山下記念賞

2016年度

  川島 英之(筑波大学)
  川島 英之,建部 修見(筑波大学):縮退表現に基づくシーケンスパタン集合の圧縮
  第136回システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会, Vol.2015-OS-136(13)

2015年度

  追川 修一(筑波大学)
  追川 修一(筑波大学):ブロックストレージとの組み合わせによるメモリストレージ容量拡張手法
  コンピュータシステムシンポジウム2014論文集, pp.63-70, 2014.

2014年度

  鈴木 勇介(慶應義塾大学)
  鈴木 勇介(慶應義塾大学),加藤 真平(名古屋大学),山田 浩史(東京農工大学),河野 健二(慶應義塾大学):GPUの完全仮想化
  第126回システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会, Vol.2013-OS-126(14)

2013年度

  広渕 崇宏(産総研)
  広渕 崇宏(産総研),山幡 為佐久(VA Linux),伊藤 智(産総研): 準仮想化ページフォルトを用いたポストコピー型ライブマイグレーションの性能向上手法
  コンピュータシステムシンポジウム2012論文集,pp.2-12,2012.

2012年度

  森田 和孝(NTT)
  森田 和孝,藤田 智成,盛合 敏 (NTT):Sheepdog: 仮想マシンのための対称型クラスタストレージ
  コンピュータシステムシンポジウム2011論文集,pp.52-61,2011.

2011年度

  長尾 洋也(東京工業大学)
  長尾 洋也, 首藤 一幸(東京工業大学):オーバレイネットワークにおけるグループ間通信抑制手法
  第115回システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会, Vol.2010-OS-115(11).

2010年度

 (1) 田村 芳明(NTTサイバースペース研究所)
     田村 芳明, 柳澤 佳里, 佐藤 孝治, 盛合 敏(NTTサイバースペース研究所): Kemari: 仮想マシン間の同期による耐故障クラスタリング
     コンピュータシステムシンポジウム2009予稿集, pp.11-20, 2009.
 (2) 山本 和典(東京大学)
     山本 和典,  石川 裕(東京大学):テラスケールコンピューティングのための遠隔スワップシステムTeramem
     先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS2009 予稿集, pp.255-264, 2009.

2009年度

 (1) 杉木 章義(JST)
     杉木 章義(JST), 大和崎 啓, 加藤 和彦(筑波大):広域分散環境のための仮想機械を利用したサービス協調複製基盤
     コンピュータシステムシンポジウム2008, Vol.2008, No.12, pp.3-12.
 (2) 下沢 拓(東京大学)
     下沢 拓, 藤田 肇, 石川 裕(東京大学):マルチコアSH における複数カーネル実行の設計と実装
     第109回システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会, Vol.2008-OS-109(4).

2008年度

 (1) 伊藤 愛(筑波大学)
     伊藤 愛, 追川 修一(筑波大学):Gandalf VMM における Shadow Paging の実装と評価, 
     コンピュータシステムシンポジウム2007, Vol.2007, No.14-1.
 (2) 山田 浩史(慶應義塾大学)
     山田 浩史, 河野 健二(慶應義塾大学):FoxyTechnique: 仮想機械モニタによる OS の資源管理ポリシーの変更, 
     第105回システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会, 2007-OS-105(11).

2007年度

  首藤 一幸(産総研)
  首藤 一幸, 田中 良夫, 関口 智嗣(産総研):オーバレイ構築ツールキットOverlay Weaver
  先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2006) 論文集, pp.183-191.

コンピュータサイエンス領域奨励賞

2016年度

  (1) 尾板 弘崇(農工大)
  尾板弘崇,山田浩史(農工大):IaaSクラウド環境におけるネットワーク帯域の変動を考慮したMapタスクスケジューラ
  第135回システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会, Vol.2015-OS-135(2)
  (2) 川田 裕貴(筑波大)
  川田 裕貴,追川 修一(筑波大):次世代不揮発性メモリとDRAMを搭載したシステムにおける高性能なメモリスワップ機構の構成
  第134回システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会, Vol.2015-OS-134(3)

2015年度

  (1) 福地 開帆(農工大)
  福地 開帆,山田 浩史(農工大):仮想化環境におけるデータベース管理システムのメモリ管理手法
  第129回システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会, Vol.2014-OS-129(6)
  (2) 石川 幸希(名工大)
  石川 幸希,安井 裕亮,齋藤 彰一(名工大),瀧本 栄二,毛利 公一(立命館大学),松尾 啓志(名工大):多重OS構成によるカーネルのライブアップデート手法の提案
  第130回システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会, Vol.2014-OS-130(23)

2014年度

  DOUANGCHAK SITHIXAY(農工大)
  DOUANGCHAK SITHIXAY,佐藤 未来子,並木 美太郎(農工大):KVMを用いた仮想化環境における省電力制御の研究
  第126回 システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会, Vol.2013-OS-126(8) 

2013年度

 (1) 吉村 剛 (慶応大)
  吉村 剛 (慶応大),山田 浩史,河野 健二 (慶応大/JST CREST):Linux カーネルにおけるエラー伝播の調査
  第121回 システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会, Vol.2012-OS-121(8). 
 (2) 小沢 健史 (NTT)
  小沢 健史,鬼塚 真,福本 佳史,盛合 敏(NTT):集約処理を用いた MapReduce? 最適化手法の提案と実装
  コンピュータシステムシンポジウム2011論文集,pp.60-69,2012.

2012年度

  穐山 空道(東京大学)
  穐山 空道 (東大),広渕 崇宏,高野 了成 (産総研),本位田 真一 (東大/NII):都鳥: メモリ再利用による連続するライブマイグレーションの最適化
  コンピュータシステムシンポジウム2011論文集,pp.2-11,2011.

2011年度

  表 祐志(筑波大学)
  表 祐志, 品川 高廣, 加藤 和彦(筑波大学):仮想マシンモニタによる透過的ネットワークブート方式
  コンピュータシステムシンポジウム2011, Vol.2011, No.13, pp.3-12.
  

2010年度

 (1) 井上 翔大(電気通信大学)
     井上翔大, 大山恵弘(電気通信大学):OCamlによるOSの実装と評価
     第113回 システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会, Vol.2009-OS-113(4).
 (2) 小菅 祐史(慶應義塾大学)
     小菅祐史, 河野健二(慶大):効果的な攻撃テストによるWebアプリケーションの脆弱性検出手法
     第111回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会, Vol.2009-OS-111(11).

2009年度

 (1) 高橋一志(東京大学)
     ○高橋一志, 笹田耕一, 竹内郁雄(東京大学):WebVDI を実現するためのVNC Proxy  
     第109回システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会, Vol.2008-OS-109(12).
 (2) 林 和宏(東京農工大学)
     ○林 和宏, 金井 遵(東京農工大学),丸山 勝巳(国立情報学研究所):L4マイクロカーネルにおける省電力スケジューラの開発
     第108回システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会, Vol.2008-OS-108(21).

2008年度

 (1) 藤田 肇(東京大学)
     ○藤田 肇、松葉 浩也、石川 裕(東大):柔軟な負荷分散を可能にする分散型シングルIPクラスタ
     第106回システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会, Vol.2007-OS-106(1).
 (2) 金井 遵(東京農工大学)
     ○金井 遵(東京農工大学), 佐々木広, 近藤正章, 中村 宏(東京大学), 並木美太郎(東京農工大学):
     統計情報に基づく省電力Linuxスケジューラ
     第106回システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会, Vol.2007-OS-106(2).

2007年度

 (1) 宮川 大輔(東京大学)
     ○宮川大輔, 石川裕(東京大学):低消費電力のためのスケジューラの設計と実装
     第103回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会, Vol.2006-OS-103.
 (2) 榮樂 英樹(筑波大学)
     ○榮樂 英樹(筑波大学), 新城 靖, 加藤 和彦(筑波大学/JST CREST):
     カーネル・レベル・コードによるユーザ・レベルVMMの移植性の向上
     第104回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会, Vol.2006-OS-104 (3).

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-22 (土) 20:28:42 (154d)