[対象業績] 「自動音声翻訳技術の研究と実用化に対する貢献」

1981年 京都工芸繊維大学工芸学部電子工学科卒業.同年 シャープ株式会社.1994年奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科助教授. 2000年ATR研究所室長. 2005年ATR音声言語コミュニケーション研究所所長, 2010年NICTけいはんな研究所所長. 2011年から奈良先端科学技術大学院大学教授. 現在に至る. 京都大学工学博士. 情報処理学会音声言語情報処理研究会主査,ISCAボードメンバー等を歴任. 喜安記念業績賞,電子情報通信学会論文賞等を受賞. IEEE Fellow.
 

 
[業績推薦理由]

中村哲君は我が国の音声翻訳研究を牽引してきた. 2005年にATRにおいて統計的音声認識と統計的機械翻訳を統合した音声翻訳方式を開発した. 2007年に(株)ATR-Trekと共に世界初のネットワーク音声翻訳商用サービスを実用化し, 2010年にはスマートフォンアプリ「VoiceTra」をリリースした. これらの開発以外に, 音声認識の基礎研究において話者適応化法や遠隔発話音声認識法, 翻訳研究の基礎研究において同時音声通訳法やパラ言語音声翻訳法などに顕著な学術貢献をなした. また, 音声翻訳国際共同コンソーシアム A-STAR を組織, 推進した.
 

管理部門への問い合わせフォーム