• ホーム > 
  • 提言/プレスリリース > 
  • [プレスリリース]国際間の共同研究で成果をあげた若手研究者を表彰 ~情報処理学会とACMによる表彰制度を新設~

[プレスリリース]国際間の共同研究で成果をあげた若手研究者を表彰 ~情報処理学会とACMによる表彰制度を新設~

2018年6月27日 
一般社団法人 情報処理学会
会長 西尾章治郎 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国際間の共同研究で成果をあげた若手研究者を表彰
~情報処理学会とACMによる表彰制度を新設~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

IPSJ/ACM受賞者
【受賞者の松原氏(左)と情報処理学会西尾会長(右)】
 
一般社団法人情報処理学会(会長:西尾章治郎)とACM(Association for Computing Machinery, 会長:Vicki L. Hanson)は2018年度より、国際間の共同研究で成果をあげた若手研究者を表彰する制度を新設しました。
 
情報処理学会とACMは1984年より協定を結び、相互の学会行事などを通じて、最新の学術・技術動向や情報に関する新しい研究成果の発表や意見交換・交流を行っております。
その一環として、若手研究者の表彰制度の準備を進めてきました。
 
この度、情報学の分野において、優れた成果、特に国際間の共同研究による成果をあげ、今後も技術成果の発展と国際的活躍が期待される若手研究者に、情報処理学会とACMから、毎年共同表彰を行う制度が新設されました。
 
初年度の2018年度は、松原靖子氏が受賞し、2018年6月6日の情報処理学会交流会にて授与式が行われました。松原氏は6月23日のACM表彰式典にも招待されました。
 
賞の概要は以下の通りです。https://www.ipsj.or.jp/award/ACM-Joint-award.html
【賞名】IPSJ/ACM Award for Early Career Contributions to Global Research
【受賞者】松原 靖子氏(熊本大学)
【対象研究】「Analysis of Time-series Data and Nonlinear Dynamic Systems(時系列データおよび非線形動的システムの解析に関する国際的共同研究による優れた成果に対して)」 

 
以上
 

管理部門への問い合わせフォーム