特集「情報処理技術の未来地図」1ページ論文募集

「情報処理技術の未来地図」編集委員会


 来たる2010年,情報処理学会は創立50周年を迎えます.50周年記念事業の一環として,会誌「情報処理」では2010年5月号を記念特集号とし,その企画の1つとして,情報処理技術の未来を予想する「Letters to the Future IPSJ Readers」(未来の「情報処理」読者へのLetter)を査読付き1ページ論文(One Page Letter)として公募します.採録となった論文を,特集「情報処理技術の未来地図」にて1ページ論文として掲載するとともに,応募論文をもとにPrefaceとして「情報処理技術の未来地図」を作成し,次の50周年へのメッセージとしてまとめます.

 つきましては下記の要領で論文原稿(One Page Letter)を募集します.奮ってご応募ください.原稿は「情報処理技術の未来地図」編集委員会および会誌編集委員会において,査読基準にしたがって査読の上,採否を決定させていただきます.なお,特に優れた原稿の採録者には,50周年記念特集号(2010年5月号)以降の会誌において,ご投稿いただいたテーマを掘り下げた解説記事(6ページ程度)のご執筆を依頼する場合があります.


◇募集分野

a. 情報処理の要素技術
  ハードウェア,ソフトウェア,ネットワーキング,OS,データベース,プログラミング,アルゴリズム,自然言語処理,画像処理,CAD,知識管理,その他
b. 今後のものづくり産業と企業経営
  b-1. 企業情報システム,基幹業務システム,その他
  b-2. ものづくりと開発支援
    組込みシステム,開発プロセス,生産管理,支援ツール,テスト・検証,プロジェクトマネジメント,ドキュメント管理,その他
  b-3. 新しい産業の可能性
    サービスサイエンス,新事業創造,エンタテインメント,ケータイ,ゲーム,車載,バイオ,ロボット,その他
c. 地域・社会・生活
  行政・自治体,医療,福祉,教育,地域活性化,地域コミュニティ,SNS,ブログ,ユビキタス,セキュリティ,インターネット,その他
d. 環境・宇宙・資源
  Green of/by IT,宇宙事業,エネルギー,災害対策,その他
e. 人材育成・教育
  情報処理教育,産学連携,知識継承,その他
f. その他
  コンピュータ将棋,音楽情報処理,法律・知財権,その他


◇募集原稿

執筆者は原則として本会会員に限ります(共同執筆の場合,本会会員が1名以上含まれていることとします).ご投稿いただく記事は,日本語または英語での記載とし,1記事につき刷上り1ページ(タイトル,図表込みで約3000字)とします.原稿は,以下からダウンロードしたスタイルフォーマット(MS-Word版)を参考に記載してください.


ダウンロード

記事は,上記募集分野の1つ以上にフォーカスし,以下の内容で構成されるものとします.

  • タイトル
  • 対象分野の技術開発,研究,事業などの現状
  • 10年後~50年後の社会や市場の環境,技術変化の予測
  • 上記にともなう対象分野の今後予測
  • 望ましい変化に導くために必要なこと(技術革新,教育など)
  • 学会や産学連携のあるべき姿,果たすべき役割についてのご提言

なお,今回は通常本会の論文誌では採択されにくい,新規データに基づく未来予測,新規情報システムの構想案なども歓迎し,査読においては,提案内容の創造性,妥当性,納得性,有用性を重視することとします.なお,募集分野ごとの採録件数に偏りが生じないように,採録件数を調整することがあります.


◇原稿の提出

原稿は電子メールにて以下のアドレスまで投稿してください

原稿はPDFファイルに変換したものを送付してください(採録の際にテキストファイルを送付いただきます).投稿の際には,原稿ファイルの添付とともに,以下の情報をメール本文中に明記してください.原稿には,著者名,謝辞は記載しないようにご注意願います.

  • 題名(日本語および英語),著者名(日本語および英語),著者所属,会員番号,著者連絡先(E-mailアドレスまたは電話番号),あらまし(200字程度)
  • 該当する募集分野(前記募集分野から選択)
  - 記事に最も関連する分野(1つ) 例:a. データベース
  - 現状関連する分野(複数可) 例:b-1. 企業情報システム,b-1. 基幹情報システム
  - 今後関連が強まる分野(複数可) 例:c. 地域活性化,c. ユビキタス

投稿された原稿に関して,受信確認メールを差し上げます.もし,確認メールが投稿締切以降も来ない場合,下記問合せ先までその旨をご連絡ください.


◇主要日程

応募締切:2009年10月31日(土)

採否通知:2009年11月30日(月)

最終原稿提出:2009年12月14日(月)


◇特集号記事構成と採録論文の扱い

特集では,採録原稿および会誌編集委員会からの依頼原稿,ならびに,これらの原稿に基づき今後の情報処理技術をロードマップ形式でまとめた記事を掲載します.採録原稿,依頼原稿に対しては,本会規定の謝礼をお支払いします.また,ご希望の執筆者には別刷を発行します(有料). なお,原稿に関する著作権および個人情報の扱いに関しては,本会機関誌原稿執筆に準ずるものとします.



◇問合せ先

論文公募に関するお問合せは以下のE-mailアドレスまでお願いします.

「情報処理技術の未来地図」編集委員会事務局  50aniv_IPSJMaga@ipsj.or.jp


◇「情報処理技術の未来地図」編集委員会

委員長: 松原 仁(はこだて未来大)
委 員: 位野木万里(東芝ソリューション),白木善尚(東邦大),
  中川晋一(情報通信研究機構),間瀬久雄(日立製作所),会誌編集委員


お問合せはこちら