よくある質問

よくある質問

  • 講演申し込みについて

      講演申込登録は、講演者本人がしないといけないのでしょうか?
      いいえ、講演申込登録はどなたでもできます。ただし、講演者申込区分によって講演参加費用が異なります。当会に入会いただき発表する方が費用が安くなります。また大会各賞の受賞対象者になります(非会員は対象外です)。
      情報処理学会に入会して会員価格の講演参加をしたいのですが手続きを教えてください。
      会員資格で講演参加申し込みをご希望の方は、講演申込締切日までに入会申請および入会会費お支払いの手続きをしてください。
      詳しくは、個人会員の入会方法をご参照ください。
      情報処理学会に入会して会費も支払いましたが、マイページでは[入会申請中(新規入会)]と表示されています。会員として申し込みできますか?
      会員資格でお申込いただけます。申し込み時に発行される9桁のログインID番号を会員番号欄に入力してください。
      コンビニ決済などの場合は、入金情報が マイページに反映されるまでに5営業日~14営業日とかなり日数がかかります。入金が確認次第マイページも入会申請中から在会に切り替わります。
      大学学部3年生(高等専門学校専攻科1年生)ですが、ジュニア会員で講演申込できますか?
      ジュニア会員は、毎年10月31日までに申込をする必要があります。この期日以降は、2023年4月現在も対象学年以下の方のみ、ジュニア会員に申し込めます(2022年11月1日現在現在で大学学部3年生/高等専門学校専攻科1年生の方は対象外になりますので、学生会員としてお申込みください)。
      ジュニア会員と入会申込についてはこちらをご覧ください。
      講演の日時を指定できますか?
      いいえ、大会会期中のどの日時(セッション)で発表になるかはプログラム編成により確定しますので、講演発表日時の指定はできません。卒業式日程は考慮いたしますが、確約はできませんのでご了承ください。
      登録内容の変更(タイトル変更、共著者の追加や削除など)をしたいのですが?
      講演申込登録締切日時までであれば、Webページから変更ができます。締切後は、変更は一切受付けませんのでご注意ください。
      講演申込を取り消したいのですが?
      講演申込登録締切日時までであれば、Webページから取り消しができます(費用はかかりません)。講演申込登録締切後は、登録番号・氏名・講演タイトルを明記し、講演申込登録、原稿送信方法に関する問合せ先の講演申込事務局<ipsj@gakkai-web.net>までご連絡ください。なお、締切後の取り消しの場合、お申込み時の登録情報に基づく費用を請求をさせていただきますのでご注意ください。
      講演番号通知メールはいつごろ届きますか?
      2023年1月中旬以降に電子メールで通知予定です。
      原稿の送信も講演申込登録締切までに行わないといけないのでしょうか?
      いいえ、原稿は別途設定しております原稿送信締切日時までにお願いします。
      講演の代理(代読)はできますか?
      代理(代読)は原則として認めません。代理発表となる場合には、必ず事業部門大会担当(ipsjtaikai@ipsj.or.jp)にご連絡ください。代理の場合、賞の対象にはなりません。
      講演申込登録の際に、記入した「論文要旨」はどこかに公開されるのでしょうか?
      当該全国大会のWebページのプログラムに掲載いたします。また、講演申込登録をされた情報のうち書誌情報(標題、講演者および共著者の名前・所属、論文要旨)、および原稿は、情報処理学会電子図書館(情報学広場)ならびにNII論文情報ナビゲータ CiNiiにも大会開催後3か月以上を経過した後に掲載いたします。
      論文の公開日はいつですか?
      2023年2月16日(木)の予定です。
      希望する分野で必ず発表できますか?
      発表セッション等の割り振りは、選択された該当分野(研究会)を元に行います。もっとも近いと思われる分野を選択してください。プログラム編成は、プログラム編成委員が申込内容を確認のうえ編成いたします。プログラム編成委員が申込内容を確認し分野の変更を行う場合がありますので予めご了承ください。また、プログラム編成上(会場数、時間の制約等)の問題から分野の変更を行うこともあります。
      申込をして講演申込登録をしたのに非会員の講演参加費用で請求書が届いたのですが?
      講演申込登録締切後に、「入会申請と費用の支払い」がされているかをチェックします。 講演申込登録締切日までに当会へ入会申請と支払いの手続きがされていない場合には、非会員の講演参加費用で請求書をお送りします。締切後に入会申請をされても、講演参加費用の変更はいたしませんのでご注意ください。ご不明な点は当会事業部門宛にご連絡ください。
      登録住所は在学している大学の住所でも良いでしょうか?
      学生奨励賞などを受賞された場合の賞状や、その他学会からの送付物はご登録の住所宛にお送りいたします。4月以降に発送しますので、卒業予定の方は卒業後のお受け取りができるかご確認の上ご登録ください。学校によっては学生宛の送付物はお預かりいただけないところもありますのでこちらもご確認の上ご登録ください。
      ジュニア会員の受賞の対象になりますか?
      はい、優秀賞・奨励賞・学生奨励賞のいずれも受賞対象となります。ジュニア会員にお申し込みの上、講演申込登録をしてください。
      ハイブリッド開催では発表はどのように行うのでしょうか?
      オンラインミーティングツールZoomを併用しながら現地で各発表セッションを開催いたします。インターネット・オーディオ機器に接続できるPCとヘッドセットを各自で必ずご準備願います。詳細は順次ご案内していきます。なお、新型コロナウィルスの感染拡大状況によってはオンライン開催に変更になる場合もございます。
      ハイブリッド開催では発表は現地に行かなくては行けないのでしょうか?
      講演発表者は可能であればぜひ現地でご発表ください。開催時の感染状況や参加者のみなさまの体調やご事情などもございますので、遠隔からの発表も可能です。ご事情にあった方法で、ご発表ください。
      講演参加費はどのように支払いますか?
      講演申込受付中は、申込登録サイトからクレカ/コンビニ決済ができます。
      締切後は、1月下旬頃に決済サイトを準備してメールでご案内予定です。決済サイトから請求書の発行、決済(クレカ/コンビニ決済)、領収書のダウンロードができます。振り込みをご希望の場合は、請求書に記載の振込先にお手続きください。
      請求書はpdf(電子押印)が原本です。昨今の新型コロナウイルス感染症の影響により、本学会事務局業務は当面の間、原則在宅勤務となっております。朱肉押印の対応はご容赦くださいますようご理解、ご協力をお願いいたします。
      領収書はどこでもらえますか?
      1月下旬に領収書の発行サイトを準備してメールでご案内予定です。講演申込時にクレカ/コンビニ決済をされた方は、誠に恐縮ですがそれまでお待ちください。
      お振込みの場合、入金処理に数日かかることがあります。領収書発行時に「未入金」となっている場合は数日おいてから再度ご確認ください。
      領収書はpdf(電子押印)が原本です。昨今の新型コロナウイルス感染症の影響により、本学会事務局業務は当面の間、原則在宅勤務となっております。朱肉押印の対応はご容赦くださいますようご理解、ご協力をお願いいたします。 学会の入会費や年会費は、学会マイページからダウンロートできます。
      紙での請求書や領収書はもらえますか?
      請求書と領収書はpdf(電子押印)が原本です。昨今の新型コロナウイルス感染症の影響により、本学会事務局業務は当面の間、原則在宅勤務となっております。朱肉押印の対応はご容赦くださいますようご理解、ご協力をお願いいたします。

  • 聴講参加について

    • 準備中

  • その他

      参加方法(現地参加かオンライン参加のいずれか)を事前に連絡する必要はありますか?
      特に必要ございません。セッション開始に間に合うようにzoomにお入りになりご準備ください。講演者、座長の方で万一ご欠席の場合は事前にお知らせください。
      オンライン参加、現地参加はどのようにしますか?
      オンライン参加の方へ(昨年版)、現地参加の方へ(昨年版)をご確認ください。
      共著者が大会に参加する場合、別途聴講参加申込が必要でしょうか?
      はい、講演者以外の方が大会に参加する場合には別途大会参加申込が必要です。Webページから聴講参加申込お願いします。