富田 眞治 君

フェロー

富田 眞治 君(正会員)

[対象業績]  「コンピュータアーキテクチャの研究と研究組織化に対する貢献」

 1973年京都大学大学院博士課程修了.工学博士.同年京都大学工学部助手,1978年同助教授.1986年九州大学大学院総合理工学研究科教授.1981年京都大学工学部教授,1998年同大学院情報学研究科教授,現在に至る.この間,本会計算機アーキテクチャ研究会主査(1990~94年度),研究会将来ビジョン調査委員会委員長(1996~97年度),理事(1995~96年度,1998~99年度),関西支部長(20001~02年度)を歴任,本会論文賞(1987年度,1992年度).電子情報通信学会フェロー,IEEE,ACM会員.

[業績推薦理由]

 富田眞治君は,計算機アーキテクチャ分野で機械命令レベル並列処理と汎用/専用並列コンピュータに関して先進的な研究を行い,その業績は今日の計算機システムの高速化に大きく貢献した.特に,先駆的なアイディアを実機を開発して検証するという研究姿勢は高く評価されている.一方,時代に即した新しいシンポジウム・ワークショップの組織化や研究書・教科書の執筆など,この分野の発展と普及にも大きく貢献した.さらに,計算機アーキテクチャ研究会主査,研究会将来ビジョン調査委員長,理事,関西支部長を歴任し,本会活性化に貢献した.