第235回ARC・第193回SLDM合同研究発表会

この度の新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑み,本研究発表会は現地開催を中止し,Zoomを使用してのオンライン開催となりました.

参加を希望される方は,以下「参加申込」をご参照の上,情報処理学会マイページから参加申込をお願いいたします(当日でも申込可能です) .非会員の方もマイページを開設してお申し込みください.参加申込をしていただくと,ZoomのミーティングURL情報や研究報告のダウンロード方法を記載したメールをお送りします.参加費無料の研究会登録会員/ジュニア会員も,URLの取得と参加者数の把握のため,マイページより参加申込をしてくださいますようお願いいたします

参考資料:全国大会時のZoom利用の手引き

参加申込

日 程 2021年1月25日(月)9:00-18:00
         26日(火)9:00-17:25

会 場
 オンライン開催(Zoom)

議 題
 FPGA応用および一般

申込締切 : 2021年1月26日(研究発表会当日までお申し込みいただけます)
   ※当日まで申込可能ですが、現在非会員の方などはマイページ開設にお時間がかかる
    場合もございますので、お早目にお申込みくださいますようお願いいたします。

参加費
参加費(研究報告/税込)
参加種別 金額
ARC/SLDM研究会登録会員/ジュニア会員   0円
情報処理学会名誉会員、正会員、賛助会員 2,000円
情報処理学会学生会員  500円
非会員(一般) 3,000円
非会員(学生) 1,000円

申込方法 :
以下アイコンのいずれかよりお申込みください。

※非会員の方もマイページ開設が必要です。開設には費用はかかりません。
 非会員の方で既にマイページを開設済みの方は、そちらのIDでお申込み可能です。
※研究会登録会員の費用で参加される場合で、研究会にまだ登録されていない方は
 マイページより研究会登録をしてから研究発表会参加のお申込みを行ってください。
 参考:研究会に登録する

membernyukainonmember
  
**お申込みの際の注意事項**

  • 参加申込にてご提供頂いた個人情報は、情報処理学会プライバシーポリシーに則って適切に管理します。 なお、研究会幹事より直接ご連絡させていただく場合もございますのでご了承願います。 参考) 情報処理学会プライバシーポリシー
  • 参加費のお支払いはマイページより原則2月末までにお願いいたします。請求書・見積書・納品書・領収書もマイページよりダウンロード可能です。 参考) マイページの利用方法:お支払い
  • 参加申込後は申込キャンセルは出来ませんのでご注意ください。

懇親会について
  オンライン懇親会を1月25日(月)18:30-20:30(予定)に開催予定です。
  参加申込の際に参加のご予定をお知らせください。
  参加方法については参加申込受信確認のメールに記載しております。

研究報告について

  参加申込受信確認のメールに、研究報告をダウンロードするための
  ID・パスワード等を記載しております。
  研究会登録会員の方は 電子図書館(情報学広場) からもダウンロード可能です。
  研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に公開となります。

領収書について
  領収書は入金後にマイページよりダウンロード出来ます。領収書は1回しか発行できません
  ので、日付、宛名、但し書きをよく確認してから発行してください。クレジットカード決済
  の場合は即時発行が可能ですが、それ以外は入金済になるまで2~14営業日程かかります。
  参考)マイページの利用方法:お支払いマイページに関するよくある質問

照会先
       〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-5 化学会館4F
       一般社団法人 情報処理学会 調査研究 研究部門   E-mail:sig"at"ipsj.or.j

プログラム

1月25日(月)

■ HPC(9:00-10:40) 座長:中原 啓貴 (東工大)

(1) /CPSY 9:00-9:25
 キャビネット内通信を考慮した低直径・配置最適な相互結合網の検討
 ○河野隆太(北陸先端大)・松谷宏紀(慶大)・鯉渕道紘(NII)・天野英晴(慶大)

(2) /RECONF 9:25-9:50
 ESSPER:高性能計算のためのスケーラブルかつ柔軟なFPGAクラスタシステムの開発
 ○佐野健太郎・上野知洋・宮島敬明・Jens Huthmann・小柴篤史(理研)

(3) /RECONF 9:50-10:15
 FDTD法による音響シミュレーションのためのストリーム計算ハードウェアの設計と評価
 ○多田大希(北陸先端大)・上野知洋・小柴篤史・佐野健太郎(理研)・
 河野隆太・井口 寧(北陸先端大)

(4) /RECONF 10:15-10:40
 高性能計算のための高速フーリエ変換のFPGA実装と評価
 ○宮島敬明・上野知洋・佐野健太郎(理研)

--- 休憩(15分) ---

■ 招待講演(10:55-11:55) 座長:入江 英嗣(東大)
(5) /CPSY 10:55-11:55
 [招待講演]「京」「富岳」のシステムアーキテクチャとインターコネクト開発
 ○安島雄一郎(富士通)

--- 昼食(60分)---

■ 組み込み(12:55-14:10) 座長:大川 猛(東海大)
(6) /CPSY 12:55-13:20
 IMAX2: GTHの8レーン化を契機とするIMAXの倍速化
 ○中島康彦(奈良先端大)

(7) /CPSY 13:20-13:45
 シストリックリングアレイ(IMAX2)を用いた高効率誤差逆伝搬の実装
 ○稲益秀成・中島康彦(奈良先端大)

(8) /CPSY 13:45-14:10
 FPGA内蔵高速トランシーバーを用いたResponsive Linkの高スループット化
 ○高橋真彦・山﨑信行(慶大)

--- 休憩(15分)---

■ 機械学習(14:25-16:05) 座長:佐野 健太郎 (理研)
(9) /CPSY 14:25-14:50
 常微分方程式を用いたFPGAベースニューラルネットワークの評価
 ○渡邉寛悠・松谷宏紀(慶大)

(10) /RECONF 14:50-15:15
 学習係数付きソフトマックス関数による効率的な注意機構
 ○廣田海斗(東大)・大内真一(産総研)・藤田昌宏(東大)

(11) /RECONF 15:15-15:40
 解像度に基づくスケールが可能なCNNアクセラレータのFPGA実現に関して
 ○佐山功起・神宮司明良・曽我尚人・中原啓貴(東工大)

(12) /RECONF 15:40-16:05
 Implementation of Quantized Deep Neural Network on FPGA
 ○Pan Hongyi(AIST/The Univ. of Tokyo)・Ben Ahmed Akram・Ikegami Tsutomu(AIST)
 ・Tominaga Kazuki(The Univ. of Tokyo)・Kudoh Tomohiro(AIST/The Univ. of Tokyo)

--- 休憩(15分)---

■ アルゴリズム(16:20-18:00) 座長:桜井 祐市 (日立製作所)
(13) /VLD 16:20-16:45
 剰余SD数-剰余2進数変換アルゴリズム
 ○佐羽勇紀(群馬大)

(14) /VLD 16:45-17:10
 OD-ICAを利用した圧縮センシング脳波計測フレームワークにおけるICAアルゴリズムの比較
 ○奥村 渡・兼本大輔・廣瀬哲也・毎田 修(阪大)

(15) /VLD 17:10-17:35
 圧縮センシングを用いた低消費電力脳波計測フレームワークのサンプリング間隔の検討
 ○岡部勇樹・兼本大輔(阪大)・望月智弥(山梨大)・毎田 修・廣瀬哲也(阪大)

(16) /VLD 17:35-18:00
 高速10進計数回路の設計
 ○柳川宗平(群馬大)

--- 休憩(30分)---

□ 懇親会(18:30-20:30)

※ 今回の懇親会はオンライン開催です。詳しくは、会議用 Zoom の
  URL 情報と一緒に送付される懇親会情報へのリンクをご確認下さい。


1月26日(火)

■ FPGA応用(9:00-10:15) 座長:柴田 裕一郎 (長崎大)

(17) /CPSY 9:00-9:25
 FPGAを用いたデータベースクエリ処理の高速化
 ○尾作洋彦(電通大)・吉見真聡(TIS)・策力木格・吉永 努(電通大)

(18) /RECONF 9:25-9:50
 リアルタイム物体検出用FPGAアクセラレータの設計
 ○坂 耕一郎・古田雅則(東芝)

(19) /RECONF 9:50-10:15
 自律ロボットのための遠赤外線画像意味的領域分割とそのFPGA実装
 ○丹羽雄一郎(防衛装備庁)・藤井大樹(イーソル)

--- 休憩(15分)---

■ 分散システム(10:30-11:45) 座長:藤原 一毅(NII)
(20) /CPSY 10:30-10:55
 M-KUBOSを用いたPYNQクラスタの構築
 ○稲毛琢己・弘中和衛・飯塚健介・天野英晴(慶大)

(21) /CPSY 10:55-11:20
 FPGA/GPU協調によるネットワーク型不正侵入検知システムの構築
 ○菊地駿太(産総研/東大)・池上 努・Akram ben Ahmed(産総研)・
 工藤知宏(産総研/東大)・小林諒平・藤田典久・朴 泰祐(筑波大)

(22) /RECONF 11:20-11:45
 高位合成ツールCyber Work Benchを用いたマルチFPGAボード設計
 ○鈴木裕章(慶大)・高橋 渡(NEC)・若林一敏(東大)・天野英晴(慶大)

--- 昼食(60分)---

■ アーキテクチャ(12:45-14:00) 座長:大谷 寿賀子(ルネサスエレクトロニクス)
(23) /RECONF 12:45-13:10
 少構成メモリ論理セルSLMを用いたFPGA-IP
 ○中里優弥・古賀大顕(熊本大)・趙 謙(九工大)・尼崎太樹・久我守弘・飯田全広(熊本大)

(24) /RECOF 13:10-13:35
 Scalaベースハードウェア開発環境における自動アーキテクチャ探索の検討
 ○山下遼太・照屋大地・中條拓伯(東京農工大)

(25) /ARC 13:35-14:00
 FPGA向き自己同期型パイプライン回路構成法
 ○吉川千里・三宮秀次(筑波大)・岩田 誠(高知工科大)・佐藤 聡・西川博昭(筑波大)

--- 休憩(15分)---

■ セキュリティ(14:15-15:55) 座長:兼本 大輔 (大阪大学)
(26) /VLD 14:15-14:40
 論理施錠の施錠強度と攻撃耐性についての新たな評価の手法
 ○南 周作・松永裕介(九大)

(27) /VLD 14:40-15:05
 データ生成プログラムを利用したデータ構造の推定に基づく変異ベースファジング
 ○難波学之・石浦菜岐佐(関西学院大)

(28) /VLD 15:05-15:30
 脆弱性の原因となるコード最適化のバイナリ比較による検出
 ○東 優花・石浦菜岐佐(関西学院大)

(29) /VLD 15:30-15:55
 ランダムプログラム生成によるCコンパイラのVRP最適化の性能テスト
 ○村上大喜・石浦菜岐佐(関西学院大)

--- 休憩(15分)---

■ 回路設計(16:10-16:17:25) 座長:滝 大輔(キオクシア)
(30) /SLDM 16:10-16:35
 ループ平坦化によるLLVM/Pollyにおけるループ融合の促進
 ○伊澤昇平・外處尭之・瀬戸謙修(東京都市大)・立岡真人・西田嘉人(ソシオネクスト)

(31) /SLDM 16:35-17:00
 ゲートへの適切な入力を探すによる論理合成
 ○Zhou Zongjin・Fujita Masahiro(The Univ. of Tokyo)

(32) /SLDM 17:00-17:25 発表キャンセル
 Emulation and Optimization of a novel Approximate Multiplier for CNN Applications
 ○Zhang Yuechuan・Fujita Masahiro・Matsumoto Takashi(The Univ. of Tokyo)

(32) /SLDM 17:00-17:25
 Quantization Techniques for Small Number of Bits in Transformer based
 Natural Language Processing
 ○Ding Yi・Fujita Masahiro(The Univ. of Tokyo)・O'uchi shin-ichi(AIST)


※ 一般講演:発表20分+質疑応答5分
 

発表募集のご案内(募集は終了しました)

★★★★★★★★★★★★★★★ 原稿締切厳守 ! ★★★★★★★★★★★★★★★★
・原稿締切日の24時を過ぎるとシステムに投稿が出来なくなり、
  発表も取り消しとなりますのでご注意ください。
・原稿締切までは何度でもご自身でアップロード可能です。
  (締切後は、原稿の差替え(再アップロード)、発表の取り消しもできませんのでご注意ください。)
・フォントが正しく埋め込まれていないといったトラブルもありますので、
  早めに一度アップロードされることをお勧めします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
================================================================
IEICE-CPSY/RECONF/VLD,IPSJ-ARC/SLDM  1月研究会  発表募集案内
================================================================

恒例となりました IEICE-CPSY/RECONF/VLD,IPSJ-ARC/SLDM 研究会による合同研究会を、本年度も開催致します。残念ながら COVID-19 の影響により今回は **オンライン開催** となりましたが、皆様の積極的なご投稿とご参加を心よりお待ちしております。

【テーマ】 「FPGA応用および一般」
【日 程】 2021年1月25日(月)~26日(火) (予備日:1月27日(水) ※申込多数の場合)
【会 場】 オンライン(Zoom を利用予定)

●発表申込
 ■申込期限:2020年11月16日(月)

 ■申込方法

*CPSYにて発表を希望される方は以下よりお申し込み下さい.
   http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-CPSY

*RECONFにて発表を希望される方は以下よりお申し込み下さい.
   http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-RECONF

*VLDにて発表を希望される方は以下よりお申し込み下さい.
   http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-VLD

*ARCにて発表を希望される方は以下URLの「発表申込」メニューよりお申込ください.
   https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/ARC/
 ※ARC研究会へお申込みの場合、「連絡事項」欄で以下についてご回答ください.
  1. 生年月日( 年 月 日)
   若手賞などの受賞資格の確認のためにのみ使用します.
   記載がない場合,審査対象から外れる場合があります.
   ※ システム・アーキテクチャ研究会若手奨励賞 表彰規定
  2. 発表撮影可(可 / 否)
   研究会当日の発表(スライド等)の,静画・動画の撮影の可否.
   記載がない場合,撮影は原則不可とします.

*SLDMにて発表を希望される方は以下URLの「発表申込」メニューよりお申込ください.
   https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/SLDM/
 ※SLDM研究会へお申込みの場合、「連絡事項欄」で以下の質問にお答えください。
  各種受賞資格の確認のためにのみ使用します。
  記載がない場合、審査対象から外れる場合があります。
   1. 発表者の職種(学生 / 教員 / 企業 / その他)
   2. 生年月日( 年 月 日) 

※やむを得ない事情により発表日のご希望がある場合には備考欄にその旨をご記入下さい。
 ただし、プログラム編成の都合上、ご希望に沿えない場合もございますので、その際は
 何卒ご容赦下さい。

●原稿提出期限 : 2020年12月14日(月) 23:59締切厳守

         ※締切日の23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
          締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
          また,フォントの埋め込みがされていないとアラートが出ます.
          お早目にご投稿くださいますようお願い致します.

●原稿ページ数
  : IEICE-CPSY/RECONF/VLD ⇒ 6 ページ以下
         IPSJ-ARC/SLDM ⇒ 6-8 ページ推奨(ただし、制限を設けない)

●問合せ先   :  ARC幹事 今村智史 (s-imamura "@" fujitsu.com)

●共催・連催研究会
▼電子情報通信学会 コンピュータシステム研究会(CPSY)
  専門委員長 入江 英嗣(東大)
  副委員長  鯉渕 道紘(NII)、 中島 耕太(富士通研)
  幹事      高前田 伸也(北大)、津邑 公暁(名工大)
  幹事補佐  有間 英志(東大)、 小川 周吾(日立)

▼電子情報通信学会 リコンフィギャラブルシステム研究会(RECONF)
  専門委員長 柴田 裕一郎(長崎大)
  副委員長  佐野 健太郎(理研)、 山口 佳樹(筑波大)
  幹事      三好 健文 (イーツリーズ・ジャパン)、 小林 悠記 (NEC)
  幹事補佐  中原 啓貴 (東工大)、 竹村 幸尚 (インテル)

▼電子情報通信学会 VLSI設計技術研究会(VLD)
  専門委員長  福田 大輔 (富士通研)
  副委員長   小林 和淑 (京都工繊大)
  幹事       桜井 祐市 (日立), 兼本 大輔 (大阪大学)
  幹事補佐   西元 琢真 (日立)

▼情報処理学会 システム・アーキテクチャ研究会(ARC)
  主査   井上 弘士(九大)
  幹事   塩谷 亮太(東大)、谷本 輝夫(九大)、新田 高庸(NTT)、今村 智史(富士通研)

▼情報処理学会 システムとLSIの設計技術研究会(SLDM)
  主査   中村 祐一 (NEC)
  幹事   密山 幸男 (高知工科大),瀬戸 謙修 (東京都市大),
       君家 一紀 (三菱電機), 廣本 正之 (富士通研)

 

調査研究担当への問い合わせフォーム