第82回情報処理学会 全国大会

中高生情報学研究コンテスト

日時:2020年3月7日(土)13:20〜15:20
   (コアタイムは13:30〜14:30)
場所:金沢工業大学 扇が丘キャンパス
  • 2019/04/1 Webサイトを公開しました。

概要

情報処理学会では、第81回全国大会 中高生ポスターセッションに引き続き、第82回全国大会 中高生情報学研究コンテストを開催します。高校生なら共通教科情報科、中学生なら「技術・家庭科」技術分野の「情報に関する技術」に沿ったテーマ研究など、日頃の情報分野での学習成果のポスター発表を大募集します。

募集テーマ

高等学校共通教科情報科および中学校技術・家庭科技術分野「D 情報に関する技術」の趣旨に即した以下の分野
(1) 情報の活用と表現
(2) 情報通信ネットワークとコミュニケーション
(3) 情報社会の課題と情報モラル
(4) 望ましい情報社会の構築
(5) コンピュータと情報通信ネットワーク
(6) 問題解決とコンピュータの活用
(7) 情報の管理と問題解決 (情報通信ネットワークやデータベースに関係する分野に限る)
(8) 情報技術の進展と情報モラル
(9) ディジタル作品の設計・制作
(10) プログラムによる計測・制御

ポスターサイズ

A0判(W841mm × H1189mm)1枚程度。A3サイズ・A4サイズ用紙の貼り合わせでもかまいません。あらかじめ印刷をして持参のこと。
ポスター掲示のためのバックボード(W900 x H2100mm)と画鋲等は当会で準備します。 ポスター貼り付け可能範囲は、机(必要な場合)の高さを引いた W900 x H1400mm です。

デモについて

デモは以下の条件で可能です。
(1) デモに必要な機材等は応募チームでご準備ください。机が必要な場合は1台(W900xD600mmxH700mm程度)ご用意いたします。
(2)ポスター展示場所の前とし、他の展示者の邪魔にならないこと(使用する場所の範囲、人数、スピーカー音や機械音に関して十分に配慮すること)。
(3) 会場の電源は使用しないこと(安全のため延長コードなどは使用できません)。

著作権について

第三者の図・表・写真を引用する場合は、その所有者に必ず了解を得た上で、その出典を明記してください。

応募資格・参加費用

中学生や高校生、高専生(3年まで)で構成されたチーム(4名以下)でご応募ください。保護者または指導者など引率者が必要です。チームメンバーの少なくとも1名は情報処理学会ジュニア会員であること。ジュニア会員は、会費無料でこちらから簡単に登録できます(大学3年生まで会費無料)。
応募費用は無料です。遠方からのご応募の際、旅費の補助についてはご相談ください

参加(観覧)費用

ポスターセッションは参加費無料のセッションです。参加を希望する発表者、引率者・父母・学校関係者(職員・生徒)の方々は、無料でご参加いただけます。全国大会の他の無料のイベント企画も聴講できます。

表彰について

ポスターセッション当日には、発表者による解説や来場者からの質疑応答の時間(コアタイム)を設けます。コアタイム終了後に優秀な作品を表彰いたします。

  • 中高生研究賞最優秀賞(1件)  
  • 中高生研究賞優秀賞(最優秀賞とあわせて3件以内)  
  • 中高生研究賞奨励賞(数件)

中高生研究賞最優秀賞および優秀賞を受賞したチームは若手奨励賞候補として推薦されます。

参加証

参加チームのメンバー全員に参加証明書を発行し、発表当日お渡しします。

応募スケジュール・方法

応募申し込みは、2019年10月中旬頃を予定しています。しばらくお待ちください。

応募をご検討の方へ(指導者向け)

2022年度の学習指導要領改訂による高校「情報科」新カリキュラムを見据えて、情報処理学会初等中等教育委員会では、第81回全国大会から「中高生情報学研究コンテスト」を開始しました。募集分野は高校の共通教科情報科と中学校の「技術・家庭科」技術分野「情報に関する技術」に基づいて挙げてありますので、高校生や高専生(3年生以下)だけでなく中学生の応募も歓迎いたします。全国大会は毎年3月に実施され、その年ごとに違う都市で開催されます。今後も「中高生情報学研究コンテスト」は継続的に開催予定です。年間カリキュラムの一環、学習成果の発表の場、他校との情報交換の場としてぜひご活用くださいますようお願いいたします。

応募申し込み

申し込み開始は、2019年10月中旬頃を予定しています。

よくある質問

お問い合わせの前によくある質問をご覧ください。