頂く皆様にも,ポスター発表を
頂く場を提供させて頂きたく思います.(ポスターセッションは二日目の最終に
実施予定です.)

ポスターにつきましてはきれいに整ったものを作成して頂く必要はなく,議論の
ための資料と位置づけて頂ければ結構ですので,自由な形式で作成下さい.
例えば,口頭発表のスライドを印刷したものでも結構です.

皆様からの多数のポスター発表によって,ポスターセッションがより一層盛り上
がればと思いますので,是非とも,口頭発表 + ポスター発表の申込を御検討下さい.

更に,口頭発表を行い,かつ,ポスター形式での発表を行ったもの(但し,卒論セッションは除く)を対象として,これらの研究発表の中から優秀と認められるものを選んで,対象分野における学術研究及び技術開発を推奨し,その発展を図ることを目的とするCVIM研究会奨励賞を創設しました.各回の研究会において,原則,1件を選定しますので,ポスター発表への積極的なお申込みをお待ちしております.

調査研究担当への問い合わせフォーム