認定情報技術者(CITP)企業認定で新たに2社を認定

2016年6月30日
報道関係者各位
プレスリリース
 
一般社団法人 情報処理学会
 
一般社団法人情報処理学会(会長:富田達夫)の「認定情報技術者企業認定制度」で、新たに2社の社内資格が認定されました。

今回認定されたのは、ニッセイ情報テクノロジー株式会社の「NCP認定制度」、並びにエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社およびそのグループ会社の「プロフェッショナル人材育成プログラム」です。

認定情報技術者(CITP:Certified IT Professional)制度は、日本企業の間に広く普及しているITスキル標準、および情報技術者の資格制度に関する国際標準であるISO/IEC 24773に基づいた資格制度です。

CITP制度では、個々の技術者の資格審査を本学会が直接行う方式(個人認証)に加えて、ITスキル標準をベースとした社内資格制度を運用する企業について、資格の水準がCITPと同等であると判断される場合に、その社内資格制度を認定する方式(企業認定)を設けています。今回の認定は、後者の企業認定によるものです。

これまでに、300名を超える技術者がCITPに認定されています。CITPに認定された方々によるプロフェッショナルコミュニティの活動が始まっており、技術者同士の交流を通じた自律的な質の向上、情報分野における人材育成などを含む様々なプロフェッショナル貢献活動が進められています。今後益々CITPが増え、コミュニティ活動が拡大していくことが期待されます。

CITP制度の詳細については、情報処理学会の下記のURLをご参照ください。

http://www.ipsj.or.jp/citp.html

<本件に関するお問い合わせ>

本件に関するお問い合わせやご意見は下記までお知らせください。
一般社団法人情報処理学会 研究部門
TEL:03-3518-8372 Email:sig<at>ipsj.or.jp

調査研究担当への問い合わせフォーム