第30回コンピュータシステム・シンポジウム(ComSys2018)

開催概要
主催情報処理学会 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会
後援法政大学 情報科学部
開催日平成30年11月29日(木)〜11月30日(金)
開催場所法政大学 市ヶ谷キャンパス ボアソナード・タワー 26階 A会議室
〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campus/ichigaya/index.html
問い合わせ先広渕崇宏(産総研)<t.hirofuchi あっと aist.go.jp>

News

  • 2018年7月2日、ホームページを開設しました。
  • 2018年9月12日、招待講演等の情報を更新しました。

概要

本シンポジウムは、年々著しい勢いで変化を遂げる基盤ソフトウェア技術について、最新の話題や斬新なアイデアについて議論の場を提供することを目的としています。 現代社会を支えている IT インフラストラクチャにおけるオペレーティングシステム、システムソフトウェア、実装技術、応用技術に関する、最新の研究成果や有用性の高い実装・開発事例を対象とします。 第一線で活躍する識者の方による招待講演や、最高峰の国際会議に採択された論文の著者による研究紹介などとともに、論文発表およびポスター発表も募集します。

本年度のComSysでは近年脚光を浴びるコンテナ技術に着目し、オーケストレーションシステムのデファクトスタンダードであるKubernetesおよびそれを支えるLinuxカーネル技術について、第一線で活躍する講師の先生をお招きします。

ハイライト:

  • 招待講演1:「Cloud Native時代におけるKubernetes」 株式会社サイバーエージェント 青山 真也様
  • 招待講演2:「カーネルが支えるコンテナ技術(仮)」 富士通株式会社 亀澤 寛之様
  • トップカンファレンス採択論文講演:調整中
  • 国際会議出張報告: 調整中
  • 論文発表
  • ポスター発表
  • 懇親会

論文募集(10月25日概要登録締切、11月1日論文締切)

本年度のComSysでも発表論文を募集します。昨年に引き続き、投稿者の希望に沿ったコメントをフィードバックいたします。 投稿された論文は、コメントフィードバックの希望有無にかかわらずすべてシンポジウム内で発表していただきます。

コメントフィードバックを希望される方は、どのようなコメントが欲しいかをリクエストしてください。たとえば、論文のストーリーは説得力があるか、実験は網羅的であるか、提案方式の説明はこの書き方で伝わるか、この関連研究と提案が近いけど差分は十分に言えているか、全体・構成を見てくれ、などなど、研究の進捗に応じて、コメントが欲しいポイントを明記していただければ、OS 分野の一線の研究者がそれに沿ったコメントをお返します。また、国際会議や論文誌といった将来の投稿先に応じたコメントもフィードバックいたします。コメントフィードバックは希望者に対して行いますので、不要な方は希望しないこともできます。

ComSys はあなたの研究活動をサポートさせていただきます!!
研究を次のステップに上げるために是非とも ComSys をご利用ください。

スコープ

本シンポジウムの主たるスコープは以下の通りですが、システムソフトウェアに関するものでしたらこれに限りません。

オペレーティングシステム、ミドルウェア、仮想化技術、ファイル・ストレージシステム、組込みシステム、データベースシステム、ディペンダブルシステム、クラウドコンピューティング、大規模並列分散システム、セキュアコンピューティング、ネットワークシステム、省電力技術、モバイルシステム、その他システムソフトウェア一般。

重要日程

  • 論文概要登録締切:  2018年10月25日(木)17:00
  • 論文投稿締切:    2018年11月 1日(木)17:00
  • フィードバック返却: 2018年11月22日(木)(予定)
  • シンポジウム開催:  2018年11月29日(木)および11月30日(金)

論文投稿方法

まずは、論文の概要登録締切までに、投稿ページよりタイトルと概要を登録してください。 その後、論文投稿締切までにPDF形式で作成した論文をアップロードして下さい。 また、下記に案内する事前参加登録を期限までに済ましてください。

概要登録および投稿は、次のウェブページから行うことができます。

  • 投稿ページ(EasyChair?
    https://easychair.org/conferences/?conf=comsys2018
  • EasyChair?を利用するのが初めての方は、まずアカウントを作成する必要があ ります。
  • 投稿受付システムのインターフェースは英語ですが、題目、概要や著者情報 の入力には日本語が使用できます。

コメントフィードバック

コメントフィードバックは希望者のみに行いますが、普段の研究会にはない貴重な機会ですので、積極的な利用を推奨します。 投稿された論文の内容を考慮し、OS研究会の運営委員を中心にメンバーを選出し、専門性の高いコメントを返します。

投稿ページにコメントフィードバック用のフォームがあります。 コメントフィードバックを希望する場合は、どのようなコメントが欲しいかをしっかり記載してください。希望しない場合は空欄のままとしてください。

  • 論文のストーリーは説得力があるか、客観的な視点でコメントが欲しい。
  • 論文で○○という点において悩んでいる。どのようにすれば解決できるかアドバイスが貰えないか。
  • 将来、国際会議○○(あるいはジャーナル論文○○)への投稿を目指している。十分な内容に達しているか。足りないとすればどのような内容を補えばよいか。
  • 評価実験は網羅的で十分な内容か。
  • 提案方式の説明はこの書き方で伝わるか。図の意味は把握できるか。
  • 関連研究の○○と提案技術が近いことを心配している。差分は十分に言えているか。

などなど、研究の進捗に応じて、コメントが欲しいポイントを明記してください。

コメントフィードバックは査読ではありません。研究内容を洗練させるためのものですので、返されたコメントは、今後の研究にお役立てください。なお、ComSysの口頭発表に反映する義務は生じません。

原稿の作成

投稿論文は、情報処理学会の研究報告原稿のフォーマットに従ってください。所定のスタイルファイルを用いるものとし、スタイルファイルや行間のスペース等の変更は行わないでください。規定のフォーマットに従っていない論文は不採録となることがあります。

論文の公開

シンポジウム論文集は完全オンライン化となっており、電子図書館(情報学広場)に掲載されます。紙の論文集は発行しません。なお、シンポジウム論文集はシンポジウム開催日の1週間前に公開されます。特許等の関係で公知日を考慮する必要がある場合はご注意ください。

投稿される論文の著作権の取り扱いは、「情報処理学会著作権規程」に従います。

ACS 論文誌との連携について

ACS 論文誌 において、本 ComSys との連携号は企画されておりませんが、ComSys でコメントフィードバックを希望された場合には、後日、ACS 論文誌に投稿した際にできるだけ同じ方が査読者になるように配慮します。このような緩やかな連携により、査読の精度が向上し、ACS 論文誌に採録されやすくなることが期待できます。

ポスター発表募集(11月22日申込締切)

ポスター発表セッションを開催します。詳細はシンポジウムWebページなどを通じて後日発表します。

参加募集(11月xx日事前申込締切)

近日中に詳細を案内する予定です。

論文発表する方、ポスター発表する方、聴講のみする方、いずれも参加登録が必要です。 事前に情報処理学会のサイトから参加申込を行ってください。 事前申込料金にて参加申込が可能です。

事前申込における参加費は以下の水準を予定しています。

  • 情報処理学会OS研究会 登録会員、15,000円
  • 情報処理学会 正会員、17,500円
  • 非会員、22,500円
  • 情報処理学会 学生会員、2,000円
  • 非会員(学生)、7,000円

事前申込期限を過ぎた場合、当日会場で当日受付料金にて参加申込が可能です。 参加費が高くなりますので、事前の参加申込をおすすめいたします。

実行委員会

  • 実行委員長:光来 健一(九州工業大学)
  • 副実行委員長:広渕 崇宏(産業技術総合研究所)
  • ポスターチェア:千葉 立寛(IBM)
  • ローカルアレンジ: 廣津 登志夫(法政大学)
  • プログラム委員: 調整中

問い合わせ先

  • 担当幹事: 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 広渕崇宏
    E-mail: t.hirofuchi あっと aist.go.jp
    (あっと を @ に直してください。)

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-12 (水) 17:09:26 (11d)