ComSys2006 基調講演・招待講演・特別講演

今回のコンピュータシステム・シンポジウムでは、様々な分野の第一人者の方々による4件の講演が予定されております

基調講演

Virtually: Anything is Possible! (Peter Fitzsimon 氏, Microsoft Corp.) [11/29(水) 10:45〜11:45]

  • 講演者紹介
    photo-keynote.jpg
    Peter Fitzsimon 氏
    Peter Fitzsimon is a Technology Specialist with Microsoft’s Global Virtualization Technical Team.
    Peter has been with Microsoft for over for 10 years supporting Microsoft’s partners and major customers in roles of Product Technology Specialist and Account Technology Specialist and has been involved with Windows Server and Desktop Technologies, Directories, Networking, Mobility, Security, Terminal Services and now Virtualization. He has been in the IT industry for over 26 years, and prior to Microsoft, he was a Systems Engineer with Novell, a Computer Systems Officer with the Queensland Government, and prior to that was nine years with Fujitsu as a Systems Engineer supporting Fujitsu’s mainframe, Small Business and PC networking products. His experience extends from many years on mainframe environments to the last 16 years of exclusively supporting and promoting products in the PC and server environments.
    Peter holds a Bachelor of Electrical Engineering (Electronics and Communications) from the Qld University of Technology, and is a keen weekend cyclist.
  • 講演概要
    The IT Industry is rapidly crossing over from a physical world to a virtual world where anything is possible. No longer are organisations constrained to a physical world where the availability and boundaries of hardware determine what they run and where they can run it, now and in the future modern organisations can procure hardware with new economies of scale and run their business processes in virtual environments that offer new levels of flexibility, mobility, continuity and recoverability that physical environments can only dream of. In this talk, Peter Fitzsimon will outline the steps Microsoft are taking to enable this "brave new world" of virtualization and discuss the benefits organisations can expect to achieve by moving to a virtual world where anything is possible.

招待講演

オンラインゲームの発展と多様化 (松原 健二 氏, 株式会社コーエー) [11/30(木) 13:00〜14:00]

  • 講演者紹介
    photo-invited1.jpg
    松原 健二 氏
    株式会社コーエー ソフトウェア事業部 執行役員 ソフトウェア4部長
    松原健二氏は、1986年に東京大学大学院工学系研究科情報工学専門課程を修了され、複数の企業でハードウェアやソフトウェアの開発に携わって来られました。 1997年には米国マサチューセッツ工科大学スローンスクール(経営大学院)を修了され、その後株式会社コーエーに移られた後、これまでに「信長の野望Online」、「大航海時代Online」、「真・三國無双BB」など著名なゲームをプロデュースして来られました。現在は、ソフトウェア事業部 執行役員 ソフトウェア4部長としてオンラインゲーム開発を担当しておられます。
  • 講演概要
    オンラインゲームはPCプラットフォームを中心に着実に成長を続けているが、国内ゲーム市場の大半を占める家庭用ゲーム機、 携帯ゲーム機においては、まだオンライン環境で楽しむユーザは多くない。 新世代ゲーム機の登場に伴い、日本のオンラインゲーム市場がどう発展し、サービスの多様化が進むかについて述べる。

車載情報系組み込みOSの最新動向 (保科 健 氏, トヨタ自動車株式会社) [11/30(木) 14:20〜15:20]

  • 講演者紹介
    保科 健 氏
    トヨタ自動車株式会社 第1電子技術部 第1電子開発室
    保科健氏は、1990年にコンピュータメーカからトヨタ自動車へ移られ、情報システム部門で、CAD用3次元グラフィックス開発を担当されました。1998年に電子技術部へ異動された後、車載マルチメディアを担当され、MONET、ETC、G-BOOK等の製品開発を手がられました。現在、お台場にあるトヨタ東京開発センタ−にて、車載情報プラットフォームを中心とした先行開発を担当しておられます。
  • 講演概要
    名古屋大学との間で共同研究中の車載情報系OSについて、開発の背景、検討状況及び将来動向についての概要を、トヨタから情報処理学会OS研究者への期待を込めてお話します。

特別講演

ネットワーク分散システムの大規模検証実験施設StarBED2 (篠田 陽一 氏, JAIST) [11/29(水) 16:00〜17:00]

  • 講演者紹介
    photo-special1.jpg
    篠田 陽一 氏
    北陸先端科学技術大学院大学 教授
    篠田陽一氏は、1985年に東京工業大学大学院修士課程を修了され、1988年からは東京工業大学で助手を勤められました。1989年に同大学院で工学博士を取得された後、1991年から北陸先端科学技術大学院大学に移られ、現在は同大学の教授を勤めておられます。情報環境、ネットワーク分散システム、ソフトウェア開発環境が御専門で、大規模ネットワーク実験テストベットであるStarBEDの構築・運用での成果は非常に有名です。
  • 講演概要
    大規模なネットワーク検証実験のテストベッドとして有名なStarBED2について、その概要・構成から、StarBED2をいかに使うかまで幅広く話をします。

添付ファイル: filephoto-special1.jpg 2761件 [詳細] filephoto-special.jpg 1199件 [詳細] filephoto-invited1.jpg 2875件 [詳細] filephoto-keynote.jpg 2709件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-10-18 (木) 20:14:45