情報処理学会ホームに戻る
最終更新日:2010年6月10日

第182回 計算機アーキテクチャ研究発表会
2010年並列/分散/協調処理に関する『金沢』サマー・ワークショップ(SWoPP金沢2010)

 

オンライン研究発表会について

標記の研究発表会はペーパレスで行います。 皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
平成21年度からのオンライン化についての詳細は こちら をご覧ください。

* 研究会に登録されている方
研究発表会の一週間前の7月27日(火)に電子図書館当日閲覧用サイト(登録会員用)を公開します。
これに伴い公知日は7月27日(火)となりますのでご注意ください。
当日は資料をプリントアウトしてご持参いただくか、ご自身のPCにダウンロードの上PCをご持参ください。

* 研究会に登録されていない方
当日受付で当研究発表会の資料閲覧用のアカウント情報(URL, ID, PW)をお渡しいたします。
当日はネットワークにアクセスできるPCをご持参ください。
尚、当研究会にご登録いただくことで当研究会の資料のバックナンバーも含めてすべて電子図書館でご購読いただけます。
登録されていない方は、 是非この機会に登録をご検討ください。
登録に関しては こちらをご参照ください。

○研究会登録は上記のお申込と登録費をご入金いただいて正式登録となります。
  入金の確認には1週間程度お時間をいただきますのでご了承ください。
○上記お手続きが済みましたら本会電子図書館でユーザ登録(無料)をしてください。




プログラム

日 程 : 2010年8月3日(火)〜4日(水)

  ◎同時・連続開催
    ◆ARC (3日 09:45〜4日 16:45)
    ◆O S (3日 11:00〜4日 16:45)
    ◆HPC (3日 11:00〜5日 12:30)
    ◆PRO (5日 09:15〜5日 17:30)
    ◆EVA (3日 09:45〜3日 10:45)

会 場 : 金沢市文化ホール
      〒920-0864 金沢市高岡町15番1号

議 題 :2010年並列/分散/協調処理に関する『金沢』サマー・ワークショップ (SWoPP金沢2010)


8月3日(火)

■ARC-1 キャッシュ資源配分(09:45 〜 10:45)
(1)*選択的キャッシュ・アロケーション:マルチスレッド環境におけるキャッシュ利用効率の向上手法
    堀部悠平,三輪忍(東京農工大),塩谷亮太,五島正裕(東大),中條拓伯(東京農工大)
(2) メニーコアプロセッサ向き共有キャッシュ配分方式
    小川周吾,平木敬(東大)

■ARC-2 メモリ(11:00 〜 10:45)
(3) コヒーレントでないメモリシステムへのアーキテクチャ支援
    泊久信,平木敬(東大)
(4)*ログエントリ数を考慮したLogTM のアボート対象選択手法とその評価
    浅井宏樹,津邑公暁,松尾啓志(名工大)
(5) コンテキストスイッチを利用したルータにおけるTCP ストリーム再構築のメモリ削減手法
    石田慎一,原島真悟(慶大),鯉渕道紘(NII),川島英之(筑波大),西宏章(慶大)

■ARC-3 コンパイラ(13:30 〜 15:00)
(6)*コンパイラとランタイムによるソフトウェアキャッシュの更新オーバヘッド隠蔽手法
    三好健文(電通大/JST),吉瀬謙二(東工大),入江英嗣,吉永努(電通大)
(7) 情報家電用ヘテロジニアスマルチコア用自動並列化コンパイラフレームワーク
    林明宏,和田康孝,渡辺岳志,関口威,間瀬正啓,木村啓二(早大),伊藤雅之,
    長谷川淳(ルネサスエレクトロニクス),佐藤真琴,野尻徹,内山邦男(日立),笠原博徳(早大)
(8) 情報家電用ヘテロジニアスマルチコアRP-X におけるコンパイラ低消費電力制御性能
    和田康孝,林明宏,渡辺岳志,関口威,間瀬正啓,白子準,木村啓二(早大),伊藤雅之,
    長谷川淳(ルネサスエレクトロニクス),佐藤真琴,野尻徹,内山邦男(日立),笠原博徳(早大)

■ARC-4 ディペンダブルアーキテクチャ(15:15 〜 16:45)
(9)*最適なロールバック・ポイントを選択するトランザクショナル・メモリ
    伊藤悠二,塩谷亮太,五島正裕,坂井修一(東大)
(10)過渡故障耐性を持つOut-of-Order スーパスカラ・プロセッサのコミット方式
    有馬慧,岡田崇志,塩谷亮太,五島正裕,坂井修一(東大)
(11)サービス指向型ルータに利用可能なプライバシー保護アーキテクチャ
    井上恒一,石田慎一,西宏章(慶大)

■ARC-5 キャッシュ(17:00 〜 19:00)
(12)可変レベルキャッシュ用モード切換手法のマルチコア環境への適用と評価
    城田幸利,佐々木敬泰,大野和彦,近藤利夫(三重大)
(13)マップ型履歴を用いたプリフェッチとキャッシュ置換方式の協調動作
    石井康雄(東大/NEC),稲葉真理,平木敬(東大)
(14)*Cell クラスタにおけるスレッド仮想化環境に用いるキャッシュ機構の実装
    山田昌弘,西川由理(慶大),吉見真聡(同志社大),天野英晴(慶大)
(15)*ルータのアクセス傾向を利用したネットワークプロセッサ搭載用キャッシュ機構
    永冨泰次,西宏章(慶大)

8月4日(水)

■ARC-6 通信(09:15 〜 10:45)
(16)*Infiniband とEthernet の混在環境でのクラスタノード間通信に関する提案
    中浜徹也,西川由理(慶大),吉見真聡(同志社大),天野英晴(慶大)
(17)*ワイヤレス3-D NoC のための通信プロトコルの検討
    松谷宏紀(東大),鯉渕道紘(NII),黒田忠広,天野英晴(慶大)
(18)相互結合網の転送パターンと定常・非定常性能について
    横田隆史,大津金光,馬場敬信(宇都宮大)

■ARC-7 高速化支援(11:00 〜 12:30)
(19)直接I/O 環境下の仮想マシン移動を実現するPCI Express スイッチ
    佐藤充,三吉貴史,岩松昇,矢崎昌朋,堀江健志(富士通研)
(20)プログラム構造に着目したメニーコアアーキテクチャシミュレータの高速化手法
    石塚亮,大友俊也,大胡亮太,木村啓二,笠原博徳(早大)
(21)Cell Broadband Engine 向けオフロード機構の提案
    鎌田俊昭,西川由理(慶大),吉見真聡(同志社大),天野英晴(慶大)

■ARC-8 プロセッサアーキテクチャ(13:30 〜 15:00)
(22)*可変段数パイプラインプロセッサのチップ試作と評価
    中林智之,佐々木敬泰,大野和彦,近藤利夫(三重大)
(23)*細粒度Power Gating を適用したVLIW 型プロセッサの実装と評価
    石井義史,池淵大輔,天野英晴(慶大)
(24)*An Out-of-order Vector Processing Mechanism for Multimedia Applications
    Ye Gao,R*usuke Egawa,Hiro*uki Takizawa,Hiroaki Koba*ashi(Tohoku Universit*)

■ARC-9 プロセッサ高速化手法(15:15 〜 16:45)
(25)*リオーダ・バッファの仮想的な拡大による先行実行
    市原敬吾,田中雄介,安藤秀樹(名大)
(26)演算器アレイ型アクセラレータのための命令変換手法の検討
    森浩大,岩上拓矢,吉村和浩,中田尚,中島康彦(奈良先端大)
(27)*Switch-on-Future-Event マルチスレッディングの改良
    倉田成己,塩谷亮太,中島潤,五島正裕,坂井修一(東大)


※その他詳細は、SWoPP ホームページ  http://www.hpcc.jp/swopp/ をご覧下さい。

※お問い合わせは、SWoPP2010 実行委員 <swopp10-kanji at hpcc.jp> までお願いします。