論文誌「人文科学とコンピュータ」特集 論文募集

2020年10月6日
論文誌ジャーナル編集委員会


 情報処理学会の論文誌において、下記の要領で『人文科学とコンピュータ』をテーマに特集号を企画しております。情報技術を活用した人文科学分野の研究、人文科学分野の材料を用いて行った情報学研究、および、人文科学に関連する情報資源の記録、蓄積、提供に関する研究について、人文科学または情報学の発展に寄与する論文を以下の分野から広く募集いたします。奮ってご投稿くださいますようご案内いたします。なお今回の論文誌ジャーナル編集は「ゲストエディタ制度」によって行います。

(対象分野)
デジタルアーカイブ(記録、保存もしくは活用に関する技術、事例、理論など)、保存科学、文化財防災、MLA連携、デジタル博物館、デジタル化文書、ドキュメンテーション、考古学・歴史学・文献学・言語学などの人文系諸学を含むデジタル・ヒューマニティーズ、人文情報学、時空間情報、視覚化、データマイニング、色彩情報処理、情報技術を用いた教育、WEB活用、情報検索、メタデータ、知的財産権・著作権課題



投稿要領

(1)論文の執筆要領
「情報処理学会論文誌(IPSJ Journal)」原稿執筆案内によります。
論文は電子投稿により受け付けますので、下記のURLにアクセスし手続きを進めてください。

https://mc.manuscriptcentral.com/ipsj

ご投稿後の論文差替えはできませんので、必ず最終版をご投稿ください。
投稿後にやむを得ず再度提出する場合は、手続きについて学会事務局<s1m-at-ipsj.or.jp>(-at- を @ に置き換えてください)までお問合せください。

なお、ご投稿いただく際は初回のみアカウント作成が必要となります。
アカウント作成は、投稿窓口のURLから行えます。
詳細は投稿窓口URLの上部にある「投稿規定・各種書類」内のマニュアルをご参照ください。

論文募集の英語版はJIP (Journal of Information Processing) のページよりご覧ください。

(2)査読手続き
通常の論文誌投稿論文と同一ですが、特集号編集期限の関係上、著者への照会期間は通常(8週間)より短縮されますので、投稿に際し、あらかじめご了承ください。

(3)投稿締切  2021年5月11日(火)

(4)特集号予定  2022年2月号

(5)特集号編集委員
編集委員長:山田太造(東京大学)
幹  事: 鹿内菜穂(亜細亜大学)、橋本雄太(国立歴史民俗博物館)
編集委員: 上阪彩香(大阪大学)、大内英範(人間文化研究機構)、大向一輝(東京大学)、河瀬彰宏(同志社大学)、北﨑勇帆(高知大学)、耒代誠仁(桜美林大学)、北本朝展(国立情報学研究所)、後藤 真(国立歴史民俗博物館)、阪田真己子(同志社大学)、関野 樹(日本国際文化研究センター)、高田智和(国立国語研究所)、田島孝治(岐阜工業高等専門学校)、永崎研宣(人文情報学研究所)、西岡千文(京都大学)、村井 源(はこだて未来大学)、森 信介(京都大学)
以上

論文誌ジャーナル/JIP担当へお問い合わせフォーム